YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Elisabeth Schwarzkopf gestorben


エリーザベト・シュヴァルツコプフ逝去

Sie war neben Maria Callas eine der größten Sopranistinnen des 20. Jahrhunderts: Elisabeth Schwarzkopf. In der vergangenen Nacht verstarb die Sängerin in ihrem Wohnort im österreichischen Vorarlberg. Schwarzkopf wurde 90 Jahre alt.

マリア・カラスと並ぶ20世紀最大のソプラノ、エリーザベト・シュヴァルツコプフが昨夜(3日)オーストリア・フォアアルルベルクの自宅で亡くなった。90歳。

Wien - Die Karriere der weltberühmten Mozart- und Strauss-Interpretin begann im Jahr 1938 an der Staatsoper in Berlin. Die in der Nähe von Posen geborene Sängerin debütierte als Blumenmädchen in "Parsifal" und errang 1941 einen ersten Erfolg als Zerbinetta in "Ariadne auf Naxos". Nach dem Zweiten Weltkrieg fing dann ihre internationale Karriere in Wien an. Ihre größten Erfolge feierte sie als Rosina im "Barbier von Sevilla", als Gilda in "Rigoletto" und als Gretchen sowie Eva in den "Meistersingern".

(ヴィーン発)
モーツァルトとシュトラウス解釈の世界的大家としてのキャリアは、1938年のベルリン国立歌劇場から始まった。ポーゼン近郊生まれの歌手は「パルジファル」の花の乙女でデビュー、1941年「アリアドネ」のツェルビネッタで成功し、第2次大戦中はヴィーンでキャリアを積む。「セヴィリアの理髪師」ロジーナ、「リゴレット」のジルダ、グレートヒェン、「マイスタージンガー」のエファで成功を収めた。

Jahr für Jahr begeisterte sie außerdem als Mozartsängerin bei den Festspielen in Salzburg. In Bayreuth war sie ab 1951 mit der Rolle der Eva zu Gast. Auch in den USA gelang Schwarzkopf der Durchbruch. Ihre Bühnenkarriere beendete sie im Jahr 1972. Nach dem Tod ihres Mannes zog sie sich 1979 vom Konzertpodium zurück und arbeitete als Gesangspädagogin.

多年に渡り、ザルツブルク音楽祭ではモーツァルト歌手としての声価を高めた。バイロイトには1951年エファ役で客演、同年合衆国にも客演した。彼女の舞台キャリアは1972年で終焉、1979年にはリサイタルからも引退、その後はリートの歌唱教育に力を尽くした。

Im Juni wurde Schwarzkopf als Preisträgerin für den Echo Klassik der Deutschen Phono-Akademie benannt. Die Auszeichnung für ihr Lebenswerk hätte sie am 22. Oktober in München entgegennehmen sollen.

6月、シュヴァルツコプフはドイツレコードアカデミーから功労者賞に受賞、ミュンヘンで10月22日に表彰されることになっていた。
reh/AP/dpa

上記は私のデタラメ訳で失礼しますが、
ドイツの雑誌「シュピーゲル」サイトの死亡記事です。
案外あっさりした紹介です。他のサイトを見ても、ちょっと充実してるのは「クーリエ」くらい。
他の記事ではナチとの関係を云々した記事がありましたが、
ヨーロッパにおけるナチ関係の追及の苛烈さは、やはりと思わせるものがあります。

シュヴァルツコプフといえば、やはりマルシャリンでしょうか。彼女以上のマルシャリンはやはりいない、という人はいると思います。
とはいえ、ナマで見た訳ではなく、映像でしか知らないわけですが。個人的には4つの最後の歌とハンナ・グラヴァリも好きです。

最近会ってませんが、友人某氏の語る
「あの、"Ja,Ja"の凄さがシュヴァルツコップの凄さっ!」
という言葉を思い起こしつつ、合掌。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/07(月) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。