YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尊敬すべきものと賞賛すべきものは違う。

第28回東フィルオペラシティ定期を聴いてきた。
チェリストのダヴィット・ゲリンガスの指揮。
02年に舞台上で倒れ、右半身不随になったピアニスト、
舘野泉のラヴェル「左手」を聴くためだ。

この曲は優しい曲ではない。
先日も触れた初演者ヴィットゲンシュタインの録音なんか、
技術の巧拙で見ればかなり酷い。
一時期、同じく病を得て左手だけで活動した
L・フライシャーの実況を聴いたこともあるけど、
これも技術的に万全とは言い難かった。
だから、先日の栗田博文=東誠三のコンビには感心したのだ。

オケは、独奏者への尊敬に満ちた腰の据わった伴奏をした。
舘野も暖かい音楽をしようとしていた、と思う。
しかし、肝心なところでミスタッチ続出。
乗り切れなかった。
曲が進むにつれ、オケとの息も合わなくなっていく。
期待していただけに痛々しかった。

演奏後、会場はブラヴォーと大喝采。
中にはスタンディングの女性までいた。
舘野の意思の力と復活には尊敬を惜しむつもりはない。
でも、それとこの晩の演奏が賞賛すべきものだったかとは別。
尊敬すべきものと賞賛すべきものは違う。
かつてホロヴィッツの来日時、会場はブラヴォーの嵐だったけれど、
吉田秀和が「ひび割れた骨董」と書いて大騒ぎになった。
常にブラヴォーの怒号轟き、神の如く崇められた
故朝比奈のブルックナーだって好不調の波はあり、
全てが超弩級の演奏だったとは言えない。
この日の演奏はTVクルーもいたので、
放送されるかDVDで売り出されるかするのだろう。
私が本人なら、絶対拒否する。
こんな、ミスタッチ続出の演奏をそのまま遺されるのは
我慢がならないからだ。
冷静に考えれば、舘野も70歳を超したピアニスト。
ミスタッチくらいにキリキリしなくても、という気もする。
でも、だからこそ
万全な状態の舘野をもう一度聴かなくてはならない、と思う。

1曲目の「カルメン組曲」抜粋は
第1・第2組曲の中からさらに刈り込んで構成したもの。
こういう構成は初めて聴いたが、前奏曲を最初と最後に組み込んで、
カルメン~パラフレーズ集になっていたとはいえ、
このような「イイとこ取り」は邪道ではないのか。
休憩後のR・コルサコフ「シェエラザード」はテンポが遅く、シンドバッドの船が
荒天のマラッカ海峡を進むタンカーのような感じ。
しかし、曲が進むにつれエンジンもかかってきたようで、
最後は充実の大団円。
オペラとバレエの合わせで培われた
東フィルらしい「聴かせる」演奏ではあった。
コンサートマスターは荒井英治。
この人は、こっちが大学生だったその昔、
東響のマスターだった頃から安心して聴ける。

コンサートの後は、ややテンぱっているのかもしれない。
こういうコンサートの後は、どうしても普段より攻撃的になってしまう。
その後飲んで終電で帰らず、タク帰宅になったことと併せて反省。
付記すると、足立ナンバーの個人タクシーの運転手さん、
かなり耳が遠くて閉口した。安全運転を祈る。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/23(金) 12:36:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送別会と元帥夫人


 
土曜の晩は、3月の異動で九州に帰任する
前の会社の後輩Tの内輪の送別会。
場所は経堂の広島風お好み焼き屋さん。
画像は撮り損ねましたが、私好みのソバ焼きでした(^_^)v。

日曜の晩は、田無タワー(これって正式名称かしら?)
を再見。微妙にキレイですねぇ。
合間には、G・ジョーンズとトモワ=シントウ、
2種類の元帥夫人を見ては、思わず落涙したりしています。

明後日の木曜は、またオペラシティに行ってきます♪
  1. 2007/02/20(火) 15:39:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浄夜とアダージョと飲みすぎなバレンタインナイト


バレンタインの夜、オペラシティはシティフィルの定期。
「浄夜」とマーラーの「アダージョ」と来ては
聴きに行かないわけにはいきますまい。
最近は、当日券で入ることがほとんどなのだけれど
今回の矢崎彦太郎指揮の定期、前日にきちんと予約した。
1曲目はツェムリンスキーの「シンフォニエッタ」。
未聴の曲だけれど「らしい」曲だったかな。

2曲目がシェーンベルクの「浄夜」(浄められた夜)。
この曲も、ガキの頃から聴き続けてきた曲。
でも、実演は初めて。
「私は身篭っている。でもその子は貴方の子ではない」
と告白する女に、我々に授かった命と赦し月夜をそぞろ歩く
男女の会話を描いたR・デーメルの詩にインスパイアされて
書かれたこの曲。
いろんな演奏をディスクで聴いてきたけれど
徹底的に磨き込まれたカラヤン盤は未だに凄いと思う。
この夜、舞台上にみんな出た後で
チェロ奏者のパート譜がどっか行っちゃったみたいで
演奏開始が5分くらい遅れた。裏方は修羅場だったのでは。

さて演奏開始。
優しいひびき。
やや遅めのテンポの前半の女の告白部分から、
厳しい音槐のせめぎ合いよりも、美しいひびきを引き出した音楽。
これじゃ、キリスト教文化下における告白の重みよりも、
「不倫も文化」ないまの日本の男女のありさまを反映して
「最初から赦されてる告白」のような気もするけど
後半赦してからは歩みを速めた美しい「浄夜」だった。ブラヴォー。

休憩前のオケは普通の配置だったのに、
休憩後は1stVn-Vc-Va-2ndVnで上手奥にDBの変則対抗配置に。
これで「浄夜」前の混乱の理由がわかった。

で、曲はマーラーの10番「アダージョ」。
「自分が棺に入ったら周りで流しておいてほしい曲」
と酒飲み話で言ったら、呆れられた曲でもある。
ま、それくらい好き、ということ。
途中の不協和音の爆発は「世界が崩れていく」感覚さえ感じる。
クシェネック版に近い?今日のスコア。
pppがあまりなく、ややコントラストに乏しい憾みはあったけれど
中音域のしっかりした暖かい音楽だった。
矢崎彦太郎の棒は、やや細かく振り分けすぎで
音楽の流れと合致しないような気もしたけれど
その分、縦の線は殆ど乱れを見せないオケは健闘。

結局、演奏が良かろうが悪かろうが飲むのだけど
飲みすぎて吐いてしまった(^_-)-☆。
翌日まで残るほど飲んじゃダメですな。反省。
  1. 2007/02/15(木) 19:35:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマであちこち、の週末

自分用の備忘に、週末の日記など。

土曜の午後は、自由が丘へ。
無印好きの私。
特段に用がなくても、つい無印のある街に行ってしまいます^^;。
遅いランチは久々にピエトロでパスタ。
ピエトロは福岡発祥の企業なので昔からよく食ってますが
「ソーセージの醤油味」相変わらずさっぱりして美味いです。

「以前から具合が悪い」というPCを引き取りに
都下某市へそれから、いざ出発。
環八の渋滞を避けようとあちこち迂回しますが
やはり渋滞…。うんざりです。2時間以上かけて到着(T_T)。
PCを引き取り、また1時間かけて取って返します。
いったん帰ってから大森の広島風お好み焼きへ。お腹いっぱい。

いざPCに向かい、ウィルスソフトをインストール。
いざスキャンすると、まあウィルスが出てくる出てくる(^_-)-☆。
いろいろやった挙句、結局翌朝に
Windowsの再インストールという仕儀に相成りました。
結局、全てのWindows updateを当て終わったのは
日曜の午後8時半。疲れました。
2日で片道30キロ超を2往復したわけですが、
この復路で初めて通った、西東京市の通称田無タワーはキレイ!

昨晩は、3月の異動で九州に帰任する
前の会社の後輩Kくんと食事。
以前から一度メシをと言っていたのですが、
この機会を逃すと、まず次の機会は来ないので
もう一人の後輩Sくんも併せて急遽召集です(^_^)。
毎度の糀谷中華ですが、相変わらず美味い!
3人で5000円ちょっとなのに、満腹です。
寄り道して「東京の思い出に」と、
台場の夜景を見せてあげました。何回見てもいいっすねぇ。
後輩Sくん、
「この夜景で女を落とせないようじゃ、何やっても無駄っスよ」
と言ってますが、同感です(^_^)。
葛飾区某所まで後輩Kくんを送って行きましたが、
この週末、ホントによくクルマに乗りました!

明日はオペラシティに行ってきます。
  1. 2007/02/13(火) 16:12:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオデッキと携帯の買い換え

昨日今日と、ビデオデッキと携帯を買い換えました。
ビデオデッキは友人からもらったもの、
携帯は1年ちょっと使ったもの。
ビデオデッキはテープを入れるだけで電源が切れ再生もできなくなり
携帯は電池がもたなくなってきて、エイっと機種交換
と言う仕儀に相成りました。

ビデオはHDDレコーダに更新するとか
携帯は最新機種にするとか考えどころでもあったのですが
ただのHiFiVHSと2世代前の携帯にしました。
若い頃と違い、そこそこ動けば安いモンで十分って感じです。
両方とも設定やカスタマイズに時間がかかり
2日に渡り、結構な暇つぶしになりました。

って、暇つぶしなんかしてる場合じゃないんだけども^^;。
  1. 2007/02/07(水) 23:08:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内示の日

今日は、前の会社の定期異動内示の日。
もう辞めて1年近くになるのに、
なぜか断片情報が入ってきたりします。
正月が明けると異動のウワサで老いも若きも浮き足立ち、
まともに仕事にならない輩まで現れる始末。
考えてみれば、お幸せな会社だったのかも。はあ=3。
  1. 2007/02/05(月) 22:12:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマオケで「左手」。

昔から「左手」が大好きです♪
「左手」好きが嵩じて、12種類も集めてしまってます。

今日は、都内のホールで
すみだ=ワグネルOB、芸劇=新響、サントリー=グリーン響と、
3つのアマオケの演奏会が重なる珍しい日曜日。
新響の「ハーリ・ヤーノシュ」と伊福部にもそそられたけれど、
大好きなラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」に惹かれ
東京グリーン交響楽団という団体のサントリーホールへ。

栗田博文指揮に東誠三のピアノで
シベリウス「レンミンカイネンの帰郷」に「左手」
休憩後にショスタコ「革命」というプログラム。  
1曲目は、題名を
「レミンカイネン」と覚えていたくらい知らない曲なんで、
「シベらしい曲だった」と言うくらいの感想でごカンベンを。

「左手」は遅めのテンポ。
最初のふわふわした低弦の上のコントラファゴットソロから
オケも大健闘。アマチュアでも、ここまで行けるのか…。
この「左手」、昔在京オケの定期で
一線級のピアニストがミスタッチ続出、ってのを聴いたことがある。
ジャズっぽいアレグロでは、基本のテンポの遅さゆえ
ややもたれた感もあったけれど、
62年生まれの東、ほぼノーミスで丁寧に弾き通した。
プロと違い、アマチュアオケはfffの音が小さいし
ソロとオケのバランス云々よりも
伴奏全体の整形に重点が置かれて、
全体として、より丁寧な音楽になっていたのかも。
ワルター=初演者ヴィトゲンシュタインの1937年ライブや
サンソン・フランソワの64年ライブよりも
よほど技術的には揃ってたりして「東京のアマオケ畏るべし」を改めて実感。
最後のグリッサンドもピタっとキマって、
気持ちいい「左手」に満足して大拍手♪

休憩後の「革命」は久々にナマで聴いたけれど
改めて「よくできた曲」だと納得。
休憩前の東の「亡き王女のためのパヴァーヌ」、
終演後のプロコフィエフ「ティボルトの死」、
シベリウス「アンダンテ・フェスティーヴォ」と
計3曲のアンコールでお腹いっぱい。

それにしても、「左手」は気持ちいいです♪
  1. 2007/02/04(日) 22:05:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。