YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Elgar/Cello Concerto+Beethoven/4.Symphonie



上半身ハダカにクーラーガンガンで
参院選の開票速報にかじりついて腰を冷やしたせいか
シャワー時に腰を捻って
久々に軽いぎっくり腰になってしまった中年オヤジです。

電車に乗るのもいまいち辛い状況のなか
「フェスタ サマーミューザ2007」の第6日(30日)は
アルミンク=新日でエルガーのチェロ協奏曲とベートーヴェンの4番。

エルガーのチェロ協奏曲。
40過ぎてから良さがわかってきて、ここ2年、事あるごとに愛聴。
ナマで聴くのも3回目。
アルゼンチンの若い女性チェリスト、
ソル・ガベッタという人、名前を聞くのも初めてだけれど、
最初のソロから惹きつけられた。
確かなテクニックと、豊かなメロディの歌いまわし。
アルミンク=新日のサポートも入りの細やかさ、
ソロとのバランスなど、神経の行き届いた素晴らしいもの。
何となく、デュ・プレのことが自然にアタマに浮かぶ。
思いっきりメランコリックに情緒過剰な演奏も可能だけれど、
といってただ端正にというでもなく。
腰の痛みを忘れるいい音楽だった。ブラヴォ♪

実のところ、ベートーヴェンを聴かなくなって永い。
すっかり、ヴィブラートをかけない一部古学アプローチが主流。
アルミンク=新日も率直な好演。
でも、たまには70年代頃のゴーカな
ベートーヴェンも聴いてみたい気がするんですよね。
今やこっちが浦島太郎状態なのは、よおく判ってるんですけど。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 02:44:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Planets (incl. Pluto)



「フェスタ サマーミューザ2007」の第3日(27日)は
飯守泰次郎=シティ・フィルでホルスト「惑星(冥王星付き)」。

合奏の精度を言うとキリがないけれど
ここ数回定期を聴いていて、
このオケの音楽には「気合い」を感じる。
ただ、ここ数回ドイツものばかりだったので、
「惑星」のような、
機能美メインの音楽との相性はどうか。

暑さを吹き飛ばすということか(+集客が見込める)、
夏に演奏される機会が多いこの曲。
でもそれなら、もっとスッキリする
V=ウィリアムズの「南極交響曲」
なんてのもアリではないかと思ったりする。
(レコード聴いてても、いまいち印象がない曲だけど^^;)。

席は3階センターブロックの、ほぼ理想的な位置。
「火星」はあまり慌てないテンポでしっかり。
切れ味もあるし、金管もうるさくない。
「土星」のミュートをかけた弦の動きはなかなか。
「木星」にやたらと力点を置いて、
その後尻すぼみという演奏もあるけど
飯守はいいバランスを保っているように感じた。
もっとも、この指揮者が本当に演りたい曲なのか?
という点には疑問が残るけれど。
「土星」もいい感じで進めていったのだけれど
ここらへんからオケの疲れと音程のわずかな破綻が垣間見える。
この演奏の重点は「天王星」にあって、力感は十分。
「海王星」の最後、女声合唱は指定通り舞台裏にいたようだが、
オケの音が聴こえないせいで、音程が少々不確か。

コリン・マシューズ作曲「冥王星」が引き続き。
面白い試みだけれど、正直、音楽としての連続性が・・・。
でも、いまのシティ・フィルなりの面白いコンサートでしたかね。

ワタシの「サマーミューザ」はあと2回。
新日と日フィルを聴きに行きます。
  1. 2007/07/28(土) 14:03:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eine Alpensymphonie

 

25日から始まった、「フェスタ サマーミューザ2007」の第2日
下野竜也=読売日響でR.シュトラウス「アルプス交響曲」を。

この企画、S席3,000円で安いし
選曲もそれなりに力が入っていて
在京オケを集中的にまとめて聴くいい企画だと思うけれど、
26日のこのコンサートは残念な入り。

05年に飯森範親=東響で「カルミナ・ブラーナ」以来、
久しぶりのこの企画&ホール。
大学以来の友人Kを無理やり誘って行ってまいりました。
大フィルで故朝比奈御大のアシスタントだった下野は、
一昨年、オペラシティでの東フィル「惑星」以来。

朝比奈ばりの遅いテンポで曲は始まる。
僕自身の読響に対する評価は、東響・都響に比べて一段低いのだけど
息の長いフレーズも破綻せず、まずは見事な「夜明け」。

登頂までのテンポはやや遅く、
このまま登頂してゆっくり下山されたら、
「夜」になる頃には疲れ果ててしまうと感じたものの
登頂してからの歩みは速かった(微笑)。
さほどダレずに嵐と雷鳴を乗り切り、まずは好調な登山♪
散発するトランペットのハイトーンとかを
ミスられると台無しになることも多いこの曲。
読響も下野との相性は良いようで、いい演奏。
気になったのは、オルガンのバランス。
ちょっと強すぎなかったか?!

若い頃さんざん聴いたショルティ盤では45分のこの曲が
たっぷり一時間近くかかったような気もするけれど
新宿に取って返しての一杯目のビールが美味かった晩でした。
今日も「惑星」を聴いてきます!
  1. 2007/07/27(金) 13:51:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーバック&「死の都」



沖縄から帰ってきてもう1週間。
ボロボロと剥ける皮とともに、抜け殻?な毎日です。

旅行前からいまいち不具合が目立っていたノートPCですが
再起動が上手く行かずブルーバックが出たりで再インストしたものの、
DVDドライブがI/Oエラーとかでアプリもインストできず
ついに修理に出しました。
デスクトップで用は足りるのですが、やはり不便。
5年保証に入っているので修理代かかりませんが、
2~3週間程度かかってメーカーから帰ってきたときを
楽しみにしたいと思います。

修理に出したついでに、新宿の「塔」で
ここ数回話題に出しているコルンゴルトのオペラ
「死の都」のナクソス盤(セーゲルスタム指揮)をゲット。
悪くはない演奏でしょうが
ラインスドルフ盤に比べるとテンション低く
この演奏から入ったらこれほどこの曲にはハマらなかったかも。
改めて、未聴の曲との邂逅の難しさを思います。
  1. 2007/07/25(水) 11:15:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

14回目の沖縄

 

94年に初めて石垣島を訪れて以来、
本島7回、石垣3回、久米島2回、宮古1回=計13回
の訪沖を重ねる沖縄フリークの一人であります。

この3日間の天気予報は最悪ながら、
これまで夏の沖縄で日光浴できなかったことは一度もない
という実績からして、今回も何とかなるだろうとは思っていました。

2日目は朝から雷鳴轟き、ビーチに出るのを諦めかけましたが
執念が実り、お昼から曇り時々晴れ時々小雨。
待望の海\(^o^)/。
日差しはさして強くなく、いつものように汗まみれにもならず。
ちんたらとビーチで4時間半。
週末通過した台風のせいで、本島では初めて経験する低い水温。
コルンゴルトの「死の都」を聴きながら
いつものようにオリオンビールをグビっと(美味いです♪)。
気がつくと、ワタシは真っ赤っか^^;。

夕方からは那覇に出ることにしたものの
いつもと違うことがしたくて、伊計島への海中道路へ(写真1)。
行ってみて判ったのだけれど、
具志川の火力発電所とかがはっきり見えるんですね。
その後、首里城へ。
本島だけで7回も行ってるくせに、実は初首里城^^;(19日参照)。
南部戦跡は今回も行かず、罰当たりであります。

国際通りで土産買いとステーキの晩メシを済ませ
いそいそと飲みに出て。
3回目ですが、一昨年の一人訪沖の時も良くしてもらって
「絶対アソコに行くっ」と実は心に誓ってました^^;。
運転するワタシはアセロラをぐびぐびやりながら
観光客3人とマスターが西武線ネタで盛り上がるという、
不思議に楽しい那覇の晩。
お店を辞去して那覇から58号線を北上、
途中北谷のブルーシールで1時前にアイスクリーム。
やっぱシークゥワーサーは美味いです♪

最終日は万座毛から本部の美ら海水族館へ。
実はここも初めて。というか、名護以北自体が初めて。
途中リゾネックス名護のそばで晴れて、
やっと沖縄らしい風景風景にパチリ(写真2)。
初めて同行者に運転を替わってもらって、那覇を目指します。
だんだん時間がなくなってきたものの、
やはり海が名残惜しく波の上ビーチに小一時間。
ここもいつもより水温低かったです。

14回目の沖縄は、初首里城、初海上道路、初美ら海水族館で
いつもとちょっと違う旅になったかな。
東京に帰ってから、
レンタカーにETCカードを忘れるという失態に気付いたものの
いい旅でした。
  1. 2007/07/20(金) 21:14:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄から帰ってきました

  
昨晩遅い便で東京に帰ってきました。
早速土産持って行きつけで飲んでます。

日記は明日以降に♪。
  1. 2007/07/19(木) 22:46:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本/羽田/那覇


  

今回の7月盆帰省は台風4号に振り回され
木曜に田舎の若い知人と飲んだくれ
「年齢不詳ですねぇ」と褒められた(?)後は
土曜日の元職後輩とのゴルフ予定がつぶれたり
お寺さんに回向を一日早めてもらったり
次に控える沖縄行きを控え、何としても15日中帰京するため
NH650に乗る予定だったのをNH3716に振り替えたりで
結果、連絡を取りたかった友人にもほとんど会えない
ドタバタ帰省となりました。

旅行すれば、何がしかのトラブルは付き物ですが
今回は帰京前にレンタカーの営業所で
お犬のケージの取っ手が取れてしまって破損。
東京到着後、蒲田で買いなおす羽目に。
一方で、NH3716(6J16)は
出発地引き返し条件付運航だったにもかかわらず
普段と違うKEC経由ながら、見事定時運航。
機内から見えた空は、もう夏空(写真1)。

なのにJL915(たまごっちジェット)で到着したOKAは、
台風一過のはずなのに、レンタカーの営業所に着くと
物凄い雷鳴と豪雨(泣)。
何だかここ二回、こういうことが続いています。
ここ一年、沖縄の素晴らしさをさんざん吹聴してきたせいか
同行者、ガックリしています。

仕方なく、恩納のホテルにクルマで直行しチェックイン。
海に出ても仕方ないので、ホテルを出て沖縄市で買い物。
空港通りとパークアヴェニューで服の買い出し。
アバクロが東京で買うより4割は安いので、
私のアバクロはほとんど訪沖時に調達しています。
とはいえ、ちょいと無駄遣いしたかな。

北谷に回って、食事とウィンドウショッピング。
夕暮れ時、西の空は雲が切れ明るくなり、東側には虹が(写真2)。
夕食後、お決まりのA&Wへ。
このメルティ(写真3)、美味いです。
これで天気さえよければ、ねぇ…(嘆願)。
地震の柏崎の方のことを思えば、文句言っちゃいけないか。
  1. 2007/07/17(火) 03:08:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大丈夫かな

  
昨夜は心配した友人から電話をもらうなど、
どうなることかと心配した台風ですが
所用をぼちぼちこなしているうちに、薄日さえさしています。

RJFT 140906Z 02017G27KT 9999 FEW020 SCT080 BKN120 27/23 Q0975 RMK 1CU020 3AC080 6AC120 A2881 P/RR
RJFT 141100Z 33007KT 260V020 9999 FEW010 BKN025 BKN080 27/23 Q0981

台風の進路次第では、羽田が心配ですが何とかなるでしょう。
うちのお犬も少しは寛げただろうし、
明日は早めの便に振り替えて帰京することにしましょ。
  1. 2007/07/14(土) 18:39:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さすがにわがふるさと


 

前回の日記で
「豪雨の中の帰省」なんて題にしたのがいけなかったのか
今回の帰省も波乱含みです(涙)。

羽田でまず使用機材到着遅れ。
到着後、レンタカーを借りたあたりから
烈しい雷鳴とバケツをひっくり返したような雨。
そりゃジモティですから、こんなんでビクともしませんが
ワイパーフルでも前見えず。
おまけにレンタカーのワイパー、いまいち不調でうるさいです。
でも、市内の実家に到着すると小雨。

予想通り台風来そうな復路が恐ろしい…。
  1. 2007/07/12(木) 20:38:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「死の都」



普通の人なら深夜と呼ぶ時刻、
友人宅の近くをクルマで走っていた私はふと思い立ち
別の友人とも話題になっていたコルンゴルトの歌劇
「死の都 -Die tote Stadt-」のCDを借りるべく押しかけました。
「きっと好きそうだと思うよ♪」という友人の言葉通り
帰宅後聴いて、すっかりハマってしまいました。
リブレットも出演者名も配役表もなしで
粗筋もろくにわからない状態だったのですが、
翌日ネットで検索すると、出てくる出てくる
ヘタな廉価盤のに引けを取らない自作のリブレットを作ることができました。
便利なご時世です♪。

で、「死の都」全曲を取り込んだウォークマンを持参し
明日から日曜まで帰省するわけですが
報道されている豪雨被害だけでなく、台風まで来襲の模様(泣)。
前回の帰省と違い
今度はNHの帰京便がきちんと飛んでくれないと
月曜のOKA行きJL便に乗るのが厳しくなります。
安全運航の範囲で、きちんと飛んでくれるのを祈るばかりです。
  1. 2007/07/11(水) 16:59:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリでえっちらおっちら

クルマを一年点検に出していましたが
ディーラーは駅からそこそこ遠く、運動不足解消も兼ね
GWに買った折りたたみ自転車で行ってまいりました。
拙宅から最初は、きつい上り坂。
ぜいぜいしながら坂を上がると、あとは下り坂と平坦路。
ほぼ30分で到着。
時々は乗らないとダメですね。

旧友は日曜日に手術になりました。
開頭して血管のバイパス手術。
いつも強気なヤツも、さすがに弱音の連続。
小一時間、ふんふんと話を聞いて
「あんたに弱音は似合わんよ」とだけ言っておきました。
手術当日はヤツの今カレと家族が立ち会うようなので
「オレは落ち着いた頃に来るよ」と言って帰りました。
一歩退きつつ、ヤツの無事を祈りたいと思います。
  1. 2007/07/07(土) 00:23:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大森の広島風お好み焼き



昨夜病院に行って旧友を見舞うと、憎まれ口を叩くほど元気でしたが、
今日の血管造影の結果、開頭手術することになったようです。
正直、心配です。

先日、知人の日記に
広島風お好み焼きが出てきて、ちょいと気になったこともあり
帰りに大森に周って、先日見つけたお店に行ってきました。
大森の「こてうま」
写真の肉玉そば800円、あざとくない美味さでした。
  1. 2007/07/02(月) 21:09:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

捨てる技術



根がケチなので、なかなか物持ちはいいほうです。
大学1年の時に生協で買った緑のと、写真のポロを捨てました。
白いラルフのポロ。
大学3年の時に丸井で買って以来、20年も着てたんですね(^_-)-☆。
さすがに最近は穴も開いてきて、外では着てませんでしたが。

旧友の具合がいまいちっぽいのは知ってたんですが
どうやら入院したようで。
見舞いに行ってこようと思っています。
ヤツにはパートナーがいるので、そちらで面倒みりゃいいんですが。
なかなか「捨てる技術」が身につきません。
  1. 2007/07/01(日) 14:37:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。