YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第5回東京音楽コンクール


今週もいろいろあったのですが、まずはこの話から。

コンクールの本選なるもの、見るのも聴くのも初めてなのですが
好きな曲をまとめて聴ける場でもあり、
また昨年のこのコンクールの優勝者の北村朋幹くんの評判もいいので
27日の弦楽器本選と30日のピアノ本選を聴いてきました。

27日の弦楽器は5人、30日のピアノは4人のファイナリスト。
27日最初の?橋和歌(Vn)は遅刻で聞き損ね、
2人目の原裕子(Va)が弾く、大好きなウォルトンのヴィオラ協奏曲から。
中音域でいい音を持っているのだけれど、
いまいちウォルトンの言い回しに習熟していない印象。
4人目の深澤麻里(Va)のほうが、音はそれほどキレイではないけれど
ウォルトンらしいパッセージを
きちんと弾くテクニックを持っていたような気がする。
3人目の上村文乃(Vc)は
イベールの「チェロと管楽合奏のための協奏曲」。
何回も聴くかというと疑問だけれど、初めてのこの曲は面白い。
やや細身の音は、この曲にぴったりなのだろう。鮮やか。
この日の最後は成田竜輝(Vn)のプロコフィエフの1番。
これまたはじめて聴いた曲だが、
この高校1年生、登場したときから空気が変わったような気がした。
曲の性格からして、メロディを朗々と謳いあげるというものではないが
適度な鋭さと音量を持った音にはなかなか感心した。
ワタシの聴衆賞は成田くんで決まり。
結果は
http://www.t-bunka.jp/onkon/oubo/kekka/kekka3.html
で見てください。

30日はグリーグ・ブラームスの1番・ラフマニノフ2番・ベートーヴェン4番
とどれもヘヴィなピアノ協奏曲4曲の日。
聴き通すのも体力が必要。
まずグリーグを弾いた水谷桃子。
この曲、通俗的に過ぎるような気がしてめったに聴かない。
その中では2楽章がいい曲だなぁと再認識できた点で収穫かな。
2人目は居福健太郎でブラームスの1番。
この曲が難曲なのは百も承知だけれど、
決めるべきパッセージを決めきれないもどかしさが。
1楽章の第2主題で、違和感を感じる節回しがちょっと気になった。
3人目は佐々木崇でラフマニノフの2番。
過不足はないけれど、この曲独特のねっとりした情感がもうひとつ。
最後は山田剛史でベートーヴェンの4番。
最初の弾き出しから、優しい音色に心が和む。
伝統をきちんとふまえた演奏で、
オケのゆらぎにもきちんとついていっていた。
荒っぽいパッセージも少しあったけれど、まずは拍手!
ワタシのこの日の聴衆賞は山田くん。
テクニック云々よりも、選曲の勝利という感は無きにしも非ず。
結果は山田くん(第1位・聴衆賞)、
水谷さん(2位)・居福くん(3位)・佐々木くん(入選)。
そう酷い耳をしてなかったんだなということで、ワタシは一安心^^;。

それにしてもこの2日で
8曲も伴奏した梅田俊明=日フィルの皆さん、お疲れさま♪
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 10:37:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎~戸越の一日

 
この夏、ミューザ通いでしばしば訪ねた川崎。
しかし、改札からホールまでを除くと
ラゾーナのフードコートくらいしか知りません。
よく見るHPに川崎のヨドバシの話が書いてあって
前から気になっていたので、ちょっとだけウロウロしてみました。

まずはそのヨドバシ。
新宿とかアキバに比べ、空いているのが魅力か。
中身は何の変哲もないヨドバシでした。
とりあえずヨドバシアウトレットを目指して
地下街のアゼリアを通ると「わしたショップ」発見!
7月の沖縄以来、久々にルートビア一本(^^)。
これ、湿布薬の味と言う人がいますが言いえて妙です。
アウトレットは、まあアウトレットですな。
欧米小型スピーカがそこそこ安くて、ちょい魅力的。
うちのオルトフォンが具合悪くなったら、ここに来よう。

夕食は久々に戸越の「百番」。
蒲田も美味い店多いですけど、ここも美味い!
この唐揚げ、絶品(*^^)v。
自称「唐揚げ評論家」の友人を、今度連れてこよう。
二人で4,000円以下なのに、口がきけないほど満腹(^^♪。
近場の方はご存知でしょうけど、このお店はオススメ。

食後は「戸越銀座温泉」。
実は学生時代、
人前で裸になるなんて恥ずかしいことはできなかったので
都内の銭湯は、これが初体験でありました。
長じて田舎で温泉慣れし、今ではスーパー銭湯大好きですが。
階段が急でコケてアタマ打ちそうなのが怖いですけど、
屋上の黒湯も、なかなか。
歩いて帰れない距離でもないので、秋以降また来るかな。

それにしても、戸越まで来ると
安くて美味いもん、たくさんあるのにねぇ。はぁ=3。
  1. 2007/08/23(木) 14:31:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「フェスタ サマーミューザ2007」の個人的続編♪



「フェスタ サマーミューザ2007」では
読響・シティフィル・新日・日フィルの4回のコンサートに通い
ちょっと億劫だったミューザ通いにすっかり慣れてしまった♪
この企画そのものは12日の東響で終了(これは未聴)。
とはいうものの、この土日2日アマチュアオケのコンサートが二つ。
「サマーミューザ」の個人的続編ということで聴いてきた。

土曜夜は、アマオケ「水星交響楽団」第38回定期演奏会。
モーツァルト「魔笛」序曲とコダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」組曲に
ブラームスの4番というプログラムで、
指揮は明治学院の斉藤教授。
もちろん「ハーリ・ヤーノシュ」は、
音楽の授業で最初に聴いたのが組曲だけれど
ケルテス盤とフェレンチーク盤で聴けるオペラ全曲も好き。
組曲に入っていない歌ものも、時折引っぱり出す。
でも組曲さえ、ナマで聴くのは多分初めて。
音楽そのものは、さっぱりした演奏で楽しめたのだけれど
ビデオ撮りスタッフのインカムの音漏れがうるさくて最悪(-_-;)。

休憩後のブラームスの4番。
ある事情で、木管を必死に聴き取りながら聴いたのだけれど
「魔笛」から気になっていた、
ちょっと変わったobの響きがどうしても気になった。
終楽章のclやflのソロは、なかなか(^^♪。
終演後、指揮者がfl首席奏者を立たせて賞賛していたのは納得♪
全体にヘンな癖のない演奏で、客席はブラヴォー。
アンコールのホルストはゴージャスだった♪

二日目の今日19日は、同じくアマオケ
「フィルハーモニア・エテルナ」第13回定期演奏会。
十塚尚宏指揮で、コルンゴルトの「シャウシュピール序曲」に
元ヴィーン・フィルのコンサートマスター ダニエル・ゲーデのソロで
ブラームスのヴァイオリン協奏曲。
休憩後にプッチーニの「交響的前奏曲」と
R.シュトラウスの「ばらの騎士」組曲という
十分、若杉指揮で都響定期になりそうな(^^♪プログラム。
当日券のまともな席で3,000円というのは、ちと高い^^;。
ま、ギャラと楽譜代を考えたら、仕方ないか。

「シャウシュピール序曲」は、
アンドレアス=アルベルト指揮のCPO盤で予習して行ったけれど
正直、習作感がある曲なので、
シュレーカーの同種曲同様、さほど印象に残らず。
ダニエル・ゲーデは初めて聴いたけれど、
テクニック的にはもっと巧い日本人奏者はたくさんいるかな。

休憩後、プッチーニの「らしい」曲の後
ゲーデが、コンサートマスター席に座って「ばらの騎士」組曲。
今年は、ぼくにとって「ばらの騎士」組曲の当たり年。
都響・日フィルと2回聴けただけでも有難いのに
アマオケがこの曲を演って、「ちゃんと音楽になって」いる。
日本のアマオケ最高峰?新交響楽団も時折聴くけど
田舎に住んでいたころに不満たらたら聴いていたのに比べると
この2日、在京アマオケの層がいかに芳醇なものか実感。
  1. 2007/08/19(日) 21:54:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二匹とその飼い主二人のものがたり

 

さて、気を取り直して。

7月から入院している旧友O、
開頭手術してからもう一月経ちました。
開頭すると感情の歯止めが利きにくくなるそうで
感情の起伏がやや激しく、涙ぐみやすかったりしますが
リハビリはそれなりに順調のようです。

人間は口が利けますし、
Oの親兄弟もいますから、本来ぼくの出る幕ではないのですが
一番心配していたのはOの飼い犬、小鉄(愛称こてこ)。
結局誰も引き取れず、Oのマンションに一人ぼっち。
周囲で手分けして散歩やエサはあげているにしても、
飼い主の一人としてどうにも心配。

実は、Oの前回の入院中は
別れて間もなかったこともあって、ぼくが引き取ってました。
こてこ、Oの躾の失敗もあって、なかなか大変な犬です。
出勤前、家の中であちこちにオシッコしてくれて
拭き掃除から一日が始まる、戦争のような日々が5ヶ月続きました。
犬種はうちの好兵衛と同じヨークシャーテリアですが
うちのはキツネ顔、こてこはタヌキ顔。
こてこの無邪気なタヌキ顔見てると、憎めないんですよねぇ。

昨晩やっとこさ、こてこをウチに引き取りました。
知らない家で、久々に人と長くいるせいか、昨夜は大興奮。
これまたお行儀悪くも、
腰振り先を求めて、ぼくや好兵衛を追っかけまわしてました(^^ゞ。
お腹に皮膚炎ができてたり、耳が相当汚れてたり
心配なところはあるけれど、家の中でオシッコすることなく
二匹スヤスヤ寝ています。
あとはOのリハビリが進むことを祈るばかりです。
  1. 2007/08/16(木) 15:48:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tchaikovsky/5.Symphonie

 

「フェスタ サマーミューザ2007」の第13日(9日)は
小林研一郎=日フィルでチャイコフスキーの5番。

先日の新日の時に、美味そうだったんで気になっていた
ラゾーナの1階フードコート某店で入場前に腹ごしらえ。
大盛りにして1,000円オーバーになってしまったけど
鶏はパリッとして美味かったのに、
業務用出来合いハンバーグが最悪(*_*;。

さて、気を取り直して15分前にミューザ入場。
指揮者の小林研一郎については
所謂「コバケン節」について毀誉褒貶が付きまとう。
昔東響でダフニスを聴いたときも、昨年マーラー9番を聴いたときも
「コバケン節」は全く気にならなかったので、半信半疑だった。
「コバケン信者の集会」とさえ言われる一部のレパートリー。
チャイコの5番は、十八番のひとつ。

1楽章の序奏はやたらと遅く入る。
遅いところは遅く、主部に入るとやたらと速い。
リタルダンドもアチェレランドも目いっぱい。
ティンパニの強奏も目いっぱい。
楽想のつなぎ目は完全にパウゼ…。
不思議な場所での不思議なパートの強奏。
あ、これが「コバケン節」炸裂ってコトなのね(^_-)-☆。
流石に3月までシェフを務めていたオケ、破綻もなくついていく。
3楽章はイジリようがないのか、割と普通。
終楽章まで、確かにやたらと劇的なチャイコだと思う。

満堂ブラヴォーで、スタンディングしてるヤツも見えただけで4名ほど。
アンコールも定番と噂される「ダニー・ボーイ」。
スピーチ&アンコールあり、なんだから
コバケン教信者には堪えられない一夜だっただろうなぁ。
感激する聴衆にも十分納得するけど、ワタシ的には、
あれほど曲のフォルムをイジっていいものかと疑問…。

普通だと木曜日は行きつけに飲みに行く日なんだけれど、
なんだか疲れて今日は帰っちゃいましたです。ふぅ。
  1. 2007/08/10(金) 01:39:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PHSの機種交換





中一日で食べて、やっぱり松屋のカレーは美味い
と感心している中年オヤジです。

無線LANがない場所用に維持し続けてきたPHSカード、
ファームウェアのアップデート後から
ウンともスンとも言わなくなり、火曜日に機種交換してきました。
年に数回使う程度だけど、先日の沖縄では大活躍。
やはり手放せない・・・。
今度はUSB接続の端末になりました。
  1. 2007/08/09(木) 14:05:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のできごと







ちょっと前のことになるけれど、
自分自身の備忘のためにも日記を。

7月28日、新宿では「エイサー祭り」。
以前沖縄で見て魅かれた踊りだけれど、なかなか見る機会がなくて。
本場と違って、三線のナマ演奏はなく
PAガンガンだったけれどもう一回沖縄に触れたカンジ。
同時開催の新宿伊勢丹の沖縄物産展はそりゃあもの凄いヒトでした^^;。

29日、投票を済ませて、何となく横浜へ。
TVKを見ていると時々CMが流れるイセザキモールをぶらぶら。
遅い昼食を取った古い洋食屋さん、TVで競馬中継が流れる内装など
やっちゃった感満載だったけれど
「ウィーン風カツレツ」、予想よりはマシでした。
  1. 2007/08/06(月) 22:41:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。