YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Request NGO INF



日曜日夕方、マリオンで「チーム・バチスタの栄光」を。
TVっぽいつくり。そこそこ面白かったです。

近いうち、久々に名古屋を訪ねようかなと思っています。
会いたい友人も数名いるのだけれど
初名古屋の同行者に「これは食べとけ」
というものがありましたら、情報乞う。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/26(火) 11:38:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オサレなランチは荒れ模様


ぽかぽかと暖かな陽気に誘われ
お昼のお犬のお散歩は、白金台方面へ。
一度前を通って目をつけていた、外苑西通り沿いのカフェで
二匹の犬連れでランチをと思いまして。

午後から一気に風が強くなるという予報はあったものの
やや薄着で家を出て、坂を上がっていきます。
白金台に近づくにつれ、北の方は夕立でも来そうな暗い空。

一軒のオープンカフェに落ち着き、お犬は足下に繋ぎ
ワタシはハヤシライスを注文。
お料理そのものはそこそこ美味しく、
1200円というお値段がそれほど高いとも思いませんでしたが
徐々に気温が下がっていき、風も強くなってきて。
サラダのレタスが吹き飛ばされそうに^^;。

食後のコーヒーを震えながら待って、急いで飲み
お勘定を済ませてお店を後にした頃から
一転にわかに掻き曇り、ますます怪しい雲行き。
いつのまにか砂塵舞い、POP吹き飛ぶ目黒通り。
「アルプス交響曲」の下山途中みたいになりながら、とっとと帰宅。
残念ながら、オサレなランチは僕らには似合わないようです(;_;)。
  1. 2008/02/23(土) 18:24:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近ハマってます


このトシになっても食い物の好き嫌いが激しいんで
魚介類はおろか甲殻類もダメなんです。

なんで、これまでほとんど縁がないお店だったんですけど
最近、「てんや」の野菜丼にハマってます。
美味いっすね。これで500円(^_^)v。

ってのはともかく、今朝から鼻水・鼻づまりひどいです。
んも~っ。

  1. 2008/02/20(水) 22:46:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK交響楽団1614回定期公演




先週チョン・ミョンフンが指揮したブルックナーを
日記で褒めてらした方がいたので、金曜夜
N響1614回定期公演(2階L16-19)のためNHKホールへ。

学生時代からごくたまにN響の実演は聴いているけれど
素晴らしかったというデュトワ時代は東京にいなかったので、
正直、このオケの真価を僕は識らない。
サントリー定期は切符が取れず、お高めなチケット代を
響かないNHKホールに使うのはちょっと…というのが本音。
おまけに最近、若杉指揮マーラー9番で
演奏が止まったという噂も聞いていたので、さほど期待せずに。

チョン・ミョンフンの実演は初めて。
「トゥーランガリーラ」をはじめメシアンは十八番なだけに
1曲目の「忘れられたささげもの」は聴きやすかった。

さて、休憩後のマーラー9番。
極端なテンポは取らず、ムリに緊迫感を漂わせるでもなく音楽が始まる。
チョン・ミョンフンは振り過ぎない棒。
それでも、徐々に音楽に引き込まれていく。
この席、弦は響かないのに、金管は直接音が届く席なので
3階に上がった方がよかったかも。
でも、よく揃った内声部の弦のおかげか、緊張が途切れない。
ただインテンポというわけではなくて、時折意外なタメも。
ティンパニや木管の意外なパッセージをいくぶん際立たせたり
リタルダンドなども大味なところがない。
3楽章「ロンド・ブルレスケ」の中間、
首席奏者店村の通俗的でなくむせび泣くヴィオラ・ソロ。
ただ理の勝ったマーラーではない、いい証だろう。
終楽章も含め、全体として「どこがいい」とか書けないけれど
僕が経験したこの曲の実演の中では、最高の演奏だった。

終演後はブラヴォーの嵐&スタンディングもそこそこ。
僕も2階Lで(控えめに)参加。
初めて観た。
あんなに沸いたNHKホールも、N響の真価も。
  1. 2008/02/17(日) 16:47:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1階R10-7と8




昨日お昼は上野の文化会館で、第5回東京音楽コンクール優勝者コンサート。

成田達輝vn 吉田誠cl 山田剛史p
指揮―梅田俊明 東京フィルハーモニー交響楽団 朝岡聡(司会)
●シベリウス…ヴァイオリン協奏曲
●ウェーバー…クラリネット協奏曲第2番
●バルトーク…ピアノ協奏曲第3番

弦とピアノの本選は聴きに行ったので、彼らの約半年の進境を楽しみに。
文化会館の当日券窓口は長蛇の列で、40分くらい並びました。
席は1階R10-7と8を選んで。
あちこちで書いてますがこの椅子は今を去ること20年前、
ぼくと友人Kが東京交響楽団の定期会員として座っていた席。
ここは低弦が豊かに響き残響もそこそこある位置で
朝比奈のブルックナーも、秋山もコバケンも大町陽一郎も
この椅子で聴いて、音楽観を作ったような気がします。

シベリウスの成田くん(15歳)。
本選でプロコフィエフを弾いた時と同じく
曲の弾き始めからぐっと聴衆を惹き付ける筋肉質な音。
高音でもっと美しい音が出ると、さらに表現の幅が広がるのだろう。
吉田くん(20歳)は、初めて聴く曲と演奏者。眠らなかった^^;。
バルトークの山田くん(25歳)は問題あり。
バルトークのうちでもメロディアスな方向に振ったこの曲で、
エッジを利かせるよりもリリックな表現を目指していたけれど
肝心なところでミスタッチしてしまうと、かなり辛い。
悪い演奏ではないけれど、
本選はベートーヴェンでいい演奏をしていただけに残念。

演奏後はアメ横でブラブラして何故かその後行きつけ。
お酒が気持ちよく進んだ夜でした(^^)。
  1. 2008/02/12(火) 19:37:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROAD TO けやき坂


ワタシの飼い犬「好兵衛(よしべえ)」は
熊本県山鹿市という温泉町の出身です。

96年のこどもの日、熊本市のデパートにあるペットショップから
生後6ヶ月で引き取られ早12年弱。
ネットでYosibeiと名乗る飼い主の流転がなければ
たびたび飛行機のカーゴルームに乗せられたり
気が合わない年下犬と東京の片隅で同居したりすることもなく
いまも熊本でのほほんと生きていたことでしょう。

夕方からは雪が降る予報が出ている土曜の午後、
2匹を連れ、麻布十番まで長いお散歩。
うちの区から港区に入ると、周囲をお散歩してる犬も
にわかに高級感漂う犬種とお洋服が多くなります。
十番で特に何をするという目標はなかったのですが、
パン屋に寄ったり駅前のウェンディーズに寄ったり。
ついでにけやき坂まで行ってきました。
「山鹿で生まれて、キミもまさか
 けやき坂のTSUTAYAの前でオシッコするとは
 思わなかっただろうねぇ」
とお犬に声をかけてやりました(^^)。
ま、ヤツには
「飼い主がまたワケわかんないコト言ってらぁ」
ってなもんでしょうけど^^;。
  1. 2008/02/10(日) 20:17:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の空に赤や青の翼はいない。

  

家から10分ほど歩いたところに
やたらとお寺ばかり集まっている場所があります。

およそ山手線の内側とは思えないほど長閑で、
引っ越してすぐ犬の散歩がてら、近所を散策してて見つけました。
最寄り駅とは真逆な方向なんでごく稀にしか来ませんが
およそ東京離れした風景で心和みます。
いつも見てたら飽きちゃうんだろうけど。
気持ちいい快晴で空も高く、2匹連れていつもより長めの散歩。
大きめのヘリがエンジン音を響かせながら、
何回も北方を通過していきます。

実家は空港のアプローチコース直下なので
音がして空を見上げれば、
たやすく旅客機を見ることができます。
赤いの青いの、昔は虹色の垂直尾翼も馴染み深いものでした。
でも今は、羽田が16Lか22使用時に
ジャスコの辺りまで行かないと旅客機は見られません。
「いい空は青い」ってコピーもありましたが、
こんな広い空には赤や青の翼が見たいと思う、元飛行機ヲタでした^^;。
  1. 2008/02/05(火) 16:35:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪のおもひで(^^)

  

「積もったなぁ」というカンジの雪は、ここ城南では2年ぶり(写真1)。
1回東京2日は明日に代替。
「中央競馬実況中継」は、京都と小倉をやってます。
朝のお散歩で2匹ともびしょびしょ。
洗って乾かして、朝から一仕事です(写真2)。

一昨年雪が降ったとき(06/1/21 写真3)
佐倉の美術館に友人Kと絵を見に行く約束をしていて、
電車が一部止まっているのも構わず、クルマで強行。
無事辿り着き、絵はゆっくり見たのですが、そこからが大変。
タイヤチェーンなんて持ってないし、普通タイヤ。
土地勘のない千葉で、乗り捨てる羽目になるのを避けるため
昼飯も食わず都内に帰ってこようとしたのですが、
視程は極端に低下するわ
それなりに渋滞して首都高も一部通行止めになるわ
クルマのケツが時折ズルっと滑るわで、
免許のない友人Kはズルッとケツを振っても
「わぁ、面白い~♪」なんてガキの如く喜んでましたが、
こっちはいつ他のクルマに突っ込むか突っ込まれるかで
肝を冷やしつつ、生きた心地はしないまま、
5時間近くかかって当時の家に辿り着きました(>_<)。

蒲田でお昼兼用の晩メシを食って、
一緒に新宿に移動して、行きつけで反省会。
ここからがまた大変。
ひょんなことから知人とKが言い合いに。
もちろん、ワタシもいい気持ちはしません。
疲れた上に、気分悪く帰宅したものでした。

雪というと、あの晩のことを思い出しますが
あれからもう2年。早いなぁ。
  1. 2008/02/03(日) 15:46:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日連続、飲みに出る。


飲んで帰るとき、電車の中で徐々に酔いが醒め
気持ちが冷たくなってゆく瞬間が好きです。
素の自分が、ふと顕わになる時があって
時間をかけてまとまらなかった考えが、
さっと結晶化したりする時があります。

新宿の大阪王将で唐揚定食と餃子食って、その後行きつけ。
久々にお会いする常連さん2名。
最近こういう時間を過ごしていなかったので、
気持ちよく酔って23時前には帰宅。

帰りの山手線、車両の端の壁にもたれて
なぜかマーラー「悲劇的」の1楽章を聴いてました。
すると、冷ややかな感触で心が冷えていき。
ホントは、酔ってこんな曲聴く神経の方が、どうかしてますけど。
  1. 2008/02/01(金) 15:45:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。