YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消しがたいもの



シティフィル第220回定期は
飯守泰次郎指揮でニールセン「不滅」がメインのプロ。
オペラシティのこの椅子も、だんだん馴染んできたかな。
秋シーズンはお休みするものの、
9月の「トリスタン」と11月のマーラー9番のチケットはもう買ってある。

休憩前、エルガーのヴァイオリン協奏曲は千々岩英一の独奏。
この協奏曲、ハイフェッツのディスクで聴いた事はある程度。
曲の始まり、シティフィルの伴奏はちょっと荒っぽい。
というか、こんなデカい音では独奏をかき消すのではないかと不安に。
しかし、先週のコルンゴルトとは違って
作曲技法がこなれているのだろう、ソロもオケも音楽が見通せる。
千々岩は美音勝負というよりは、筋肉質な音かしら。
大きな音が出せて、この人はブラームスの協奏曲なんかいいと思う。
ちなみに渋いプロにも関わらず、1階はほぼ満席。
この曲、さほどメジャーな協奏曲ではないと思うのだけれど
意外な大拍手。
いつものシティフィルの客層とは、ちと違うような気もした。

休憩後は「不滅」。
この名が通り名になっているけれど、実際は「消しがたいもの」。
飯守の紡ぐ音楽の柄は大きくて、
一昨年の都響よりも、大掴みに音楽が推進されている感じ。
終楽章は見事な推進力。
ティンパニの掛け合いはちょっとうるさかった。
実演だと、どうしてもこうなっちゃうのかなぁ・・・。

いい演奏会だったと思うけれど、実はいまひとつ集中できず。
この晩、お隣の席のおじさん。
演奏中音を立ててプログラムを開け閉めしたり
ボールペンをカチカチさせながら時計を見てタイミングを記録したり。
1階やや後方の席だというのに、双眼鏡で舞台を見たり。
その割には、聴きドコロの肝心なところで寝てたり。
ちょっとイライラしてしまって、存在を意識から消そうと
目をつぶって集中する努力もしたのだけれど。

ま、こんな夜もあるさ。
これも含めて実演の妙です、ええ。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 20:58:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京橋あたりの金融機関めぐり。



雨か曇りかいまひとつすっきりしない昼下がり
所得税の予定納税で京橋あたりの金融機関めぐり。
チェーンなのですが、品川シーサイドのそれとは違い
京橋店の坦々麺は美味かったです。
明晩は「不滅」のコンサートで初台に行きます。
  1. 2008/06/26(木) 23:22:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コルンゴルトとブルックナーみたいなツァラトゥストラと扁桃腺と







扁桃腺はいよいよ悪化。飲み込むのが辛くて。
白金台まで歩く気力がなく、白金高輪までタクシーで。
普段ならありえない贅沢。マジで辛かったんだよっ(逆切れ)。

アルミンク=新日本フィルで第432回定期。
当夜の聞き物は、豊嶋泰嗣が弾くコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲。
昔ハイフェッツのディスクでこの曲を聴いて以来、実演は初めて。
こんな曲の実演も簡単に拾える、東京という街の凄さを改めて思う。

シュタウト作曲 ...まるで...(1999/2000)(日本初演)
コルンゴルト作曲 ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35
R.シュトラウス作曲 交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』op.30

1曲目のシュタウト。
すいません。楽しめません。わかりませんm(__)m。
思うにこういう現代作品は、せっかく演奏するなら全部録音しておいて、
聴きたい人が、いつでも聴けるようにしたらいいのではないかと。
CDという「モノ」にしなくても流通する手段が、今はあるワケだし。

で、コルンゴルト。
CDだとさほど思わないけど、これ、ヴァイオリニスト殺しの曲では。
伴奏がどんなに気を使って抑えても、
独奏がオーケストレーションにかき消される。
座った椅子が細かいニュアンスを聴き取り難い位置だったとはいえ、
常識はずれにバカでかい音を出すヴァイオリニストでないと
この曲は厳しいのでは。
ヴァイオリン協奏曲でこれじゃ、「死の都」なんてどんなコトになるのやら。
昨年12月に実演を聴いた交響曲の時もそうだったし、
ハンス・ロットの交響曲の時もそうだったけど、
実演で聴いて印象が悪い曲が、
歴史の襞に埋もれていくのはある意味仕方ないのかも。
独奏者はこのオケのソロ・コンサートマスター、豊嶋泰嗣。
演奏そのものは大健闘。ブラヴォー♪
録音で聴くと、きっと現役盤でも中の上をいく演奏なんだろうなぁ。

休憩後はツァラトゥストラ。
アルミンクは遅いテンポでじっくりどっしり。
これは表題音楽ではない、絶対音楽なのだと。
音色やテンポ、ダイナミクスの変化に表面的な意外性は一切なし。
「学問について」など、まるでブルックナーのアダージョみたい。
「舞踏の歌」もウィンナ・ワルツというよりレントラーっぽい。
ただ、このアプローチを徹底するには、
オケの地力がもう一段上の次元になければならないような気がする。
疲れた。

寄り道一切なしで帰宅。
あまりに体調不良で、熱を測ると38度5分(>_<)。
今朝は何とか36度台に落ち着きましたが
内科でクスリ貰ってきました。ふぃ~。
  1. 2008/06/20(金) 18:10:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異音騒ぎ

週末から週アタマにかけて寝冷えしてしまい
昨日からいよいよ扁桃腺が腫れてきたYosibeiです。
タバコが不味いので
暖かいものを飲んで、せめてもの安静です。
明日のサントリーホールまでに、早く治さなきゃ。

拙宅のマンション、
一応オモテ向きペット禁止なのですが、
実際は、同じ階にも一つ上の階にもお犬がいます。
ネコもいれば、上層階には何とレトリバーもいます^^;。
起点と終点が同じですから、お散歩中遭遇して飼主同士、
二言三言ご挨拶、なんてのも珍しくはありません。

先日、一つ上の階のAさんとの話題で
「最近夜中に、躯体を硬いもので叩くような音がする」
というハナシが出て。
実は自分も「10キロ以上あるものを落っことしたような音」が
夜中にするのは感じていたので、とりあえずメアドを交換。
Aさんと連絡を取り合い、同じ音を聞いていることがわかりました。
午前3時前まで音がするときがあり、Aさんもワタシもちょっとヘトヘト。
Aさんのマルチーズは、もっとヘトヘト。

やや暗い若いリーマンが
ワタシの同じ階、ルーフバルコニーを隔てた部屋に入居してきたのは、
一年ほど前だったでしょうか。
エレベータで一緒になっても
目もあわせず挨拶なしでカンジ悪いリーマンくん、
まぁ、この東京砂漠?!仕方ないとは思ってました。
しかし、異音だけでなくいくつかのトラブルで
状況証拠はすべてリーマンくんの部屋を指しています。

アキバの連続殺傷や硫化水素自殺等など、物騒な世の中。
月曜にウチに遊びに来た友人Nの言う
「トレーニングマシンのおもりを落っことしたんじゃないの?」
程度のことだったら本当にいいのですが・・・。
この風邪もきっと、あのリーマンのせいだよ^^;。
  1. 2008/06/18(水) 12:40:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴンダバー♪

  
すみだトリフォニーホール。
数回行っているけど、軽い音がするホールという印象で
さほど好きなホールではない。
というか、自分好みのベストな位置が絞り込めてない。
というわけで、13日の金曜日、今回は3階10列4番で
第431回新日定期は「左手」と「画家マティス」がメインのプロ。

まずはツィンマーマン「1楽章の交響曲」。
最近は現代作品だとペルトを聴く機会が多いのだけれど
こっちの方が現代現代している曲。
時折聴きたいという種類の曲かというと…微妙かな。
2曲目は昨年2月以来また舘野泉で、ラヴェル「左手」。
前回よりは遅めのテンポを取って、ミスタッチもさほど目立たず。
決めるべきところはキマっていたかな。
特筆はアルミンク=新日のサポート。
あるべきところにあるべき音がある、こういう演奏は気持ちいい。

3階席、音は低音もきちんと上がってきて
このホールでは一番好きな音がした。
1階だと音が上を抜けていくのかなぁ。
階段が狭くてトイレもなかったり、
休憩中一服するのに難儀するのはいただけないけれど。

「画家マティス」は3月のデプリースト=都響以来。
"Engelkonzert"の序奏、ヒンデミット=ベルリン・フィルの
自演盤と同じくらいのゆっくりしたテンポで、精妙な響き。
この晩については、都響よりも上。
聴きながら顔が綻ぶ♪フルートの高音もドンピシャ。
アルミンク=新日の高い合奏能力が随所に。
終楽章の"Lauda Sion Salvatorem"まで
息つく間もない演奏でブラヴォー♪
こういう演奏は、録音してCD化してくれないものかしら。
来週のコルンゴルトとツァラが愉しみになった。
さ、飲みに行ってくっか(^^)。
  1. 2008/06/13(金) 21:18:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そりゃあ、そうだろうけど・・・。


ちょっとお、身も蓋もない気がするんですが^^;。
  1. 2008/06/12(木) 15:59:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特にかわり映えのしない日常

  

フランクは3日にドイツに帰国。
出発前夜に会いに行き初の2ショットを撮ってきましたが(写真1)
彼と次は、いったいいつ会うことになるのかと思うと
複雑な気持ちになったりします。

拙宅の界隈で、
手ごろにお肉を食べられるところは数軒あるものの
CPにどうも決定力に欠けるお店ばかりで。
土曜夜は、前から気になっていた「B&M」にやっと行ってきました。
http://www.steakbm.com/
過剰な期待は持たず「カジュアルセット」をいただいたのですが(写真2)
これがなかなか好CP(^^)。ちなみに写ってませんが、ポテト類は食べ放題。
しばらくお肉はここに決まりそうです。

今晩の早い夕食はチョコレートファウンテンの甘いかほりに誘われ
新宿南口「PLATINUM BUFFET」(写真3)。
http://r.gnavi.co.jp/a318031/
チョコレートファウンテンそのものは、一回体験すればもういいや。
しこたま食って満腹。
とまぁ、特に変わり映えのしない週末であります。
  1. 2008/06/08(日) 19:58:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。