YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑えるけど感心したマーラー



最近週末はなかなかコンサート通いもままならず。
秋分の日の「トリスタン」で、ワタシの秋シーズンは開幕の運びとなります。
そんな土曜の午後、久々に一人でゆっくり新宿をぶらぶら。

中古盤のディスクユニオンと東南口のタワーという
行こうと思えば毎日でも行ける、大散財自明のコースを。
予想通り散財してきたんですが、珍品をひとつご紹介。

マーラー:交響曲第5番(ブリッグス オルガン編曲版)
デイヴィッド・ブリッグス(org グロースター聖堂オルガン)

日曜に文京シビックでコバケン=東フィルが
マーラー5番を演るのは知ってたんですが、
ディスクユニオンでついこんなモノに手が伸びまして。
ブルックナーの交響曲をオルガンで演ったディスクは
4番と8番の2枚持ってますけど、
マーラー5番をオルガンで、という敢闘精神にまず惹かれます♪

聴いてみると、意外にいいんですよ。コレが。
葬送行進曲なんかはちょっと笑えたりもするんですが
特に終楽章なんて、これはアリです!
日本人オルガニストがこんなことやったのは見たことないですけど
こういう蛮勇を奮うヒトは出てこないもんでしょうか(・_・?)。
絶対聴きにいくんだけどなぁ。
その前に、ワタシの好きなフランクの「交響的大曲」も
久々にナマで聴きたいですけどね♪
スポンサーサイト
  1. 2008/09/22(月) 01:11:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。