YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清澄さの先に


サントリーホールで聴くアルミンク指揮久々の新日定期は

ショスタコーヴィチ:交響曲第9番変ホ長調op.70
ウィリ: 『...久しい間...』(2003)
ヤナーチェク:シンフォニエッタ

というプログラム。
自分的には、ヤナーチェクがお目当て。
「シンフォニエッタ」は大好きで、
ナマをどっかで聴いたような記憶があるのだけど、思い出せない。
日記を遡って検索しても出てこないんで、
もしかしたら実演は初聴なのかも。
ショスタコは「曲は知ってる」という程度なんで、2~3日予習して。

新日の監督アルミンクは、ヘンなことはしない。
まとめるのが巧い指揮者だと思う。
といって、同世代の邦人指揮者より少し一段上の次元での話だけど。
ただ、新日との演奏しか聴いたことがないので、
他のオケとだとどうなのかはわからない。

東響の音がロンドンのオケだとすると、
新日のそれはアメリカのオケだと昔から思う。
ショスタコは重くなく、しごく真っ当な音楽に仕上がっていた。
ただしそこに、寸鉄釘を刺す諧謔とかを求めてはいけない。
そういうものはアルミンクの趣味に合わないのだろう。

二曲目のウィリは、まぁ現代だなという音楽。
自分の把握力のなさを棚に上げて言うと、
一般に現代曲は、何を言いたいのか感じ取れない曲が多い。
じゃぁ古今の名曲で、オマエは何を感じ取れるか判ってるのか?
と詰問されると困っちゃうけども。
マティアス・シュルツ(fl)にハンスイェルク・シェレンベルガー(ob)。
こういうソリストだと、古典を聴いてみたいと思うのは間違いかしら(^^?)

で、「シンフォニエッタ」。これまた至極真っ当な音楽作り。
3楽章など「ヤナーチェクだなぁ」という音だったけれど
全体に洗練されてて、土俗的な味わいがちょっと欲しくなる。
いい演奏だと思うしアンサンブルの清澄さはいいけれど、
洗練というかその先に何があるのか。
20年後のアルミンクだと、もっと違う音楽になるのかしら。
2階席の奥から終演後、ブラヴォーは聞こえませんでした。

外に出ると、イルミネーションがきれい。
友人2人と、スタバでお茶をご一緒させていただいて。
もう週明けは、12月なんですなぁ・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 19:52:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デブに用はねぇ



用事のついで、少しは混雑も収まったという
銀座のH&M(ヘネス&モーリッツ)に行ってきました。
平日なんでさすがに入店するのに並んだりはしませんでしたが
さほど広くないお店の中はかなりの混み具合。
肝心の商品ですが、デブには関係ないモノばかりでした^^;。
まさに「デブに用はねぇ」という感じ。
  1. 2008/11/28(金) 16:56:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の祭典



ぽちぽつと降り出しそうな空の下、
錦糸町某ホールで
ストラヴィンスキー「春の祭典」を聴いてきました。

このホール、音が上をすっ飛んでいく1階よりも
最近は好みの音に近い3階に座ります。
バルコニー席から身を乗り出す同行者には
落っこちないかとちょっとヒヤヒヤ(^^)。

某団定期は3回目。
プレーヤーでない自分からすると
独墺系よりもフランス系のほうがより巧い感じがします。
プロじゃないのでもちろん瑕はあるわけですが
十分「春の祭典」の何たるかはきちんと客席に届いていました♪

終演後、外に出ると本降りの雨。
昔出勤前、「春の祭典」を気合い付けに聴いてたころを
ちと思い出した錦糸町の夕暮れであります。
  1. 2008/11/24(月) 23:34:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とつぜん伊香保。






世は三連休ですが、
温泉に行きたいとの強い声に押され
午後から群馬は伊香保温泉に行ってきました。

九州人のワタシ、群馬はおろか北関東全体に全く土地勘がなく、
関越道に乗ること自体が三回目。
高崎ICと前橋ICが隣接してるのを、今日初めて知りました^^;。
高速から見える榛名山と赤城山は雄大です(写真1)。

伊香保温泉。
日帰り温泉「黄金の湯」館に入りましたが、それなりに混雑。
無色無臭ですが少しぬるぬるしたみたいです。

温泉からあがって前橋に下り、
群馬在住の知人に急遽教えてもらった「登利平」の住吉町店で夕食。
なぜか選んだソースカツ丼(写真2)、美味しかったです。

というワケで、九州は大分が本社の「ジョイフル」前橋本町店でお茶中(写真3)。
さぁて帰るか。

追記=無事帰りました(^^)v。写真を追加しておきます。
  1. 2008/11/23(日) 21:04:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違いで遅刻して「巨人」-日フィル第242回横浜定期

諸事情によりワタシは普段
週末のコンサートをあまり予定に入れません。
昨日日フィルからのメールで沼尻の「巨人」が空席ありと知り、
午後5時、ふわっと時間が空いたので、みなとみらいに向かうことにしました。
沼尻竜典のマーラーは、15日に5番を聴いたばかり。
癖のない素直なマーラーだったので(悪く言うと「インパクトがない」とも言う)
「巨人」はそこそこの出来になると見ました。

【日本フィル第242回横浜定期演奏会】
ヴィラ=ロボス:《ブラジル風バッハ》第3番  クリスティーナ・オルティーズp
マーラー:交響曲第1番《巨人》

午後6時過ぎ自宅を出発。
大崎で湘南新宿ラインに好接続で乗り換えるつもりが
山手の微妙な遅れで乗り継ぎ失敗。
あわてて品川から京急快特~横浜でみなとみらい線という
やたらな無駄遣いでも間に合うか微妙な状況。
京急からみなとみらい線への乗り継ぎは、4分。
ええ、週末でごった返す横浜駅コンコースを、走りましたとも(-_-;)。
それでも18時55分ころ、みなとみらいホールの当日券売場に到着!
でも、列もなく何かヘン。そこにあった札には・・・。


午後5時30分開場 午後6時開演 _| ̄|○


嗚呼、ブラジル風バッハはもう終わってて、
休憩時にホールに着いたのでした…_| ̄|○。
このまま帰るか1分迷った挙げ句、せっかく来たからとA席で入場。
スコア持参だったので着席(1C28-9)して開くと、そこには
01年11月9日熊本県立劇場、インバル=ベルリン響のチケットが。
聴いた事実も素晴らしい演奏だったのももちろん覚えていますが、
一瞬懐かしさがこみ上げてきました。

さて日フィル、この日のコンマスは江口有香。
男性二人の時と違い、気のせいか彼女の日の日フィルは
響きがやや小じんまりとまとまる傾向にあります。
特段ヘンなことはしないオーソドックスな沼尻の棒の下、
相変わらず木管陣は好調で美しく。
しかし先日の5番よりは、全体に合奏精度がやや落ちるかなという感じ。
先日は絶賛したホルンも、首席含め細かな瑕はあって
ま、日フィルらしいと言えばそういう感じです(^^ゞ。
この日一番印象に残ったのは、3楽章83小節からの中間部。
弦の歌が意外なほどシルキーで、うっとりさせられました♪

このホール、確か3回目。
音の溶け合いもなかなかでそこそこ響くホールだと思うのだけれど、
基本暖かな音で、意外にガツンと来ないホールかなぁ。
こういう会場で、沼尻のように
至極真っ当な「巨人」を演るとなると名演にするのは相当難しそうで。
ワタシが接した「巨人」の実演ではやはり今のところ、
上記のインバルが一番のようです。
  1. 2008/11/22(土) 23:24:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ハッピーフライト」



こういう映画には絶対誰も付き合ってもらえないので
一人で近場の映画館に行ってきました(^^)。

B747-400(JA8096)の実機を2週間もラインからはずして撮影したとか
オペレーションコントロールセンターのセットはきちんと作りこんであるとか
そういうハナシは予め月刊「エアライン」で見ていたので、
さほどツッコミ所ナシで映画を楽しむことができました。
ま、敢えて言えば、
もうATPL(定期運送用操縦士)のライセンスを取ってるであろう
機長昇格直前のF/O(副操縦士)が
こんな頼りないってことはないだろ(; ;?)というくらいでしょうか(^^)。

設定に無理のない、微苦笑した映画でした(^^)v。
それにしても、誰か
故内田幹樹機長の「操縦不能」を映画化してくれないもんかしら。

写真は帰宅途中の夕陽。ちょっときれいだったんで。
  1. 2008/11/20(木) 17:59:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2000円でコンサートの後、飲み。



アフィニスアンサンブルセレクション「松原勝也をかこんで」
で、JTアートホールアフィニス(虎ノ門)に初めて行ってきました。

室内楽の演奏会は滅多に行かないけれど、
芸大松原準教授を、
読響と広響の主にテュッティ奏者が囲むという図。
R・シュトラウス「カプリッチョ」序奏
シェーンベルク「浄夜」に、休憩後は
チャイコフスキー「フィレンツェの思い出」というプログラム。
このホール、JT本社にあるホールだけあって
昨今の趨勢と違い喫煙所が比較的いい場所にあります(^^)。
とんでもない場所に幽閉されるより、それだけで気分がよろしい^^;。

「カプリッチョ」は7月のシティフィル定期以来。
コンサートマスター戸澤率いたシティフィルの方が
艶やかな演奏だったように感じたかな。
大きいオペラシティだと、細かな音程の狂いも目立たなかったし。

「浄夜」も昨年2月のシティフィル定期以来。
「オケのプロ奏者と言えど、首席級とテュッティ奏者では
 能力に格段の差がある」という主旨のブログを以前読んで、
それって偏見じゃないのかなと思ってましたが、
小さな会場で1パート1人だと
各人の能力に一切ごまかしは効かないわけで。
いまいち音程の不安定さを感じつつ始まったけれど、
音楽が急速に動き出してから何か噛み合って、
六重奏ならではの味が出ていたような。
広響首席、スタンツェライトのチェロは音量豊かで鮮やかでした。

「フィレンツェの思い出」は、
某アマチュア弦楽合奏団で一度聴いたきりの曲。
その時は、ごちゃついた曲だという印象だったのだけれど、
改めて再聴すると、かなり技巧的な曲だという印象。
ただ、いろんなことをやってる割に、
ナニが言いたいのかいまいちわからない曲でした。
演奏は良かったと思うけれど、最初眠かった!

終演後、新宿へ久々に飲みに。
1軒目でちとハプニングに遭ったあと
2軒目・3軒目で両マスターとじっくり久闊を辞し、楽しいひととき。
ご馳走さんでした。
  1. 2008/11/19(水) 01:11:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東口の椿事

結局のところ土曜も日曜も新宿にはいたのですが
土曜の夕方東口を通っていると、何だか凄い人の数。

the GazettEが新宿街頭ライブで史上最多の7000人動員、2曲で強制終了
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/60114/full/

たくさんの若ぇのがアタマを激しく上下して、ライブ見てました。
これまでの自分の人生に全く関わりのない光景を目につつ、
後で初めてあれが「ヘッドバンギング」というモノと知った夕暮れ。
  1. 2008/11/18(火) 15:01:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日フィル第605回定期演奏会

というわけで、サントリーホールに場所を移し
2日連続でコンサート(^^ゞ。

日フィルは、昨年暮れの第九以来聴いてなかったようで。
もっと行ってるはず、と思ってたんで調べてビックリ。
沼尻竜典指揮で、メシアン《7つの俳諧》とマーラー5番というプログラム。

休憩前に、変わった編成のメシアン。
「トゥーランガリーラ」に慣れている聴き手に
奇異なことは何も起きないものの、
一回聴いた位じゃこれっぽっちも覚えられず
「どんなメロディだったの?一節歌って」と言われても
およそ逆立ちしても覚えられないメシアンらしい音楽(爆)。
印象的だったのは、ピアノソロの永野英樹。
きらびやかで透明な高音。腕は確かと見ました♪
が、ミスタッチしててもぜんぜんわかりましぇん^^;。

さてマーラー5番。
この曲の実演、意外に接しておらず
むかしのA・デイヴィス=BBC響「金返せ」的凡演しか記憶になくて。
同い年の指揮者、沼尻について言うとここ数回、
良く言えばオーソドックス、悪く言うと面白みがいまひとつという印象なんで
失礼ながら、さほど入れ込まず聴きました。

この曲、全体がどんな演奏だろうと
最初のトランペットソロでヤっちゃうと、すべてぶち壊し。
無事クリアして、沼尻は不必要にテンションを上げない音楽づくり。
この日、日フィルの木管は好調。
ハーモニーを気持ちよく作ります。
2楽章の金管によるコラールは気持ちよくキマるし、特筆すべきは
先の音コンで第1位を獲ったホルン首席、福川伸陽のソロ。
起立して演奏した3楽章も含め、ほぼノーミス。
5楽章のアタマ、モットーも素晴らしかった。
イギリス留学の成果か、伸びやかかつ暖かな美しい音。
これだけでも、オケ全体が一段ランクアップした感じになります。

全てがバチっとキマってるとは言いませんし、
例えばベルリン・フィルやシカゴ響が作り出す
凄絶な機能美とはおよそ違う行き方をしている音楽ですが、
沼尻の作り過ぎないつくりが印象に残った晩でした。
  1. 2008/11/16(日) 01:40:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シティフィル 第223回定期演奏会



前の日記で「コバケン=日フィル以来のマーラー9番」
なんて書きましたが、3楽章のヴィオラ・ソロでN響首席
「店村眞積の芸は一味違ったなぁ」と思い出し、
>2月17日、チョン・ミョンフン=N響の好演に接してたのに
シティフィルの演奏中やっと気が付いたYosibeiです。

マーラー9番。
自分にとっても特別な音楽ですが、
実は昨夜、精神的にノリきれず。
というか、9番を聴きとるテンションに全く欠けていました。
昨夜は、沼尻=日フィルがサントリーホールで5番を演ってて
どちらかと言うと、9番より5番の気分。
しかし6月定期で切符を買っていたゆえ、否応なく初台へ。

飯守泰次郎=シティフィルは9月の「トリスタン」以来。
いつものシティフィルより、いくぶんおずおずと音楽が始まり
やわらか目な音楽が紡がれていきました。
力の集中もそれなりにあったとは思うのですが、
聴き手の集中力が散漫で、どうしても高揚せず。
1楽章の場合、バーンスタイン=BPOという
切れば血が吹き出るような凄まじいテンションに満ちた
自分にとっての金字塔があるもので、どうしても点が辛くなります。
おまけに今回は一回券。
春シーズンに座っていた席よりもやや前方(1F-21-20)。
管楽器の直接音が、想定よりも上方に抜けていく割りに
ピッチが完璧には合っていないような気がして。
結果、音楽に集中できませんでした。
2楽章では、趣ある思い切った表情付けなども見られたのに
眠気さえやってくる始末。
いい悪いは別として、コバケンの異常な没入に及ばない
「普通にいい音楽」に聴こえてしまいました。
「それで何が悪い?」と言われると困っちゃうんですがね。

終演後会場は沸いてましたが、
自分に不満を抱いたまま新宿へ飲みに。
たまたま居合わせたプロのプレーヤーの方とお話し。
いろいろと蒙を啓くと共に楽しく酔いつつ、
土曜日の沼尻=日フィルに行く決心がつきました(^^)。
  1. 2008/11/15(土) 12:38:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからマーラー9 番♪



サントリーホールのコバケン=日フィル以来ですかね。
初台で飯守=シティフィル、行ってきます♪
  1. 2008/11/14(金) 18:48:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ふだん何を食べているのか教えてごらん、どんな人だか当ててみせよう」



某所でお上品とコメントをいただいたので
普段食ってるものをネタに。
題名はご存知、ブリア・サヴァランの一節です。
高校生のころ読みましたが、
やたらとペダンティックな本だったのは覚えています。

在京わずか8/44年ですので、ワタシの舌は完全な九州人です。
そばは関東の方が好きですが、ラーメンは
やはり豚骨細麺でないと受け付けません。

新宿の「桂花」くらいしかなかった学生時代と違い、
今は博多系の「一蘭」も「一風堂」もあちこちにありますので
帰省時ラーメンを求めてがっつく、ということはありません。
拙宅の駅の反対側には「一風堂」もありますが、
最近ちょっと値上がったので、その隣「きらら」に行くことが多くなりました。

熊本よりも脂は濃いけど味は薄めな大牟田ラーメンを謳うだけあって、
ここのメイン「白柳」だとワタシにはちと薄く、
ゴマが強烈なオリジナル「黒柳」を食べます。
ランチはこれにライスと餃子3ヶが付いて850円。
本来の九州ラーメンとはチト違うラーメンですが
都内にしてはリーズナブルだし、そこそこ気に入ってます。
昔オトコが居たんで通ってたこともある大牟田、
そういや、だいぶ行ってないなぁ。
  1. 2008/11/13(木) 09:26:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美味礼賛







ちょっと前の話ですが久々の食事ネタで
日曜夜のことを。

この夜、風邪の具合が一気に悪化。
普段は何かとフレンチどころじゃないのですが、
少量でもいいから奮発して
栄養のあるビーフシチューとか食べたくて。
フレンチを捜しつつ新宿をウロウロ。
これが地元なら、直ちに女将♪が高校の同級生んトコ
行きなんですが。

前から気になっていた「セラヴィー ナガノ」は日曜でお休み。
花園神社の方まで歩いて
これまた前から気になっていた「レストラン カナル」に。
メニューにはビーフシチューはないので
「オニオンスープ シェフオリジナル」
「地鶏の赤ワイン煮 祖母のレシピ」。

びっくりしたのはオニオンスープ(写真1)。
これまで食べたことのない、自分の固定観念を打ち崩す
濃厚かつパンチの利いたスープで。一気に暖まりました。
地鶏はほろほろとしてて、赤ワインのソースが濃厚(写真2)。
周りの飾りのローリエを「食えるのか」と聞いて
女将さんに失笑を買ったのは内緒の方向で^^;。
デザートは「白と黒のチョコレートムース」(写真3)。
普通に美味しかったです。
ここ数年東京では、フレンチはとんとご無沙汰でしたが
「たまにはいいな」と思った一夜でありました。
  1. 2008/11/12(水) 12:12:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋の府中

GI切れ目の日曜日。
所用で行けませんでしたが、
名馬オグリキャップの府中帰還と第2回ジョッキーマスターズが
東京競馬場で行われていました。
オグリキャップ、ナマで見たのは
ホーリックスの2着だったジャパンカップの時だけでしたが
本当に見ている者を熱くさせてくれた馬でした。
JRAのHPで見ると、23歳にして素晴らしい馬ッ気(笑)。
http://www.jra.go.jp/arc/result.html
44歳のオッサンも、まだまだ老け込んじゃいけませんね(^_-)。

グリーンチャンネルに加入しておらず録画も出来ませんでしたが
今はある程度ようつべで見ることができて便利です。



ジョッキーマスターズも、いいレース。
公営往年の名騎手、佐々木竹見67歳の騎乗は素晴らしいですね。


  1. 2008/11/10(月) 19:06:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

13歳の誕生日

  

95年11月5日に九州で生まれた
拙宅のヨークシャテリア、好兵衛(よしべえ 牡)は
今日13歳の誕生日を迎えました。

白内障が進行、お散歩も遠くに行きたがらなくなり
肩の筋肉もだいぶ落ちてきましたが、特に病気もなく
ここ東京でのんびりと暮らしています。
老犬の介護はなかなか大変と聞きますが、
穏やかに老境を過ごしてくれることを望むばかりです。
  1. 2008/11/05(水) 18:49:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。