YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

意外な当たり

mahler_300.jpg

「テ・デウム」目当てに出かけたこの演奏会。
オンドレイ・レナルトを、おそらく四半世紀ぶりに聴く。
あの時新宿文化センターで聴いた、彼と新星日響の演奏で
ワタシはモーツァルトの「プラハ」を「発見」したものだった。

【新星合唱団演奏会】
5/31(日)14:00 東京芸術劇場
オンドレイ・レナルト=東京フィルハーモニー交響楽団
吉原圭子(s) 小川明子(a) 児玉和弘(t) 成田眞(br)
●ブルックナー/「テ・デウム」
●マーラー/カンタータ「嘆きの歌」

3月、初めて「テ・デウム」の実演に接したのは
ハンス・マルティン・シュナイト指揮の神奈川フィル
だったけれど、
シュナイトのスローテンポぶりにちょっとビックリしたのとは違い
レナルトはかなりの快速テンポ。
新星合唱団は長いキャリアを誇るだけあって、
神奈川フィル合唱団より音程の心配が要らないのは有り難い。
特別煽ったりはしていないけれど、さりげない入りの指示が
ふわっと音になっているレナルトの指揮の下、
オケは、暖かい音色とハズさないソロできちんとした仕事。
東フィルは4月の定期以来だけれど、そういえば芸劇で聴いた記憶はない。
サントリーやオペラシティで聴く東フィルよりも、何故かいい。

休憩後はマーラー「嘆きの歌」。
この1週間いい加減にシャイー盤で予習したものの
「巨人」や「復活」の断片が頻出する習作という印象しか持てなかった曲が
この実演で、はるかにいい曲だと認識させられた。
下手上方に設えられた字幕が
ライトモティーフぽい音楽の断片をストーリーと結び付けてくれたおかげで、
オラトリオという名から想起させられるものより、
劇音楽的性格をより明確に把握できたような気がする。
そこに、音楽の要所をきちんと可視化し
東フィルから無理なく暖かい音を引き出すレナルトの指揮。
こういうのが、バトンテクニックというものかと思う。
レナルトも66歳、これからの来日は逃さないようにしないと。

こんな意外な当たりもあるんで、
自分の備忘のために無理に言葉を引き出すコンサートも多い中、
コンサート通いを止めてはいけない、と改めて実感。
いいコンサートでした。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 19:02:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日フィル良化(^^) 。

bill.jpeg

時としてアンサンブルの荒れが、
何かと心に引っかかってしまう日フィル。
昨年11月のマーラー5番同月横浜「巨人」以来の定期へ。

【日本フィルハーモニー交響楽団第610回定期演奏会】
5月29日(金)19:00 サントリーH
指揮―沼尻竜典
●マーラー…交響曲第10番第1楽章(全集版)
●R.シュトラウス…アルプス交響曲

「アダージョ」は1月の上岡=読響定期
「アルペン」は07年7月ミューザサマーフェスタの下野=読響以来の実演。
今思い起こしても、上岡の
遅いテンポながら強烈な緊張を漲らせた「アダージョ」は記憶に残る。

初めて沼尻に接した旧新星との実演、
ウォルトン「ベルシャザールの饗宴」が印象鮮烈だっただけに、
最近の彼の、あざといことはせずよく言えば堅実かつ中庸、
自己主張の振れ幅が小さい演奏には、些か欲求不満が募る。
聴いてすぐはいい印象なのに、
時が経つとさほど記憶に残らない若い頃のハイティンクのディスクみたい。
何度も書いているけれど、ワタシは沼尻と同学年。
指揮者としてはまだまだガキの世代。大暴れしてもいいじゃないか!
還暦過ぎて大化けするまで、長くおつき合いするつもりではいるけど。
いや、大化けしてもらわないと困る!

なのに今日も。
それなりに沼尻は指揮台上で前屈みに大暴れしているのに、
テンポもアーティキュレーションも極端なところは何もない
中庸なマーラーやシュトラウスがつくられる。
結果的に印象に残ったのは、
「アルプス」で嵐をやり過ごし下山してからの身の詰まった響きと
コンマス扇谷率いる日フィルの良化。
ホルン首席福川と2番村中のコンビはまず外さない。
何かとヒヤヒヤさせられるトランペットも、今日はほとんど瑕なし。
「アダージョ」でも「アルペン」でも、意外に美しい箇所が。

いい演奏だとは思うし、それはそれで良いことなんだけれど
こういう激辛味付けが可能なプログラムで、
結果的に音楽全体としてはこの薄味…。
実際、終演後気持ちよく新宿に飲みに出て
久々の友人と楽しく酔っ払いタクシー帰宅になったけれど、
近況報告よりも聴いてきた音楽について語る方が重要、
という気にはならなかったのも事実。
良きに付け悪しきにつけ強烈な演奏の晩は、そうなるものなんだけれど。
音楽を聴くことってなかなかに難しい。
  1. 2009/05/30(土) 18:24:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ないっ(-_-;)

49c0aea5c036b847328887_95s.jpg

「マイピクチャ」フォルダなど、もはや収拾のつかない
画像を整理していたときのことです。
昨年買ったばかりのPPGのキャップの画像が出てきました。

そういや、最近被ってねえなぁ。
あれ、どこにあんだ(・・?

帽子掛けにしている場所を見る…。

ないっ(-_-;)。

あ~。わずか1年も保たずに失くした(・・?
いつ失くしたのかも全く思い出せない有り様。
口惜しい。
  1. 2009/05/22(金) 14:55:11|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加齢と今後のコンサート

1173307768_225.jpg

ものすごく顔がアブラっぽくなってくるわ、
思わぬところに白いものが生えてくるわで
最近、寄る年波を実感している今日この頃であります。
ま、今年45歳だし、
同級生には高校入学の子がいたりする年頃なわけで^^;。
そのうち、膝が痛いとか言い出すんでしょうか(-_-;)。
もう、ハーパンなんか履くトシではないのかも。
おお怖わ。

5月は2日・9日・10日とアマオケ、16日にオムニバスを聴きましたが
24日のアマチュア合奏団の後は
28日の日フィル定期、マーラー「アダージョ」+「アルプス」、
31日のオケ付合唱団「嘆きの歌」「テ・デウム」のチケットを確保しました。
最近、ヒヤヒヤしながら当日券を買うより
予め椅子を確保しておくほうが安心なもので。

来月、20年ぶりに小海外旅行に出ることになりました。
ちょっとドキドキ。

写真は脈略なく、カンガルーみたいになっちゃってるお犬。
  1. 2009/05/21(木) 02:49:07|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白服くんとWMAの戴冠式行進曲

普段、ヲタなクラシックのことしか書かないので
それしか聞かん偏狭なヤツとお思いの方が多いとは思いますが、
実は最近Perfumeもちらほらと聴きます^^;。
「Dream Fighter」「ワンルームディスコ」も運転中にはいいカンジでして。
本物のPVよりも、このPerfumenくん画像の方をよく見ます(^^)。
いやぁ、素人目にも白服くんは巧い。




びっくりさせまして、失礼しましたm(__)m。

さて、チャイコフスキーに「戴冠式行進曲」という曲があります。



昔、CXの競馬中継でGIの本場場入場時に流されまして
誰の曲だかわからなかったのですが、
ようつべのおかげで曲名がわかりました。便利です(^^)♪。
先日の演奏会で「エウゲニ・オネーギン」のワルツを聞いたついで、
行進曲もまともな音質で聴きたいとネットを回りますと、
楽天ダウンロードのWMAファイルでカンゼルの演奏を見つけ
150円でDLしました。
ところが迂闊にもこれ、2分ちょっとの短縮版な上に、
DRM(デジタル著作権処理)の関係でWalkmanに転送できないんですよね(-_-;)。
Windows Media Playerではもちろん聴けますけど。
他にスヴェトラーノフ盤もあるようですが
たかだかこの5分程度の曲のために、CD1枚買うのもちょっと(-_-;)。
何段階かのファイル変換で、何とかなりそうな気もしないではないですけど。
要研究です。
  1. 2009/05/16(土) 03:52:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「不滅」は不滅か?

2009051020103020090510201034

昨日のすみだに続き、今日はミューザへ。
ホールのHPで知ったコンサートですが、
アマオケで「不滅」というのに惹かれて。

【☆陵フィルハーモニー管弦楽団 第44回演奏会】
10(日) 14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:今井治人 ピアノ:安齊千絵
●グリーグ:2つの悲しき旋律 Op.34
●グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 Op.16
●ニールセン:交響曲第4番 Op.29「不滅」

「2つの悲しい旋律」はよく取り上げられる曲ですが、
こういう凝りすぎてない曲を
真に美しく演奏するのはなかなか難しいようです。
高名な協奏曲は実はさほど好きではないのですが
緩徐楽章の美しさはやはり名曲たる所以かと。
開始のパッセージをまずは無難に乗り切った白いドレスのピアニストは、
華美にならないグリーグを好演。
もっと美しい音も出せる曲なのかもしれませんが、
これはこれで好きです。
アンコールは穏やかにブラームス。

「不滅」の実演は3回目?ですが、
ロジェヴェンぽい早いテンポだと
アマオケには厳しいパッセージが頻出します。
2楽章では何やら現代風味^^;さえ醸し出していました。
ある意味、金管とティンパニが咆哮し
気持ちよく終われば良しという面もある曲なのでしょうが、
サラっと流す音楽ではあるまいに、もう少し「タメ」とかを
指揮者に期待したくなってしまいます。

これまで、実演ではいつも
終楽章のティンパニがうるさ過ぎると感じているのですが、
作曲者は音楽全体をかき消すほどの音量を望んでいるのかしら。
それとも、これが「消し難いもの」の正体?
スコアがないので、一度ヤマハででものぞいてみっか。

ところで終演後、何となくチケットセンターが目に入り
「ミューザサマーフェスタ」の券を大量買いしてしまいました^^;。
夏はまたミューザ通いだな。
  1. 2009/05/10(日) 20:08:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽的把握力の問題

20090510195803
向ヶ丘遊園でちょいと用事を済ませてから
すみだでアマオケ「水星交響楽団」定期。

【水星交響楽団第41回定期演奏会】
5月9日(土)18:00 すみだトリフォニーH
指揮―齋藤栄一
●モーツァルト…交響曲第26番
●シューマン…交響曲第2番
●R.シュトラウス…家庭交響曲

縁あって、このオケの定期は3回目かしら。
かなり渋いプログラムで、ちょっとずつ予習はしていたものの
なかなか心に引っかからないプログラムであります^^;。

モーツァルトは初聴。
ここのところ古典はノンヴィブラートの東響で馴染んだだけに
大編成のアマオケではなかなかに難しいと改めて痛感。
シューマンはスウィトナーの演奏で予習していましたが
随所に美しい瞬間はあったものの
「春」や「ライン」、4番に比べて
ここという掴み所がない曲、という印象なのは
ひとえにこちらの音楽的把握能力の問題なのでしょうね。

「家庭交響曲」は連休前の上岡=新日以来。
今年はこの曲の当たり年らしく、
この日同時刻横浜で沼尻=日フィルが演奏。
6月には秋山=読響、10月にもプレヴィン=N響という有り様。
先日の新日はテンポもわからなくなるほどの質実な音絵巻でしたが
当夜、要所はそれなりにまとまった演奏で
最初のtpもそれなりに決まり、疲れずにすみました(^^)。
それにしても、この曲。
もう少し刈り込んであれば、わかりやすい曲になったのかなぁという気も。
聴き手の音楽的把握能力の問題を痛感します(^^ゞ。

アンコールは毎度のことながら、この楽団らしい凝った選曲。
自分の識らない音楽的な花は、まだまだあるものです。
  1. 2009/05/09(土) 23:53:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草食系「オケコン」&ちょいゴージャス「チャイ5」

遠隔地転勤の決まった友人と近場のビュフェ経由で新橋に出たり。
出張で上京した先輩を台場お茶経由で羽田に送ったり。
といった毎日ですが、
今日は馬場のシェーキーズ経由で池袋の芸術劇場でアマオケ。

【シンフォニア・Zブロッカ 第3回演奏会】
指揮…金井俊文
●バルトーク…管弦楽のための協奏曲
●チャイコフスキー…交響曲第5番

チラシ他でチャイコから演奏されるものと思っていたので
最初ClソロじゃなくVcから始まってビックリ。
ハープが舞台にいるところで気付けよ!と自分に毒つきましたが。
こういう、どちらもメインになりうる曲を2つ並べて前後半、
というのはどうもいま一つ苦手です。
「オケコン」は2月20日の神奈川フィル定期
5番は07年8月のサマーミューザのコバケン=日フィル以来でしょうか。

このコンサート、3階センターで前半を
(本当はいけないけど)後半は3階のLブロックで。
「オケコン」が演奏効果の高い曲な割りに、
比較的大人しい音楽に聴こえたもので。
限られた体験の範囲で言うと、
アマオケのコンサートでは、極端な解釈にはまず出会いません。
チャイコの5番は至極まっとうな音楽の運びでしたが
「オケコン」よりも鳴っていたような気がするのは、
席か、それとも音楽自体の仕業?

シェーキーズで満腹、意識も途切れがちなコンサートでしたが
若いメンバーも多いようなので、
この団体、まだまだ伸びしろはあると思います。

アンコールは「エウゲニ・オネーギン」からワルツ。
  1. 2009/05/02(土) 19:15:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。