YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若杉弘追悼番組とカラヤンの三角錐と

今週末は空模様もあって何となく行動範囲が狭い土日。
N響アワーの若杉追悼番組を見終わりました。

06年9月8日のマーラー9番の演奏は、
当時の某SNSつながりの日記ですぐ話題になりました。
素人目にもはっきりわかるアンサンブル崩壊を来たしたからで
今日録画を見る限り、確かにその通りです。
それに対し、翌日聴いたマイミクさんはまぁまぁだったということでした。
当時楽員がブログで若杉の責任に言及したとかで、
強く印象に残っています。
こういう演奏をハイヴィジョン収録されて追悼番組に流されるとは…。
当然翌日も収録されて傷は隠されたものと思っていたのですが。
もう少しN響は、正指揮者を丁重に扱ってもいいのでは。

そうこうしているうちNHK-BSでは、
カラヤンのベートーヴェン全集で7番をやっています。
カラヤンの指揮姿を徹頭徹尾フィーチャーし
ベルリン・フィルを三角錐のセットに乗せて演奏させるという
ユニテルの悪名高き例のヤツです。
音楽はもちろん傷とは無縁の作りこみで
今聴いてもいい演奏だと思いますが、時代というか何と言うか。
何で誰もこんな企画を止めなかったんだろう?と思うと同時に
スタジオで実際はどんな音がしていたのかと不思議に思ってしまいます。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/03(月) 02:20:19|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。