YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初台のハンガリー式拍手

091127.jpg

まだ東京在住通算8年にしかならないもので、
好きな曲でも実演を聴いたことのない曲はまだまだあって、
コダーイ「ミサ・ブレヴィス」もそういう曲のひとつ。
前日からのいまいちな体調の中、
バルトークのピアコン3番と「ミサ・ブレヴィス」を目当てに
初台に出かけました。

【ハンガリー・ソルノク市立交響楽団】
11月27日(金)19:00 東京オペラシティ・コンサートH
指揮―井正浩 干野宜大p
清水理恵S ボコル・ユッタA ムック・ヨージェフT イェクル・ラースローBs
バルトーク・ベーラ室内合唱団
ソルノク・コダーイフェスティヴァル合唱団 ハンガリー・フェスティヴァル合唱団
●バルトーク…ハンガリーの風景/ピアノ協奏曲第3番
●チェミツキ…アヴェ・マリア
●コダーイ…ミサ・ブレヴィス
3FL1-66

何ら予備知識がないのでWikiで調べたところ、
ソルノク市はブダペストよりも東にある人口7万5千の古都。
指揮の井正浩は98年からハンガリーでポストを獲得、
ソルノクには07年からGMDとして赴任している由。
この人の指揮そのものは、8月初台でフライハイトとのブル7を聴きました。

初聴の「ハンガリーの風景」は第4曲が面白かった。
バルトークのコンチェルトは、
遅めのテンポでリリックに歌おうとする解釈。
1楽章など、昔のバレンボイム盤をちと思い出しましたが、
干野のごく小さなミスタッチと
結構テンポを動かす井の指揮でオケの創る
縦の線の不統一が存外に目立ってしまいます。
2楽章は美しく鳥の声を模したパッセージが弾かれ
3楽章になると、ぐっと双方息があった感じがしましたが、
3階のバルコニー席という直接舞台が見渡せずいまいち残響過多な席、
それにいまいちな体調も合わさって、何となく散漫な印象。

しかし全体に言えることですが、おそらく12型の弦ながら
中低域の豊かさはそれでもやはり中欧のオケ。
アンサンブルの精度とか、この際ヤボなことは抜きで楽しむべきでしょうね。

休憩後、アカペラで「アヴェ・マリア」が歌われた後
続けて「ミサ・ブレヴィス」。
音が鳴り始めて思い出すという体たらくですが、この曲
オルガン伴奏のものに慣れ親しんでいるので、
オケの派手な伴奏には少々戸惑ってしまいました。
合唱もこれより精度の高い団体は日本にもあるでしょうが
ふくよかな響きは十分に楽しめました。
ソリストは正直、代役の清水が一番きちんとした歌唱で良かった(^^)。

在京オケの客層とはちと違う雰囲気がしていましたが、
「ミサ・ブレヴィス」終演後、ブラヴォー出る中
会場全体で拍子を合わせる「ハンガリー式拍手」を
明らかに期待する向きがいるのがわかり、成功するとちょいと笑いました。
本場はアレに、足踏みも入るはずなんだけどな(^^♪。

アンコールはブラームスのハンガリー舞曲が2曲。
2曲とも合唱付き!こういうのもアリかぁ(^_-)-☆。
ま、ヘロヘロの体調ながら、損はしなかった感じのコンサートでした。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/27(金) 23:26:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すみだでタコ

lsq091122.jpg

寒空曇天の最中、9月楽友協会以来のすみだへ。

【ル・スコアール管弦楽団第27回演奏会】
11/22 (日) 14:00 すみだトリフォニーH
指揮:田部井剛
●ニールセン…ヘリオス序曲
●シベリウス…交響曲第4番
●ショスタコーヴィチ…交響曲第12番「1917年」

昨年12月、ウォルトンの1番からこの団を聴いて今回3回目。
ご招待メールを頂いてすみだに出向いたものの、
3曲とも知らないというのもどうかと思い、12番をここ2週間ほど予習。
今年初めの10番でタコに再開眼しつつあるワタシ、
いい曲だなあと感じました。

ニールセンは、序曲の伝統的手法で書かれている作品。
「不滅」で慣れているので、
Vc・Cbの基音から展開し始める曲に違和感なく入っていけました。
どちらかというと、お好きな方には怒られそうだけれど
シベリウス4番のあまりの晦渋さに戸惑い、少々夢心地。

休憩後の12番。
H-D-Cis-E-Hのモットーが激越な力で全曲を支配するさまを
疵がゼロとまでは言わないものの、ルスコは見事に展開。
2楽章、Cl・Fg・Tbのソロがまた、いい味を出して。
終楽章も、ややドライな音のすみだの空間を
激越な音響で十分に満たし思わずブラヴォー。

一昨日聴いた今のロジェヴェンならどうかとか
先日次の演奏会案内が来たダスビならどうかとか、
興味は尽きないところではありますが
ま、焦らずぼちぼちとタコを漁っていきたいと思います。
  1. 2009/11/22(日) 20:45:21|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肩の凝らない巨匠芸

006-gennady.jpg

遅刻寸前、あたふたと駆け込んだ芸術劇場の席は、初めての位置。
この規模のオケ(16型?)を前に、手すりはあっても指揮台はなし。
あれ?このホール、こんな音だったっけ?

【読売日本交響楽団第166回東京芸術劇場名曲シリーズ】
11月20日(金)19:00東京芸術劇場
指揮―ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
●チャイコフスキー…交響的バラード《地方長官》
 幻想序曲《テンペスト》/組曲第1番/戴冠式祝典行進曲
2J-28

守備範囲外で、名前も初めて聞くような曲ばかり。
知ってる曲は「戴冠式行進曲」のみ。
それでもこのコンサートに来たのは、ロジェストヴェンスキーに尽きます。
もはやこの世代の指揮者、聴ける時に聴いておかないと
いつの間にかいなくなってしまいます(涙)。

初めて見たロジェヴェンの棒はミニマリズムと対極の
一見大雑把、しかし要所を締める巨匠芸。
趣味のよい低弦のバランスが心地よく、これが最初の驚きの理由です。
そのおかげか、前半の「テンペスト」では一瞬夢の世界に^^;。

休憩後の組曲第1番が、知らない作品ながら
チャイコの耳慣れた語法で楽しめました。
ちょいと意表を衝かれたコンチェルトグロッソばりの第1曲、
Va以下の低弦も金管も一切使わない「くるみ割り」的佳品の第3曲。
第6曲(終曲)はデイヴィッド・ノーラン率いる読響の弦の
ピツィカートで優美に始まるのだけれど
これ自体は4番の交響曲で慣れたチャイコの手口。
お目当ての戴冠式行進曲は
たっぷりと重心低くオケを鳴らし、実に気持ちいい。
意外なHrの強奏に巨匠の悪戯っ気が顕れて、こっちも楽しくなる♪

これまでずっと、ロジェストヴェンスキーは
ショスタコとかテンション高い強烈爆演指揮者だと思っていたのだけれど、
こういう肩の凝らない巨匠芸で
「スラブ行進曲」とか「イタリア奇想曲」とかも聴いてみたかった気がする。
ふと、大学1年のとき高田馬場の先輩の部屋で
飲み会後でヘロヘロだというのに
クナの「ヴィーンの休日」なる「命を懸けた遊び」のレコードを
無理やり聴かされたのを思い出したりもいたしました(*^_^*)。
もちろんそれは、青春の楽しい思い出のひとこまです(^_^)v。
  1. 2009/11/20(金) 23:25:43|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疑いもなくいい演奏。でも…

NJP091118.jpg

演奏者全員が席に就きアルミンクを待つだけとなった瞬間、
一生忘れないあの晩がふとアタマをよぎりました。

サントリーホール開場の1986年、大学3年だったワタシ。
故ルチア・ポップ、ペーター・ザイフェルト、ベルント・ヴァイクルを迎え
故若杉=都響がこの曲をこの場で演奏した晩。
演奏の細部はもちろん、もはやどこに座ったかさえ覚えていませんが、
初日を聴いて感激した後輩が2日目の終演後出待ちしてくれてて、
普段は大嫌いだったヤツを思わず抱擁しつつ
「生きててよかった」と吼えたのを覚えています。

【新日本フィルハーモニー交響楽団第455回定期演奏会】
11月18日(水)19:15 サントリーH
指揮:クリスティアン・アルミンク
マヌエラ・ウール・宮平真希子・安井陽子(s)
アレクサンドラ・ペーターザマー・清水華澄(a)
ジョン・ヴィラーズ(t)ユルゲン・リン(br)ロベルト・ホルツァー(bs)
栗友会合唱団・武蔵野音楽大学室内合唱団・東京少年少女合唱隊
● マーラー…交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』
1F16-29

永い時を経た中年のおっさんは、もちろん22歳の自分と違います。
まして今日は個人的に結構回数を聞いていて、
「感心はしても感動はできない」というタイプの正直困った指揮者。
オルガンの和音とともに「来たれ」と曲が始まった瞬間
音が溶け合わずバラバラに耳に飛び込んできて、
「ガラになくS席なんか奮発して失敗した」と一瞬勘違い。

この曲、もちろん音楽的頂点は間違いなく第2部にあり
昨今の演奏もそれをきちんとふまえたものが大半。
しかし、大地が鳴動するが如き超ど級のショルティ盤から入った聴き手に
昨今の第1部をアッサリやる傾向はあまり好きではなくて。
アルミンクは予想通り、
見通しよく趣味良く音楽を構築していきます。
疑いもなくいい演奏。でも、だから感動するかというと個人的には。
腰高な新日の音がなおさらそういう感じを強めてしまい、
この時点で自分的には不完全燃焼決定。

まさにその裏返しで、第2部は随所で美しい瞬間が。
特に最初の山上の表現やマンドリンの支えが出色。崔さんのVnソロも好調。
演奏後満場大喝采。ブラヴォーもそれなりに。
独唱陣についても好き嫌いははっきり出ましたが、
「結局趣味が合わない」この一言に尽きるのかな。
こういう晩はついつい「飲まにゃやっとられん」ことになります^^;。
  1. 2009/11/18(水) 23:55:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Let'sくんが帰ってきた!

CF-W2DW6AXR_6964.jpg 20091114215517.jpg

狭い拙宅には、都合3台のPCがあり,ます。

デスクトップはWin2Kのままで容量不足、
最近手に入れたネットブックはやはり画面が小さく
普段使いにちと苦労ということで、
5年使っているLet'sNoteは大事なマシンなんですが、
先日帰省の折、新宿から撤退したベ電器にドック入りさせていました。
もはやCPUもHDD容量も時代遅れのスペックながら、
XPでおよその作業に特段不満もないもので
買い換えるには至らず修理し、今日帰ってきました。

メモリの異常と少々の部品交換で帰ってきたLet'sくん、
やはり永年連れ添っただけあって快適です。
ブラウズだけならiPhoneという選択肢も増えましたが
デスクトップのWin7リプレースまで、もう少し頑張って貰うことにします。

写真は週末行った、なかなかお得なラゾーナ川崎のビュフェ。
  1. 2009/11/16(月) 11:55:36|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終演後、楽員に笑顔あふれるブルックナー

s1113.jpg

何となく消化不良だったコンサートの次の日は、
何一つ戸惑うところはないブルックナーの5番。
この13日の金曜日、在京オケは3つ重なり
オペラシティはちょいと寂しい入り。
この指揮者の実演を聴くのは確か3回目。
持ってるコルンゴルトのディスクからも、
手堅いという以上の印象はなかったです。

【東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第233回定期演奏会】
11月13日(金)19:00 東京オペラシティ・コンサートH
指揮―ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト
●ブルックナー…交響曲第5番(ノヴァーク版)

ところが、ところが。
何となくざわついたオペラシティの大ホールで、
バトンを使わないアルベルトが引き出した
最初のコントラバスのピツィカートは、
整然としていながらシティフィルらしからぬ馥郁とした響き♪
まずびっくり。身を乗り出しました。
松野率いる1stVnが、5プルト表まで全弓で弾ききっているのが印象的。
小さく整えるのではなく、多少の向こう傷は問わないという感じ。
おそらく14型だったと思われる弦セクションは
ボウイングの選択がうまいのか、ホントに良く鳴っていました。
この曲は後期の3曲と違って、
ヘンにタメたり極端な表情付けをしたりしないで
素直に演るだけで自然に音の伽藍ができる曲だと思うんですが、
アルベルトの演奏の造りは、80年代前半、
ケルン時代のヴァント盤を思い出してもらえばいいかと。

二楽章のオーボエソロで事故があったり、
毎度の金管の疵はあったりしたものの(でもいつもより少ない)、
弱音のハーモニーにも神経の行き届いた演奏。
終演後、少ない聴衆ながらブラヴォーが出ていたのは納得。
笑顔あふれるオケから指揮者への拍手も(特に金管セクション)、
儀礼的な感じは皆無でした(^_^)v。

終演後新宿へ。激しく痛飲。
来週はコンサートが続きますが、ちょっと酒は控えようと思います^^;。
  1. 2009/11/14(土) 14:59:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素養がない、ということ

takedamasao.jpg

歌曲リサイタル。

基本オケ聴きのワタシ、普段なら
タダ券をもらっても行かないジャンルです。
おまけに常日頃
たいていの日本人歌手が歌う西欧語の歌は
子音が明確でなくナニ歌ってるか判り難い、と思っているので、
ますます足が向きません。
先日「風の和」でシャンソン歌手の歌について書いたように
それはやたらと強調されれば良いというものでもなく、
ブログで常日頃しつっこく
「音楽の流れに乗せた自然なディクション」
について書いているご本人の演奏というのでなければ、
まず行かなかっただろうコンサート。
銀座・王子ホール、ここも初訪問です。
寒いし場所も銀座だしと、
久しぶりにタイを締めてコンサートに行ったんですが
ここ3年の腹回りの大膨張には我ながら愕然^^;。
文字通り腹肉を無理やり押し込んで、
やっとこさグレーフランネルを穿きました。

【武田正雄テノール独唱会~フランスの光と影~】
11月12日(木) 19:00 王子H
永野英樹p
●リュリ…歌劇《アマディス》より「深い森よ」
●モーツァルト…孤独で深い森の中で
●グノー…「ヴェネツィア」「これが君なしの僕」「「おいで、芝生は緑だから」
●フランク…夜想曲
●ショーソン…「イタリアのセレナード」「蜂雀」(休憩)
●デュパルク…「悲しい歌」「旅への誘い」「フィレンツェのセレナード」「フィディレ」
●フォーレ…ヴェルレーヌの詩による5つの歌

フランス語の歌で統一されていますし、
日本語で無理やり当てはめるとサ行の音と
「ジャジジュジェジョ」が美しく響く歌いまわしを
勝手に期待して行ったんですが、最初のリュリから肩透かし。
聴いたことのない音楽ばかりを必死に聴き取ろうとする中、
グノー「これが君なしの僕」は、音楽に素直に聴き入りました。
ショーソン「蜂雀」はゲネラルパウゼが劇的緊張を醸し、感心。
フォーレの第1曲「マンドリン」も気に入りました。
アンコールはグノー「セレナード」とフランク「天使のパン」。

が、こういうジャンルの音楽を楽しむ素養が
自分には決定的に欠けていると思いつつ、新宿に廻って痛飲3軒。
特に最後のY店では、小難しくクダ巻き。
ご迷惑をかけましたm(__)m>関係各位。
  1. 2009/11/13(金) 13:15:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上品であるということ

またまた犬ネタからスタートです。

先ほど近所で犬の散歩をしていますと
70代と思しき上品な老婦人から話しかけられました。
自分も3匹飼っていること、
ベッドを占領されて掘り炬燵で寝ることもあること、
先日TVでやっていたドイツの24歳の犬の話など、
あちこち話は飛びましたがわずかの時ながら
金の力で急いで作りたてたものとは違う、
にじみ出る上品さに触れて心が和みました。

現実にワタシをご存知の方はご理解いただけると思いますが、
一応九州男児の端くれであるにもかかわらず
初対面でワタシを「火の国」の出と言い当てるヒトは滅多にいません。
ま、方言は意図的に消してますし。
(方言でしゃべるとアガるという向きもおられますが、
 あれは相手も方言でないと会話にならないのです)
方言でも、美しいそれとそうでないものというのは厳然としてありまして、
たまに帰省時のお安いファミレスで若いのが喋っているのを聞いて
その汚さ、粗野さに愕然とすることも少なくありません。

マザータングではないわけなんで当然ではありますが
自分は山の手言葉も下町言葉もからきしダメ、
辛うじて標準語らしきものを喋っている有り様。
こんなことを書いてること自体がスノッブ根性丸出しですが、
きちんと謙譲語丁寧語を使い分ける方には、うるうるします。
気持ちのいい職人言葉ってのも、憧れるものはありますけどね。

今晩はフランス歌曲の夕べ、という似つかわしくないやつに行って
少しお上品なかほりでも嗅いでこようかと思っています。
  1. 2009/11/12(木) 11:05:02|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トイプーのほふく前進

20091111012607

犬の飼い主って種族は
赤ちゃんを授かった親と同様、
何だかんだ言いながら自分の犬が一番可愛いもので
ま、ワタシもその一人です。

今日2匹連れて午前中の散歩をしていると、
5匹もトイプードルを連れた30代前半と思しき女性がいまして。
うちの2匹を見て、何匹かはこちらに近寄りたそうな風情。
携帯で電話中の飼い主が向こうに引っ張っていく中、
1匹はこちらを見てほふく前進してきます。
これが可愛くて可愛くて♪
久々に他人の犬を本気で可愛いと思いました(^^)v。
お話中でなかったら絶対話しかけたのになぁ。
ようつべで探してみましたが
アレに匹敵する可愛い動画は見当たりませんでした。
各自適宜捜してください。

夜は知人と新宿で食事、その後軽く一献。
さっさと帰ってきました。
明日は雨の予報ですが、あのトイプーまた見たいなぁ。

写真は最寄り駅近所の中華、500円の麻婆豆腐定食。
この手の甘辛系麻婆は好みです。
  1. 2009/11/10(火) 23:42:42|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhoneに大苦戦中

何しろApple製品を使うのはほぼ15年ぶり。
ソ●ータイマーをも物ともせずiPodも使わずにきたため、
他人のiPodに曲を入れるためにインストした
iTunesの概念がよくわかっていません(*_*)。
「とうとうオレも機械オンチのオッサンになってしまった」と
最初相当に落ち込みました。

昨日近所のSoftbankショップでは
「機械が壊れてて移行できませんでした」というので
隣駅のショップに行くとさんざん待たされた挙句
「MNPでないから仕様上移行はできない」と言われ
友人Aには「そんなハズはない!僕はできた」
とナンだかあちこちで小突き回された感満載です^^;。
結局ネットで調べまわっていますが、
五体満足にDocomo携帯からiPhoneへ電話帳をコピーするのは
相当に皆さん苦労しているようで。
3種類以上の手段を試していますが今のところ
DocomoでVCFファイルを作ってGMail添付、というのが一番マシです。

ま、とにかく頑張ります!
  1. 2009/11/06(金) 16:36:38|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほ、欲しかったんだよぉ。

iPhone 3GS 16GB買いました。
ここ1年、ほ、欲しかったんだよぉ。

携帯を2台も持つ必要は全然ないんですけど。
自宅のwifiは繋がりました。
明日以降、がんばって設定します(*^^)v。
iPhone使いの方、仲良くしてくださいm(__)m。
  1. 2009/11/03(火) 18:54:28|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。