YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミスターSの確信的ヘンタイ演奏

鈴木淳史という人の文章はそこそこ面白くて
(2ちゃんについての本もあったりする)
クラシックに関するものはほとんど読んでいるのだけれど、
よく出てくるキーワードに「ヘンタイ演奏」というのがある。
ステレオ初期、ミネソタ管とのディスクで令名を馳せた
読響常任ミスターSも87歳。
実演に接する機会はヘタすりゃ一期一会。
早めにチケットを押さえてオペラシティ特別演奏会へ。

【読売日本交響楽団 特別演奏会】
3月 25日(木)19:00 東京オペラシティ・コンサートH 
指揮―スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
●ブルックナー…交響曲第8番 
1F27-9

スクロヴァチェフスキーのブルックナーは
今や巨匠芸ということになっているらしいけれど、
ザールブリュッケンとのディスクで識る限り、
楽器間のバランスやらテンポやら細かくいじり倒す「ヘンタイ」系。
インテンポでとうとうと流れを作る巨匠芸とは違う音楽だという気がしていた。

この日初めて接した実演で、
全般的に早めのテンポで通り過ぎるものの
2楽章でティンパニが抑えられた後クレッシェンドがかけられたり、
意外な箇所で低弦が強奏されたり、
やはり随所に細かく表情をいじり倒したもの。
ミネソタにしてもザールブリュッケンにしても
その国の超一流団体でないところで、
オーケストラビルダーとしての腕を発揮してきたミスターS。
読響も必死で最後の逢瀬を愉しむが如き風情。
巧いなあと思うところは多々あれど、やはり相当な確信的ヘンタイ演奏。
ある意味「枯れない87歳」には恐れ入りました。

団塊世代と思しき隣の男性が妙に酒臭く、
ゴアテックスと思しきブルゾンを着たままガサゴソ。
1楽章途中からイライラ。
87歳の指揮者が矍鑠と立ったままダイナミックな指揮ぶりなのに、
じっとしておれないのかね、全く。
終演後、満堂大ブラヴォーだったけれど、
そんなわけで当方少々集中力を欠いた演奏会となりました。
最近、こんなの多いなぁ(涙)。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。