YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

想定外!都響定期♪

3345_p_1.jpg

9月に入っても旅行に行ったり雑事で忙しく、
個人的な秋の楽季開幕は9月の都響定期となった次第。

【東京都交響楽団第702回定期演奏会 Bシリーズ】
9/24(金)19:00サントリーH
指揮…アレクサンドル・ドミトリエフ セルゲイ・ハチャトゥリアンvn
●シチェドリン…管弦楽のための協奏曲第1番「お茶目なチャストゥーシュカ」
●ハチャトゥリャン…ヴァイオリン協奏曲ニ短調
●ショスタコーヴィチ…交響曲第1番

タコ1はともかく他の2曲は全く知らないので、
ハチャトゥリアンの協奏曲をようつべで一夜漬け。
最初のシチェドリン、cbのpizzの上にメロディが乗ってたりして
ジャズっぽい曲かと思いきや、
vaが譜面台を叩く、1stvnや2ndvnの最後尾奏者が起立してソロを弾く、
hrが手拍子を入れる?など特殊奏法で目が離せない(視覚的に)曲。
思わず「ナンじゃこりゃ?」と演奏後つぶやいてしまった。

この夜の白眉は、セルゲイ・ハチャトゥリアン(vn)。
一夜漬けしてもさほど興味を惹かれない曲は相当数あるけれど、
ハチャトゥリアンのこの曲「結構面白いな」とは思った。
ところがところが。
曲のしょっぱなから美しくしかも大きな音。惹きつけられた。
目を見張るテクニックと美音が歌ごころにあふれ止めどなく。
特に2楽章のララバイ(とでも個人的に名付けたい)の美しさ。
後でプログラムを見ると、この長身であどけない25歳の青年
20歳でエリザベートの覇者になっていたのか。
彼のチャイコフスキーはどんなだろう?掛け値なしにブラヴォー。
アンコールにコミタス「アプリコット・ツリー」。

メソッドなんか糞食らえ的無造作な棒の
ドミトリエフという指揮者もよく知らなかった。
ソ連を生き抜いた音楽家たちは、どこか芯の強さが違うのか。
タコ1は意外な程リリシズムに溢れ、爆演系と一線を画す好演。
想定外のいい演奏会に当たった♪

終演後、誕生日のお店でヴーヴの白をリクエスト。
美味かった。思うところあってさほど酔えなかったけれど。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 13:55:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20年選手の支配力

20100918.jpg 20100918145204.jpg 20100918144138.jpg 20100918142644.jpg

都響首席の2人が「ドッペル」を演るというコトで、大船へ。
駅に来たのも四半世紀ぶり、外に出たのは初めてじゃないかな。

【かまくらプレミアム・オーケストラシリーズ 金聖響(指揮)東京都交響楽団】
9月18日(土)15:00鎌倉芸術館
菊池洋子p 矢部達哉vn 古川展生vc
●ブラームス…大学祝典序曲
●モーツァルト…ピアノ協奏曲第9番《ジュノム》 
●ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
1F17-27

金聖響はここ数回聴き、ツイットも見て割と好感しています。
最初の「大学祝典」で聴く限り、1500席の鎌倉芸術館は
響くけれど直接音が上に抜けていくタイプのようで、
聞こえてくるやや重心の高い音と金の熱演ぶりのギャップがもどかしい感じ。
「ジュノム」は大好きな曲に関わらず、1楽章途中から爆睡^^;。
古典の協奏曲をただただキレイに弾かれると、
最近こういうコトになりがちです^^;。

眠気覚めて後半の「ドッペル」。
コンマスは四方女史だったのだけれど、改めて都響における
矢部達哉の存在感を見せ付けられた感じ。
先日の定期でも感じたけれど、
彼が就任して20年、動きが激しいタイプではないのに
四方女史がトップにいてもアンサンブルを支配している。
こうなってくると、金聖響は余計なコトはしない方がいいんですよね。
興味深い演奏になりました。
Vcはこのホールよりもう少しドライな会場でないと、少々厳しい。

アンコールはソロの2人がそのまま最後列のプルトに入って、K.334のメヌエット。
さすがに皆後ろを見るわけにも行かず、四方女史が引っぱっておりました♪

ちなみに開演前、お腹に入れとこうと
期待せず入ったシルヴァヌア食堂でキーマカレーのセット(650円)。
これが想定外の美味さで思わずニッコリ(^-^)v。
  1. 2010/09/18(土) 18:28:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、グアムその後。

miller.jpg 20100914124953.jpg ajisen.jpg

【第3日午後~】
午後から、この旅行最初で最後の海へ。(写真1)
沖縄の最盛期よりもキツいと思われる日差しに怖れをなし、
ビーチではパラソルとデッキチェアのセットをレンタル。
SPF27のの効果覿面、ほとんど焼けなかったのはよかったかどうか。
ホテルのビーチハウスのハンバーガー、
やはりデカくてオニオンリングを完食できませんでした^^;。(写真2)

日が暮れて1回$3の「赤いシャトルバス」でPremium Outletsへ。
乗ってるのはほとんど日本人(^_^;)。
隣のCalifornia Martなる地元のスーパーには日本製品もそこそこ。
でも韓国製品がそれを上回る席巻ぶり。
予想通り何も結局買いませんでしたが、
モールの一角にわが故郷の味「味千ラーメン」が!
嫌がる同行Aちゃんを「ネタだから」と無理やり引っ張り、$7.95でラーメン。
ほんなこつ美味かった(^ ^)/~。(写真3)
改めて自分が何者であるかを、グアムで実感した一瞬^^;。

食後バスを途中下車、軽く飲みに。
平日の夜早い時間で閑散、しかも日本人2人はアウェイ感満載(*_*)。
3杯飲んで悄然と外に出ると「赤いシャトルバス」は運行終了。
ガイドブックにタクシーはぼったくりが多いとあったので、ぼちぼち歩いて。
DFSで無事「グアム限定ドコモダケ」をゲット、マックで夜食をテイクアウト。
最後の夜はこれでおしまい。

【最終日】
二人とも時間配分を完全に間違え、ゆっくり目の起床。
しわよせで超バタバタのうちにホテルをチェックアウト(+_+)。
グアム空港では「靴を脱げ」と言われているのがわからず、ちと焦ったり。
保安検査を受けると出国手続きが何もなしで不安になったり。
往路が前後席だったけれど、復路は足元が広い非常口座席にアサイン、
おかげでさほど窮屈ではありませんでしたが
オーディオのジャックはふさがってて聞けないし。
CAに言ったら「お詫びにアルコールはどうですか?」だって。う~む。
隣席白人男性とのアームレスト侵略戦争には敗北、半身で座ってました^^;。
成田34Rに着陸。
降機時にはCaptがお見送りしてくれて、無事帰国。

以下、自分のためのメモ。
・英語が聞き取れない。最悪ATC用語で済まそうとするのはイカン。
 スピードラーニングかぁ(・・?。
・チップの習慣がないので、予想通りアタフタ。
 おまけにサービス料との関係が意味不明。
・SBの「海外パケットし放題」は現地ローミング先のエリアがDoCoMo
 のローミング先より使えない。特に3Gのエリアが狭く、offの方が安定。
 従いiPhoneのGPSも使い倒せない。結局DoCoMoとフリーWifiに頼る
 ことになる。
・撮ってもらった自分の写真に慄然。どうにかせにゃあ(+_+)。
・米ドル普通預金をそのまま使うには、それなりの銀行に口座開設。
・アメリカのタバコにはニコチン・タールの数値表示がない。要下調べ。
・一回日系エアラインで海外に出てみたい。ある意味ストレスなさそう。
  1. 2010/09/17(金) 15:43:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元飛行機ヲタ、45歳の恍惚

N80238.jpg tondekita.jpg approach.jpg

今回の旅行、自分にとっての最重要イベントは、
《同乗者無料 「あなたもパイロット!」セスナ体験操縦》
でありました。

鉄の方と同様、飛行機ヲタにもいろんなジャンルがあって
どの分野も一応かじってはいますが、
自分が変わらず一番興味があるのは、
コクピットでのオペレーションでしょうか。
一つのフライトに関わる「航空管制」「操縦そのもの」「諸規定」etc…。
ネット黎明期の頃、HP繋がりでプロや好事家と交流を持つことで
マイクロソフトのフライトシミュレータ(MSFS)にも大いに馴染みました。
ただ、基礎のセスナにすぐ飽きて旅客機を操縦してしまうため
着陸そのものは恐ろしく下手糞でしたが^^;。
MSFSが常に最先端のスペックを要求することから、
PCに詳しくなるという副産物も。

国内でも、セスナ遊覧飛行に同乗すること自体は、お金を払えばできます。
しかしグアムで体験操縦のツアーがあると聞いたとき、
久しく忘れていた飛行機ヲタの血がたぎったのでした。
アキバでMSFSの最新バージョンを購入。
そこらへんに転がっていたPC用操縦桿を久々にセット
グアム空港で15回ほど離着陸して旅行に臨みました。
当日朝から緊張で顔がこわばります。
迎えのクルマに乗り、ターミナルとは反対のジェネアビ地区へ。
日本語達者な若い白人パイロットが右席、同行Aちゃんが後ろでビデオ撮影。

「ハイ、引いてください」の声で操縦桿を引くと、セスナ172はあっけなく離陸。
正直、雄叫びでもあげたい気分でしたが、実際はそれどころじゃない^^;。
離陸後ターミナルを眼下に見ながら左旋回して上昇するも
「右」「左」位しか言ってくれないので、
高度・方位・速度、ターゲットが全く分からず。
3,000ft・240度・100ktがどうやらそれらしい、と気付いてからは
時折風にあおられて修正に追われたものの安定して飛べました(^_^)v。

「では旋回してみましょう、先にやります」と言われ
いきなり45度?バンクに入れられた時は「うっ」と腹にGがかかり
後席ではAちゃん、悲鳴をあげていたようです。
次に自分でやるときには、快適性を考えせいぜい35度位が関の山。
レフトターン・ライトターン各1回360度旋回をやって
降下を指示され、気が付くとベースレグ。
PAPIを必死に見ながらグアムの滑走路6Rに着陸、
「終わりかな?」と思っていたらスロットルが押され「引いて」だって。
タッチアンドゴーでした。場周経路をもう1回周って着陸。

降機して感想を聞かれ、思わず
「アップウォッシュがキツい」というのが第一声でしたが、
PCのシミュレータと違い舵の動きが体感できるので
それほど難しさは感じませんでした。
もちろん、横風がほとんどなく40度から10ノットという最高のコンディションと
ラダー操作・スロットル操作なしという条件あったればこそですが。
PGUM 140054Z 04010KT 10SM FEW023 29/24 A2990 RMK AO2 SLP116 T02940239

嬉しかった。
これだけのために、またグアムに来てもいい。
40代も後半になろうかというオッサンが、
これだけ感動できたのは本当に有難いと思うし
まだまだ人生捨てたもんじゃない、と思ったりもします。
ちと小っ恥ずかしいけど(^^)。
  1. 2010/09/14(火) 22:41:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電脳コンビのグアム夜の惨劇

20100913125607.jpg dekai.jpg kuttaa.jpg

同行Aちゃんも自分もiPhoneとDoCoMoの2台持ち
なおかつノートPC持参という典型的電脳コンビでして、
SBの海外のパケットし放題もあるし正直
iPhoneがあれば地図・ガイドブック要らずと思っていましたが
世の中そう甘くはありませんでした(*_*;。
指定キャリアがとにかくつながらない!
部屋のWifiもかなり心許なく
2人でPC持って電波を求め部屋の中をウロウロする始末(*_*)。
結局昨年の台北に続き、imodeにおんぶにだっこです。

前夜遅くまで話し込み、ややゆっくり目の行動スタート。
Hertzでカムリを借り、グアム南部へ。
いくつかの名所をめざし最初運転してもらいましたが、案内板は皆無。
ウザい位看板があふれる日本の観光地に慣れ過ぎているせいで、
いくつもの景勝地を通り過ごす失態^^;。
日本軍の戦跡を除くと最初の景勝地は"Bear's Rock"。
これとて相当注意していないと見落としたはず。

次は絶対行きたかった"Talofofo falls"。
$20払って入園しましたが、ここで正直頭をよぎった言葉は
「日本3大ガッカリ」でした^^;。
「SG気味なタロフォフォの滝(^^;)。あ、SG=スーパーガッカリです。 」
と思わずツイート(写真1)。
自分の世代はリアルタイムで横井少尉の帰国を覚えていますが
"Yokoi Cave"とて平成生まれにはどう見えたことか。

Andersen AFBの外周に迷い込んだりしながら
北上して”Two lovers point"。
由来はともかく、ここも万座毛を思わせる景観でありました。
そこから"Micronesian Mall"。
A&Fの直営店がないのは予め調べてましたが、やはり…。
"Acanta Mall"のお店でTシャツほかゲット。
モールやDFSは用のないブランドものがほとんど
カジュアルもサーフもの中心で、まもなく40代後半の自分には関係なし!

時間を少し過ぎてクルマを返し、部屋でまた「通信環境共同調査(笑)」の後
外に出て夕食。
あちこち周って探した割に、結局ホテルそばのレストラン。
BBQソースのリブステーキを頼んだのですが、ここで惨劇!
思ったものの3倍はあろうかというデカさ(写真2)。
ええ、2人で泣きながら食べましたよ(-_-)。
必死で完食して溜息をついていたら(写真3)、
「ふつうの日本人はほとんど残すけど、よくやった!」と
ウェイターくんが褒めてくれました^^;。

第3日に続く
  1. 2010/09/13(月) 23:47:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CO7でPGUM

CO7.jpg CO7chicken.jpg 1211.jpg

長年の飲み友達、Aちゃんと初めてグアムにやってきました。
海外は学生時代のヨーロッパ、昨年の台北に続きわずか3回目です。
米系キャリアに乗るのも初めて。
コンチネンタル航空の737-824(写真1)は満席、
国内でスカイネットやスカイマークに乗る程度なら苦になりませんが、
やはりミールサービスのある便ではB737-800はちとキツいですね。
以前のCEOゴードン・ベスーンの著書を読んで
COには好感を持っていたのですが
やはりこれは観光バスと思わなければいけないのかも^^;。
実際、機内は日本人の若いカップルでいっぱいで、
すんごく太ったオバサンCAは、何も聞かず
女の子にパスタの機内食を押し付けたりしてましたし。
自分のチキンは予想よりは美味しくいただけました(写真2)。

かなり強いスコールの中PGUMのRWY6RにLDG。
NRTでもGUMでもイミグレで相当待たされ、ホテルに21時過ぎの到着。
諸事情でこだわったので、ものすごく久々に
きちんとした部屋に泊まれて思わず興奮(^O^)/(写真3)。
さっそくホテルの周りでメシをと思いましたが、遅いのでT.G.I.Friday。
(こんなもんホテルパシフィックにもあるじゃん、などと言ってはいけません^^;)
まずは一献。

(以下つづく)
  1. 2010/09/12(日) 22:45:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真と違うっ(^^)。

kitahara_yukio.jpg img010.jpg

YouTubeでショスタコの音源を探している時に
N響との11番でお目にかかった指揮者、北原幸男。
宮内庁式部職楽部常任指揮者にして武蔵野の教授、
一度聞いてみたいと思っていたけれど在京オケでは名を見ず、初台へ。

【武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会】
9月9日(木)19:00 東京オペラシティ・コンサートH
武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会 
指揮―北原幸男 野上剛p
●ベルリオーズ…序曲《ローマの謝肉祭》
ショパン…ピアノ協奏曲第1番
●ベルリオーズ…幻想交響曲
2F-R1-14

当日券はほとんど空いておらず、舞台上手上方のこの席は初めて。
まず、舞台に現れた指揮者に驚愕。
やや茶髪にメタルフレームのメガネ、
上の写真の実直そうな雰囲気と違う、歌舞伎役者風優男はまるで別人^^;。
まぁそりゃ、オトコも10年も経てば顔は変わりますがねぇ。
個人的には外部向け写真と実物が違う指揮者の一番は
飯守泰次郎だと思うけれど、いやはや北原教授もなかなか(^^)。

このプログラム、7月23日の東フィル定期とショパンが違うだけ。
席の関係で低弦以外は全部間近に見え、生音はジャンジャン耳に入ってくる。
音楽には何の関係もないけれど、tpは4人全員女性!

「ローマの謝肉祭」から、とにかくケレンのない棒。
先日アジア・ユースをこのホールで聴いたばかり、
否応なく学生オケでも響きが和風なのに気が付く。
どこか小澤=ボストンの旧盤を思い出す、いかにも日本人的?「幻想」。
安心して聴ける。
アンコールは「ラコッツィ行進曲」。
肩肘張らずに楽しみました♪

さて、次の日記は音楽に関係なく参ります。お楽しみに!
  1. 2010/09/10(金) 18:07:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。