YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「組み合わせの妙」の真逆。

3348_p.jpg

好きな曲のコンサートが続く10月後半。
しかしながらこのコンサート、そもそも。

10月25日(月)19:00 サントリーH
東京都交響楽団第705回定期演奏会Bシリーズ
指揮―ベルンハルト・クレー ボリス・アンドリアノフvc
●エルガー…チェロ協奏曲ホ短調 作品85
●ブルックナー…交響曲第4番《ロマンティック》
1F18-26

モーツァルト・マティネーの手堅い指揮者
という印象のベルンハルト・クレーも、36年生まれの74歳。
そろそろ巨匠と言われてもおかしくないひとり。
エディット・マティスの夫君としても知られるクレーにブルックナーはともかく
エルガー?という疑問もさることながら、
そもそも連綿とメランコリックなエルガーのチェロコンの後に
雄大な自然賛歌「ロマンティック」を組み合わせる自体が?だと思うのだ。

残念ながら、最近聴いた中では一番ダメなエルガーだった(ーー;)。
まず、クレーの合わせが妙に雄大方向に振って結果的に大雑把でダメ、
アンドリアノフのソロもあまり音が美しくなく
音程も細部の詰めがイマイチ、歌えていない。
指揮者が西北西、ソリストが北東を向いているようなチグハグっぷり。
たとえば終楽章、ソロとVc+Cbで同じメロディを弾くところ、
都響の自発性だけで合わせていたし。
ショスタコーヴィチかカバレフスキー、ないし逆に
ハイドンの協奏曲でも演った方がよほど良かったのでは。
正直エルガーですっかり萎えてしまった^^;。

で、「ロマンティック」。終演後会場は湧いた。
けれど、音楽の運び全体が正直好きになれない。
すごく流れるワケでもないのに細部の練磨が決定的に欠けていると思うし
節目がキチンとしてない、なのにさほど雄大でもない音楽のような気がして。
エルガーの時から感じていたけれど、
クレーは縦の線はともかく(それもさして合ってはいない)
音色への拘りというものが見られないし、何か意志というものを感じない。
ブルックナー特有のパウゼが美しくない、って…。
ま、休符が美しいってのも本来は矛盾してるけども(苦笑)。

山本友重以下の都響は本当によく演った。
この演奏会、改めて都響の能力の高さはしかと承りましてございます(^^)♪。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/26(火) 17:31:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。