YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みちよしの艶姿-タコ10

101125okrteiki.jpg 2010112521170000.jpg

才人井上道義とショスタコといえば、07年の全曲プロジェクトが印象に残る。
当時はショスタコに興味無かったんで、行かなかったけれど。
この日正直「椿姫」は眼中になく、タコ10だけ聴きに行った。

【東京音楽大学シンフォニーオーケストラ定期演奏会】
11月25日(木)19:00 東京芸術劇場 
指揮―井上道義 小川里美S 井之上了吏T
●ヴェルディ…歌劇《椿姫》より
●ショスタコーヴィチ…交響曲第10番
2F9

何だかんだで預り券売場に着いたのが開演時刻。
完全に前半は諦めたが、席に着くと同時に学生たちが入場。
「椿姫」が終わって休憩に入ったとき、一番印象に残ったのは井上の艶姿。
やはりヴェルディは苦手^^;。

極めて静謐に開始されたタコ10は、
井上の美意識を感じさせるリリシズムに溢れた演奏。
fffも荒々しさを感じない、よく整えられた音。
YouTubeで見るテミルカーノフ=ヴェルビエ祝祭管が印象的な
http://www.youtube.com/watch?v=TcZXV3BTHoU
自分にとってはハイライトの2楽章も、慌てず騒がず造型を保って。
特に3楽章が、シベリウスのような抒情をたたえ印象に残った。
というか日本人の場合、指揮者も演奏者も真に強靭で激烈な音は出せず
そのような方向性しか作れないのかもしれない。
オケではclやfgをはじめ木管奏者たちの水準が高く、好感が持てた。

それなりにいい演奏で満足したが、アンコール有り。
タコ10後に何と場違いにも「プリンク・プランク・プランク」!
何でこんな曲をここで演る?と思わせておいて、
拍手が鳴りやむと「祝典序曲」のpizz部分へ。芸が細かい!
http://www.youtube.com/watch?v=1gDZTah8J2A
こういう企画力では国内で、やはり井上道義の右に出る人はいまい。
しかしいつも若々しいこの人も、もうすぐ65歳。
テンポが遅くなって、所謂「巨匠芸」になってもおかしくはない年齢。
でも個人的予想としては、20年経っても
スクロヴァ的ヘンタイ演奏をやりそうな気がする。
どうなることやら。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/25(木) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。