YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

良からぬ想像 #5

2011012916120001.jpg

1988年、就職は金融に非ずんば人に非ず、という風潮の中で
地方企業の経理部員として社会人生活をスタートした自分は、
地方銀行や都市銀行、各金融機関の方々と仕事でお付き合いがあった。
特に91年頃、月曜朝一の仕事は
各行が提示する定期預金金利の聞き取りから始まり
今、国内では見たこともない8%という数字も頻繁に見ていた時代だった。
彼らは基本的に3年未満のタームで異動するものの、
各行のカラーがあって、いかにもH銀行らしいとか、F銀行らしいとか
こちらでも何となく見えるものがあった。
同業者間では、姿かたちを見ただけで
どこの行員かわかるらしかったけれど。

【みずほフィルハーモニー第19回定期演奏会】
1月29日(土)14:00 ミューザ川崎シンフォニーH
指揮―森口真司
●グリンカ…歌劇《ルスランとリュドミラ》序曲
●チャイコフスキー…バレエ音楽《くるみ割り人形》第2幕
●チャイコフスキー…交響曲第4番
4LB1-37

今週は都響・日フィルと現代が続いたし、
チャイコ4番も悪くないとミューザへ。
音楽そのものは、各パート全て技術的に均質、とはいかないし
粗もあったけれどアマオケでよく見る指揮者森口が、
いつもよりテンペラメント豊かに指揮しているように見えた。

ただ休憩中某マル秘喫煙所で、部下が出演しているらしい数名が
「どこで拍手していいかわかんなかったぜ」
「あいつ、舞台で落ち着きなさ過ぎ。後ろからはたいてやろうかと思った」
「あいつのカミサン、楽器何だっけ?」
とか話しているのを聞いて、
おそらく前線のテラーのお姉ちゃんも本部の幹部行員も
同じ舞台に載るであろう企業内楽団の人間関係って、どうなんだろう?
とそちらに興味が行ってしまった。
練習中、楽器の上手い下っ端が、
日頃の鬱憤をヘタな上席に晴らしたりとか…^^;。
良からぬ想像をしながら交響曲を聞くのは邪道です(^^)。
すみませんm(__)m。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 19:18:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。