YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#21-22 聞き急ぎはこれで小休止(都響~読響)

img031.jpg

ある夜、終演後呑みながら
「もういい加減、スピーチと震災被災者の追悼曲の演奏には飽きた」
と言っていたら、
「普通の人はアンタほど頻繁に演奏会に行けないから」
とたしなめられ、確かにそうだと納得した。
最近こそ余震は減ってきたけれど、何か落ち着かない気持ちを振り払うべく
1週間の帰省後、11日間で6回の演奏会。
「いつ死ぬかもわからないなら、聞けるものは聞いとけ」
と震災後、生き急ぎにも似た心持ちになっているのは確かだ。
とはいえ、職業でもないのにちょいと多すぎたかな。

#21【東京都交響楽団プロムナードコンサートNo.343】
4月24日(日)14:00サントリーH
指揮―ハンヌ・リントゥ 豊嶋泰嗣vn
●シベリウス…交響詩《タピオラ》
●コルンゴルト…ヴァイオリン協奏曲ニ長調
●シベリウス…交響曲第5番/《フィンランディア》
1F11-12

従妹と田町で約束して昼食を取ったのだが、乗り継ぎが怖ろしく悪く
白金高輪で既に午後2時2分。
すっかり「タピオラ」は諦めていたのが、例によってスピーチとかあったのか
走れない老体にムチ打ったら、2時10分過ぎに何とか間に合った。

この日独奏予定のゾフィア・ヤッフェは、体調不良で豊嶋泰嗣が代演。
初めてコルンゴルトの協奏曲に実演で接したのは、08年6月、
アルミンクの指揮する新日定期、彼の演奏だった。
あの時は2階後方の席、なおかつ体調最悪で
殆どソロが聞き取れなかったのだが。
急にこの曲が弾ける奏者は、国内に彼くらいしかいなかったのだろう。
というわけで、新日コンマスのバックを都響が務めるという椿事。
前回の轍を踏まぬべくかなり前方の座席にしたが、慣れぬ響きにいまいち戸惑う。
豊嶋は見事に穴を埋めたとは思うけれど、今回も厚いオケに阻まれ
録音では魅力的なパッセージが聞き取れない箇所多数。
並外れて大きい音の奏者を要求する、独奏者殺しの曲だと再認識。
ただ演奏後、都響の面々は儀礼の範囲を超えて、大絶賛の面持ちだった。

休憩後、フィンランドの指揮者(67年生)ハンヌ・リントゥのシベリウス5番。
この人、さほど流麗な指揮でもないし、
管楽器に全く興味が無いんじゃなかろうかと疑いたくなるほど、
弦楽器だけを見て指揮していた。
音楽そのものは大好きな曲でもあるし、特に突出するところなく
自然に流れ好感が持てたのだが、終楽章の大詰めで突如白熱。ブラヴォー。

で、こんな演奏の後に今更「フィンランディア」なんか要らん
と思っていたのが、やはり久しぶりに聞けば名曲中の名曲。
お国モノでもあり邦人指揮者ではまず聞いたことのないニュアンス、
煽りに煽る指揮もあって興奮もしようというもの。
すっかりヤられた感満載のマティネーであった。

終演後マイミクさんとお会いする予定で、そのつもりではなかったのに、
何となく流れで一献。結構飲んでしまう。ダメ人間である。

img032.jpg

で、何となくボーっとしたまま次の日もサントリーホールへ。

#22【読売日本交響楽団第537回サントリーホール名曲シリーズ】
4月25日(月)19:00サントリーH
指揮―シルヴァン・カンブルラン
●モーツァルト…交響曲第38番《プラハ》
●ヤナーチェク…狂詩曲《タラス・ブーリバ》
●スメタナ…交響詩《モルダウ》
●ヤナーチェク…シンフォニエッタ
1F22-25

この日も先週と同じく、カンブルランと藤原浜雄率いる読響によって
メシアン「忘れられた捧げもの」がまず演奏。
何となく酒が抜けない上にピリオドに慣れてきたせいか、
最初の「プラハ」は余りに心地よくて爆睡^^;。
最近聞かなくなっていた「タラス・ブーリバ」は
記憶をなぞるような聞き方になってしまったが、曲の魅力を再認識した。
低弦にきちんと支えられた上で、各パートがいいバランスで乗っかる。

噂通りの「急流モルダウ」の後、スタイリッシュに熱い「シンフォニエッタ」。
しかし、ただキレイな演奏ではない。
バンダがある曲では、時折オケ本体と精度・温度の差を感じることがあるものだが、
舞台上に並んだ当夜のバンダは素晴らしく、本体金管陣も
3楽章のファンファーレでハッとさせられるような細かい表情付けがあったり、
かなり強奏しても汚くならない音楽。文句なしにブラヴォーである。

カンブルラン=読響を2週続けて聞いたが、継続的に高水準の演奏が期待できそう。
下野竜也のヒンデミットもあるし、今後読響通いを少し増やしてみようと思う。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 22:00:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#20 好演の前のプチ食傷。

img030.jpg

演奏会が続くので家でジッとしているつもりだったのだけれど、
インキネン「悲劇的」が、山田和樹マーラー4番に演目変更。
どうにも気になって日フィルサントリー定期、当日券売り場へ。
実は07年10月、山田の在京オケデビューでもあった武蔵野合唱団定期、
「グラゴル・ミサ」「森の歌」でもこのコンビを聴いている。
今回彼の在京オケ定期デビューだそうで、どう進化したか楽しみだ。

#20 【日本フィルハーモニー交響楽団第629回東京定期演奏会】
4月22日(金)19:00 サントリーH
指揮―山田和樹 市原愛(S)伊藤寛隆(Cl)
●マーラー:花の章
●モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調 K622
●マーラー:交響曲第4番ト長調
1F21-12

演奏前、震災とインキネンの降板に伴う出演者・演目変更の挨拶はともかく、
いくらなんでも、演奏前に専務理事が5分以上もしゃべるのはやり過ぎだ。
しかも苦境にある他団体に関する言及も一切なく、震災当日の定期強行、
直後の香港客演についてもあれでは質の悪い言い訳にしか聞こえない。
正直食傷した。

白けた気分の後、山田和樹登場、「ブルミネ」がきわめて静かに。
指揮台上のたたずまいは、微笑ましいほど若い頃の大友直人にそっくり。
モーツァルトの協奏曲は、バセットで吹いた
首席奏者伊藤の闊達な演奏が楽しめた。
緩徐楽章は、遠い夕映えに映える鳥の群れを思わせる音楽だった。

休憩後のマーラー4番。
昨年から生誕150年→没後100年とマーラーイヤーが続き、
1・2・3・5・6・7・9番では、何回も実演に接してやや食傷気味の曲も。
8番とか「大地の歌」はそう頻繁に聞ける曲でもないので仕方ないとして
4番をなかなか演ってくれないのも、この日当日券売り場に並んだ理由なのだ。
やや早めのテンポで、極めて清潔だが温かみのある響きと
無理のない呼吸に貫かれ、たおやかな叙情をたたえた演奏だった。
突出してバランスを崩すような自己顕示欲的解釈は皆無で
どのソロ楽器も繊細にコントロールされ、
あえて言えば3楽章でのtimpとvaの意外な強奏もフォルムを崩すことなく、
個人的に「次朗さん」と呼んでいるob奏者やhr首席福川、
皆好調で日フィルの演奏力向上を改めて実感。
ブラヴォーを叫ぶような演奏会ではないが、演奏開始前の不快を除けば
山田の在京オケ定期デビューの門出、まずは好い夜であった。

で、終演後新宿で2軒。金曜夜でもあり、知り合いや意外な方やらに邂逅。
12時過ぎの電車で帰ってきてから居酒屋で待ち合わせ。
ハイカラ屋のサラダ、腹一杯で死にそうになった^^;
  1. 2011/04/23(土) 12:26:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#19 当夜の圧巻はボレロ

img029.jpg 2011041821240000.jpg

昨年就任後世評が高い読響常任シルヴァン・カンブルランは
来日中止の演奏家が続出する中、早めに来日。ありがたや。

#19 【読売日本交響楽団第503回定期演奏会】
4月18日(月)19:00 サントリーH
指揮―シルヴァン・カンブルラン ロジェ・ムラロp
●プロコフィエフ…バレエ音楽《ロメオとジュリエット》より
●ラヴェル…ピアノ協奏曲/左手のためのピアノ協奏曲/ボレロ
2FRD3-5

大震災の追悼に、カンブルランとD.ノーラン率いる読響によって
メシアン「忘れられた捧げもの」がまず演奏。
1曲目、「ロメオとジュリエット」と名のつく音楽は個人的にあまり得意ではなく
プロコフィエフのこの曲もしかり。
しかも昨今、ソフトバンクCMの印象が強烈になってしまっていて
曲は違うけれど昨年11月30日高関健のツイートが頭をよぎる。

一人のピアニストが一晩でラヴェルのピアノ協奏曲を弾く。
ありそうでなかなかない企画でもある。
ムラロ(p)の弾くト長調は汚い音皆無。
素晴らしい軽さも味わえ、左手も主題提示後の ppの美しさ、
たまに打鍵勝負みたいになりがちなffもメカニカルにならず素晴らしかった。ブラヴォー。
オケは好演だけれど、いま一つ金管に冴えた音色が欲しかったところもいくつか。
こういうところは、カンブルランの薫陶がさらに進めば変わるところだろう。

が、当夜の圧巻はボレロだった!
今更どう料理しても想定内に収まりそうな名作が、
マルティノンのディスクを思わせる薫り高さ。
tbソロの後、tub奏者の「さーし!」が見えたのは微笑ましかったが
特に2拍目、3拍めのリズムをつける金管の音色に、
普段日本のオケでは聞けない仄かな色気があった。
こういったところは、カンブルランの絶妙な感覚の冴えを示したものだろう。
素晴らしかった。
来週のヤナーチェク・プログラムにも期待。
  1. 2011/04/19(火) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#18 彼岸を聞く

110417.jpg

この日、中野でも行くべき演奏会があったのだけれど、
大学時代の友人Hくん他を誘い錦糸町に向かった。
このホールで自由席の場合、好きな椅子を押さえたいなら
早めに並ばざるをえないが、12:40に着いても長蛇の列。
少し後方になってしまったけれど、2階バルコンを確保。

#18 【東京楽友協会交響楽団第90回定期演奏会】
4月17日(日)13:30 すみだトリフォニーH
指揮―松岡究
●J.S.バッハ(シェーンベルク編)…前奏曲とフーガBWV552
●マーラー…交響曲第9番
2LB18

このアマオケの定期は4回目。
機能性よりも、低弦が分厚く音色で聞かせるオケだ。
バッハは曲を知らないのでスルーするとして、
マーラーではhr・tp・tbが特に素晴らしかった。
ミスが皆無とは言わないけれど、納得できる疵。
1楽章283小節でフェルマータを長くとり、緊迫を生み出したのは忘れがたい。
終楽章は速めのテンポで緊密感を失わない。
いい演奏でこの曲の終わりを聞くと、10番のアダージョが心の中に響くものだが
素晴らしく枯れたひびきで彼岸の世界を作り出した。

もっと上手いアマオケは確かにある。
でも、楽協の9番には心熱くさせられた。素晴らしかった。
ブラヴォー。
  1. 2011/04/17(日) 22:29:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐんま三度

2011041615570000.jpg 2011041617460000.jpg 2011041618050000.jpg

19の春上京して大学に入ったとき、
出席番号の一番違いは群馬県箕郷町出身のFくんでした。
学校の外で会ったことは一度もない程度の付き合いではありましたが
地方出身者同士何となく気は合って、学校卒業後
お互い田舎に帰った後も、数年は賀状のやり取りをしていました。
群馬出身のマイミクさんもいらっしゃるし
ちと遠出するなら、何となく群馬が候補に挙がるようにもなりました。
08年12月の伊香保、昨年12月の小野上と訪れた温泉はいいし、
渋川辺りの国道や県道を走っていると、
何となく阿蘇外輪山を望む菊池郡市の風景に似てて好きです。

日曜の昼下がり、高崎ICを過ぎて関越を走っていると
自分の記憶ではこの辺り、晴れてると恐ろしく視程がいい筈なのに、
花粉か黄砂で空が霞んでいるかのように見えてびっくり。
で、小野上温泉を目指していたのだけれど、
途中「金島温泉」の文字を見て、急遽そちらへ。
褐色のこじんまりしたお湯がよかった(写真1)。
腹が減ったので渋川市内に戻り、結局「登利平」でお弁当購入(写真2)。
人っ子一人いない夕暮れ、箱島不動尊湧水(写真3)の駐車場で食べたけれど、
自分は鳥カツ弁当の方が好きかな。

そこから渋川市小野上温泉へ。この温泉は前回気に入っての再訪。
温まって前橋にとって返し、
やっぱり九州人はジョイフル(東京・神奈川にはない)です(^^)。
往路は同行者が運転してくれたので、特に疲れなく関越道を走って帰宅。
まだ行ったことがないので、次は草津に行きたいと思います。
  1. 2011/04/16(土) 23:56:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#17 お待たせされました、都響。

3430_p.jpg

コンサートは飽くまで非日常の場ではあるけれど、
自分の選択に関係なく行きたい演奏会が軒並み中止という震災後の日常では
やはり音楽に対する渇きを感じざるを得ない。
特に、すごく楽しみにしていた都響3月定期、
インバル「青ひげ公の城」中止は痛かった。
で、久々のサントリーホールへ。何と1月28日の日フィル定期以来である。

#17【東京都交響楽団第714回定期演奏会Bシリーズ】
4月14日(木)19:00 サントリーH
指揮―モーシェ・アツモン 竹澤恭子vn
●エルガー…ヴァイオリン協奏曲
●ブラームス…交響曲第2番
1F18-28

演奏会開始前アツモンのスピーチ、G線上のアリアの演奏と黙祷という流れは
震災後最初の定期ということで当然ではあろうが、
もはや最初の地震から一月が過ぎ、
その間2回の演奏会でこのような進行を経験した身には、やや今更感があった。
これが3月29日、インバルによって為されたものなら随分違っただろうに。

それほど好きではなかったエルガーの協奏曲、
シティフィル定期で飯守と千々岩英一Vnの演奏で聞き再発見、
それ以来、元々持っていたハイフェッツの盤他で聞いている。
シベリウスやウォルトンのディスクでもお馴染み、
竹澤恭子のエルガーは確かに上手いのだけれど、
あともう一つ音色のパレットを持っていればさらに沸いただろうと思う演奏。
しかし実演で改めて聞くと難しい曲だ。
1楽章などほとんど高音がないパートだけになおさら。竹澤は見事に弾ききった。
ま、相手がハイフェッツでは、
どんなヴァイオリニストでも勝ち目は薄いのだけれど。
アツモン指揮の都響は意外な音程の不統一などあって、
僅かながらブランクの影響を感じさせた。

元首席指揮者アツモンのブラームス2番は、
前述の黙祷他のため、開始は20:35。しかし、21:13には終演。
反復は行わず、神経質なところのないブラームスだった。
普段あまり目立つリードはしない四方女史が、熱演だったのは印象的。
しかし明日の文化会館の方が、さらにこなれたいい演奏になると思う。
今月はあと2回、カンブルラン=読響でサントリーHに通う予定。
あ、違う。リントゥ指揮都響のコルンゴルトVn協奏曲+シベ5も買ったんだ!
  1. 2011/04/14(木) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省3 4/3-11

2011040716050000.jpg 2011040913220000.jpg 2011041008040000.jpg

年末年始を含め、今年3回目の帰省をしてきました。
昨年10月以来のクルマ帰省。
あの頃はまだ好兵衛も生きていた。

今回帰省の目的は、2月に亡くなった叔父の四十九日法要と納骨。
なのに往路、横浜青葉IC手前で礼服を忘れたことに気付く失態。
2時間弱ロスし、見事いつも通り
愛知県の岡崎ICをアタマにした渋滞に引っかかりつつ、
伊勢湾岸道に入ってからはスムース、広島県福山SAまで頑張りました。
5時間程眠って寒さのあまり起床、外はまだ5度。
九州に入りうまく連絡が取れて、
福岡南部水郷のまちに引越したマイミクさんと久々にお会いし、
鰻のセイロをご馳走になってから実家に帰着。
ごちそうさまでしたm(_ _)m。

墓掃除やお参り、亡母の実家に挨拶、入院している叔母の外泊
馴染みのお店で軽く飲んだり、といったいつもの予定の他に
マイミクさんにお付き合いいただき久々雲仙の温泉に入ったのだけれど、
有明海を隔ててほんの目と鼻の先なのに、なかなか行く機会がなかった
武家屋敷と島原城(写真1)を訪ねたのは収穫だったかな。
楽しかった。

同級生のビストロ、大好きな平山温泉(山鹿市 写真2)には叔母を連れて行き、
鴻翔の担々麺はちょっと雰囲気が変わっていたけれど美味かったし、
スーパーで198円のイチゴは東京で買う同じ値段のものよりやはり甘い。
何より余震と緊急地震速報に怯えなくて済むのは、精神衛生上頗るよろしい。
朝、実家の庭に好兵衛のお骨を埋め(写真3)、それから叔父の四十九日法要に。
辞去して午後5時に熊本を出発、下関でマイミクさんお二人と合流、
復路は3人交代で運転して午前9時には東京到着という速さ。
データを見ると、自分は疲れないようにゆっくり走るのに対し
お二人は結構攻めて走るので(笑)平均時速10km/hは違うという現実。
恐ろしくラクに帰京できました。お二方、ありがとうございましたm(__)m。
次のクルマ帰省は7月の予定。


他数枚の写真は、こちらからからどうぞ(^^)。
  1. 2011/04/11(月) 22:47:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。