YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハワイでAT&TのプリペイドSIMを買って、SIMフリーAndroidフォンを活かす。

今回初めてハワイに行くにあたって、スマホの活用は重大テーマでした。
前回の台北は現地に友人がいて迷ったり言葉の心配はなかったものの、
今回は英語できない2人、なおかつ未踏の地。
購入後19か月たってぜんぜん電池が持たないiPhone3GSを
SBMの2,980円/日もかかる国際ローミングで使うのはリスクが大き過ぎたからです。
ホテルのLANは一日$10するのはわかっていたし、願わくばAT&TのPay As You Goプランで全部賄いたかった。

ハワイに行くにあたっては「プリペイドsim ハワイ データ」とか必死にググりました。
以下、自分が参考にした方々↓。本当に感謝申し上げますm(__)m。

Special thanks to
アメリカより (携帯・モバイル・流通業ITブログ)By A Yoshida
AT&T GoPhone/プリペイドSIMをiPhoneで使う場合のアクティベーションの方法
http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=1101
米国のプリペイド SIM カードで Nexus One を使ってみた
http://www.gcd.org/blog/2010/05/582/
ハワイでプリペイドSIMを使いデータ通信をする
http://d.hatena.ne.jp/evo07/20110728/1311853618

必要なことは
1.SIMを入手して自分のスマホでアクティヴェイトする
2.トップアップカードを購入。
3.プリペイド分のチャージをデータプランに振り分ける
4.APNを設定しスマホで使う。必要なら再度チャージ。

ということになります。ところがところが…^^;。

「1.SIMを入手して自分のスマホでアクティヴェイトする」
まず、Ala Moana CenterのSearsにあるAT&Tに行きます。
まず、これが一苦労。デカすぎて迷いました。
AT&Tに着いてプリペイドSIMをくれ、と言うのには成功したのですが、みなさん書いてらっしゃるデータプランは「ここでは売れない」とお姉さんに言われてパニック。
とりあえず$15チャージしてSIMが$5、計$20に消費税で$20.95。
$2 Unlimited Daily Talk & Text Planに入りました。

img050.jpg img051.jpg

htc desireを「渡せ」と言われてなすがままにしていると、アクティヴェイトはお姉さんがやってくれましたので、電話にAT&Tと表示され、アンテナも5本立って電話そのものは開通して辞去。つまりミッション1は完了。

「2.トップアップカードを購入。」
本当は涙ぐましい苦闘があったのですが、それは省略。
ワイキキのホテル近辺なら Kuhio Avenue の"Food Pantry"でトップアップカードを買えます。ワイキキのどこにでもあるABCにはないです。
自分は翌日、アラモアナの中のドラッグストア Longs Drugsで購入しました。$15。

img052.jpg img053.jpg

「3.プリペイド分のチャージをデータプランに振り分ける」
この$15を http://www.paygonline.com/ で自分のアカウントにチャージするのですが、
http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=1101&page=3
WEB(https://www.paygonline.com/websc/VisitUpdateProfile.do)上ではPIN番号はうまく入力できるのですが、どうしてもプルダウンメニューで
State HI
Country US

を入力することができず
(帰国後ゆっくり見たらスペイン語HP
https://www.paygonline.com/websc/ChangeWebLanguageToSpanish.do
に行くと入力できると書いてありました)、
結局、上記YoshidaさんのHPにある
AT&T GoPhone/プリペイドSIMをiPhoneで使う場合のアクティベーションの方法
http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=1101&page=9
「(2)iPhoneから加入する」
で、アメリカの電話に向かってしゃべる!という荒業をやる羽目になりました。かなり苦労しましたが、何とか成功。

「4.APNを設定しスマホで使う。必要なら再度チャージ。」
で、日本でAPNは設定していたので、本来ならこのままネット開通するはずです。
ところが全くつながらない(泣)。
途中何回も
*777# (残高チェック) と *777*3# (データ(バイト数)の残高チェック)
を使い、チェックしますが、残高は大丈夫。AT&Tからのテキストメッセージも問題なく来ます。
調べるのにローミングしているiPhoneをさんざん使う羽目になったので
これじゃSBMの海外パケホを使うのと変わらんじゃないか、と泣きそうになりました。
結論から行くと
「Wireless & networks → Mobile networks → Access Point Names」において
APN: wap.cingular
Proxy: (空白)
Port: (空白)
Username:WAP@CINGULARGPRS.COM
Password:CINGULAR1
Server: (空白)
MMSC: http://mmsc.cingular.com
MMS Proxy: wireless.cingular.com
MMS Port: 80
MCC:310
MNC:410
APN Type: (空白)

のユーザーネームを
小文字 wap@cingulargprs.com
に変えると無事通信できるようになりました。もしかしたら、タイプミスしていたのかもしれません(・・;)。

アメリカ本土在住の友人と電話したりテザリングでネットブックを使ったり、Googleマップを使い込んだりしたので、帰国時には
Main Account Balance $0.28
Data 888 Kb
まで使い込みました。この100MB/$15は本当に役に立ったことになります。

ではみなさま、良い旅を!アロハ!
スポンサーサイト
  1. 2011/09/03(土) 18:30:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。