YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#45 プロコはお好き?

3437_p.jpg

正直言うと、プロコフィエフの音楽は苦手だ。
何度か「いい演奏」とされるものにも接したけれど、
響きのキツさとメカニカルな音楽の流れがどうにも好きになれない。

#45 【東京都交響楽団第721回定期演奏会Bシリーズ】
9月27日(火) 19:00 サントリーH
指揮―マーティン・ブラビンス 上原彩子p
●プロコフィエフ…歌劇《戦争と平和》序曲
●チャイコフスキー…ピアノ協奏曲第2番
●プロコフィエフ…交響曲第5番
1F18-28

チャイコフスキーの2番協奏曲は初めて。
日フィル6月定期で聴いた「ピアノと管弦楽のための幻想曲」と同様、
やたらと長いカデンツァやVn/Vcソロの活躍が似ている。
1楽章カデンツァで上原が紡ぎだしたシルキーなppの美しさには驚いた。
長大なソロを担う矢部vn・古川vc両首席をはじめ、
いやはや上原彩子も非常に上手い。
ブラビンスという指揮者、腰より上、肘までで指揮をするタイプで
特別変わった音楽をやる感じではないけれど、流れがいいし有能だ。
しかしそれでも、どうも…^^;。

プロコフィエフ5番、良く演奏される交響曲だしCDもまぁ聴いている。
本当に過不足ない、いい演奏だったと思う。会場の沸きっぷりも納得。
でもワタシは、プロコフィエフをどうにも好きになれそうにない。
苦手だったショスタコがダスビのタコ10で突然下りてきたように、
いつかプロコフィエフも好きになる、のかなぁ…(・・?
スポンサーサイト
  1. 2011/09/29(木) 23:42:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。