YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初訪韓4 #49焼肉で帳消し

img057.jpg IMAG0098s.jpg

進行方向を間違え地下鉄に乗ったり、一旦乗ったバスを降りて歩いたりしながら
大汗かきつつ何とか2日目の芸術の殿堂へ。
KBS交響楽団はN響的なものと聞いていたので、
現代作品が並ぶプログラムをさぞやカチっと演るものかと思いきや…。

#49【KBS交響楽団第661回定期演奏会】
10月21日(金)20:00 ソウル芸術の殿堂コンサートホール
指揮-咸信益(ハン・シンイク) カンソグnar アンディー・マイルズcl
●セオファニディス…The Magic Pumpkin Seeds
●キューン…Interchange with Different Movements
●ピアソラ…タンゴの歴史
●バルトーク…管弦楽のための協奏曲
3F-M1-1 D-20,000kw

前夜とうってかわって3階最後方の席。
最初作曲者クリストファー・セオファニディス(1967-)が現れ
韓国の民話「フンブとノルブ」に基づく"The Magic Pumpkin Seeds"を初演。
ナレーター(俳優カンソグ)付きで調性を持った非常に聞きやすい作品。
相当遠方の席だが、直接音もよく拾えていい響きの席だし
ホール全体も良く設計されていることを改めて感じた。

2曲目はロルフ・キューン(1929-)の"Interchange with Different Movements"。
ドラム・ベース・ピアノにクラリネットのジャズ群を
オーケストラが伴奏するという韓流ドラマのテーマ音楽みたいなところと
ビッグバンド系の音楽がクロスオーヴァ―した感じ。
マイルズclのアンコールはジャムセッションで、ちょっと定期演奏会には違和感。
3曲目はピアソラ「タンゴの歴史」。
これも11-10-8-6-4の弦5部にob・fl・cl・fg各1のマイルズのソロ。
まぁ、ピアソラである。

休憩後、いよいよオケコン。
前半のプログラムは良くても悪くてもさっぱり判らないが、
この曲は何と言っても20世紀の名曲。ところが、うーん。
アーティキュレーションの不統一や、弦と管で縦の線が合わなくなったりと
およそ前夜のソウル・フィルとは雲泥の差。1楽章の最後など、アンサンブル崩壊。
まともに3日間リハーサルし、前夜同演目で演奏会したのか疑いたくなる内容。
ジャズっぽい曲が続く前半とオケコンの落差があるプログラミングといい
首を傾げる演奏会だった。
後で聞いたところでは、オケとシキサの関係が悪化し
まともにリハーサルできなかったらしい。それなら、ねぇ。

終演後、マイミクさんとその連れの3人で
「カンガンスルレ新林店」 にて焼肉をいただく。これがもう(^_^)v。
あまりに通常量をオーバーしてひたすら肉を食ったため、
「ドラえもんみたいにまん丸になってますよ」と言われ苦笑^^;。
でも美味しかったんだもん(*^_^*)。
その後鍾路の飲み屋にマイミクさんと移動。3時近くまで飲む。美味し。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 20:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初訪韓3 板門店にて国を想う。

IMAG0062s.jpg IMAG0064s.jpg IMAG0076s.jpg

【第2日 10/21(金)】
軽くは飲んだものの神経が昂ぶっていたのか、眠れない。
2時間位しか寝ないで「非武装地帯・板門店ツアー」のピックアップは7:20。
ワゴンをバスに乗り換え、ほぼ満席のバスに乗り換え、まず非武装地帯DMZへ。
ツアー詳細は以下に。
http://www.alan1.net/jp/asia/korea/sg/2645/ag/12953/

非武装地帯に南進のため北朝鮮が掘った深さ73mの第3トンネルに行ったが
普段の運動不足で惰弱な日本人中年には坂道が実に厳しく汗まみれ。ヘトヘト。

一日一緒になった関西弁男性7人ツアー客が、とにかくうるさい。
何度「少しは他の迷惑も考えて黙ったらどうだ?」と言いたくなったことか。
服装まで規制され飲酒などとんでもない雰囲気の中で
昼食時ツアーガイドに「姉ちゃん、ビール!」と言い、窘められていた。
雄琴でどんちゃん騒ぎをするような感覚で、板門店に来る神経が信じ難い。

ソウル北方に向かうバスの視界に広がる韓国の農村は、
米の収穫期を迎え、見た目には日本のそれと何も変わらない。
都羅(ドラ)展望台から見える北朝鮮の領土も、傍目にはそれほど変わらない。
しかしあの彼方には、平然と拉致を行い延坪(ヨンピョン)島を砲撃し
3代目を元首にし、民は飢餓に苦しむ体制がある。
永遠に続くとも思われたベルリンの壁が崩壊しドイツ統一がなされ早22年。
かつて日本も分断される運命をわずかに逃れただけであり、単なる僥倖に過ぎない。
いつか南北が統一されることを改めて願う。

北朝鮮から突然の襲撃を受けることもなく、ツアーは無事終了。明洞で解散。
合間を利用してロッテ免税品店に行ってみたが、
ごった返す日中のオバサン達のパワーにタジタジ。MarketOのブラウニーだけ。
地下鉄でいったんホテルに帰り、前夜に続き芸術の殿堂へ。
地下鉄は防空壕としても使うことを想定し、やたら深い。
おまけにエスカレーターはなくハングルと小さいアルファベット表記、
車内の路線図は進行方向と逆になっていたりで、翌日も実に迷った^^;。
這う這うの体でGoogleMapの助けを借りながら、何とか到着。

自分はどんな街も徹底的に歩いて土地勘を持つようにしているが
今回はマイミクさんに長めの移動を同行していただいたため、
かえって土地勘が持てない。次回は自力で歩かねば。

(写真1) 都羅山(トラサン)駅で韓国軍兵士と
(写真2) 都羅(ドラ)展望台で北朝鮮領土を望む
(写真3) 板門店
  1. 2011/10/23(日) 10:00:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初訪韓2 #48 ソウルのチョンさんは熱かった

IMAG0050s img056.jpg IMAG0052s.jpg

「韓流ドラマも少女時代も、韓国料理にも強い関心は持っていない」
と書いたが、ソウルのクラシック・シーンには興味が無いわけでもない。
原発事故以降アーティストの日本素通りが目立ち、お目当てのものは
韓台中まで聞きに行かなければならない時代が来るかもしれないのである。

チョン・ミョンフンのマーラーは08年2月、N響で9番を聴いている。
今でもいい印象が残っている。
《悲劇的》は中学2年以降、本当に聴きこんできた曲でもある。
昨年からのマーラーイヤーだけでも昨11月メッツマッハー=新日、
今年はアマチュアだけで2月豊島区管弦楽団、7月練馬交響楽団と機会も多い。

#48【ソウル・フィルハーモニー管弦楽団-マーラーサイクル】
10月20日(木)20:00 ソウル芸術の殿堂コンサートホール
指揮―チョン・ミョンフン
●マーラー…交響曲第6番《悲劇的》
1F-E12-3 70000kw

ソウル芸術の殿堂コンサートホールは2,523席。
日本ではNHKホールを除くと、1,800-2,000席のホールがほとんどなので
どういう音がするのかも含めて全くの未知数。舞台上方に反響板はない。
マイミクさんが取ってくれた席は1階前方上手、
低弦はズンズンくるけどバランスに問題ありそうな席ではある。ほぼ満席。
韓国はN響にあたるKBS交響楽団が長らく第一線だったけれど、
チョンさんが監督になってソウル・フィルが著しく上り調子と聞いている。
舞台に出てきた楽員を見るとtb1・tp3・hr2に欧米系の楽員が見て取れた。
配置は1-2vn・vc・va・cbと並ぶ通常配置に上方上手2timp、下手ハンマー。

1楽章。早すぎず遅すぎず、造型も確かにチョンさんは進めていく。
前席の中年夫婦の男性が演奏中に水を飲んだりAndroidをいじったり。
でも演奏の白熱で全く気にならなくなった。
35-6でtimpの強奏、tbのレガート豊かに「歌う」のはチョンさんのやり方。
何ら乱れることなく1楽章を駆け抜けると、思わずふっと息が漏れた。
クビク博士の最終確定には関係なく、2楽章はスケルツォ。
51-Nicht eilenの指示でチョンさんは絶妙にテンポを重くした。
56-Alt Väterischのob+bscl+fgの合わせ方は、
うまく言えないけれど日本人からは聞き取れない種類のもの。
68の3小節前からのhr+tbのパッセージもリタルダンドをかけて強調したりと
チョンさんの細かいコントロールが聞き取れる。
ホールの響きは、低音が前に来る、東京文化会館に残響をプラスした感じ。
好きなタイプの響きだ。

3楽章にアンダンテ・モデラート。
烈しくかつ暖かな音楽でこの楽章の美しさを再認識した。
94の2小節目、hrの発現など温かく陶然とするような音色で素晴らしい。
99の3小節目obも歌う。
終楽章のハンマーは3回。とにかく圧巻のうちに演奏は終わった。
チョンさん流石。
熱いソウルの聴衆ブラヴォーの嵐で半分はスタンディング。
普段立たない自分も参加。これだけでソウルに来た甲斐があった♪

終演後、気持ち良い夜風に当たって芸術の殿堂前
横断歩道を待っていると横にチョンさんの姿が!
関係者とイタリアンレストランに歩いて行った。
あんなに間近に見たのは初めて(^^)。

梨泰院に移動してビールを2杯。美味かった。
バタついた初日はこれでおしまい。
  1. 2011/10/23(日) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。