YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#50 帰国翌日は中野へ。

img058.jpg

さて帰国した翌日、団から招待ハガキをもらっていたので中野へ。

【エルムの鐘交響楽団第26回演奏会】
10月23日(日)14:00 なかのZERO・H
指揮―江上孝則
●シベリウス…鶴のいる情景/交響曲第7番
1F20-11

都合で後半のシベリウスだけ聴いた。
「鶴のいる風景」は丁寧な解説にも関わらず、短い曲であっけにとられる。
1・2・5番は聞き込んでいるものの、ややとらえどころのない7番は
最近聞き直し始めていて自分なりの判断ができず、特段語るところはない。
アマチュアが弾くには、技術的にではなく難しそうな曲だと改めて感じた。
アンコールはレスピーギ「イタリアーノ」。

自分が聞かなかった前半
●レスピーギ…交響詩《ローマの噴水》
●バーバー…管弦楽のためのエッセイ第1番
スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。