YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年をふりかえる(音楽編)

さて、音楽編。

今年は1/15東大管弦楽部から12/20都響定期まで全66公演、
プロ39公演、アマチュア25公演、学生2公演、のコンサートを聞いた。
震災以降軒並みコンサートが中止になる中、結局昨年と同数。
こうやってリストを見ていくと、2/20ダスビから3/21のアマデウス管まで
1か月オーケストラを聞けずに過ごしたことがわかる。
メータが来てN響と第九を演ったり、自分が行かなかったものもあるが
一日に4つも5つもコンサートが重なる街、トウキョー。
本当に異常事態だった。

そして3/24東京芸術劇場、小泉和裕=新日フィル。
演奏そのものがどうだったかは措くとして、黙祷にすっくと立ち上がった聴衆。
あの雰囲気は忘れ難い。
忘れ難いといえば、初めて訪れたソウル芸術の殿堂コンサートホール、
チョン・ミョンフン指揮ソウル・フィルの「悲劇的」。
初めて聞く韓国のオーケストラの豪壮な音と実に熱い聴衆には目を瞠った。
演奏では9/11の大井剛史=東京楽友協会交響楽団「1911年」も忘れ難い。
久々に音楽に圧倒されたというのは、ああいうことを言うのだろう。

上記3つをはじめ、昨年と今年はマーラーイヤーだったこともあり、
この2年で全交響曲を聞いたし、今年だけでも16回マーラーを聞いた。
さすがにしばらくお休みしてもいいかと思う。

近いうちに台北でもコンサートを聞いてみたいし、
ハワイまで8時間のフライトを経験して、何とかやり過ごせるのも確認したので
24年ぶりにヨーロッパにも行ってみたい。
都響定期会員も継続、彼らの高い水準にある演奏活動に接することができる。
来年、どんな音楽を聞けるだろう。
終演後のおいしいお酒を飲み続けられますように。

みなさま、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 20:37:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年を振り返る

いつものようにバタバタしながらも、朝10時の便で帰省して実家の台所。
ここ数年音楽編だけ一年のまとめを書いてきたが、
この一年を考えるのに大震災のことを抜きにして語ることはできない。
その話から。

家の中のモノもほとんど倒れず、自分自身に全く被害はなかったが
地震に桜田通りの歩道で遭遇し、まるでトランポリンのように大地が揺れた。
その時はただ茫然としたばかりだったが、
帰宅してTVで見る押し寄せる津波の映像、
寝ていようが風呂に入っていようがお構いなしに頻発する余震と緊急地震速報。
あのひたひたと押し寄せる恐怖は、曰く言い難い。
かつて阪神淡路を経験した後輩が、怯え苛立ち危機感を訴えたとき
熊本にいた自分は、全く通り一遍の対応しかできなかった。
自分が経験して、あれはどれほど無理解かつ気に障るものだったか。
それがわかって、何度ヤツに謝りたいと思ったことか。

2月に叔父が亡くなり3月11日には地震、
主に中高年層の買い溜めでモノがない、ガソリンがない、余震は続く
そんな中15日にはうちのお犬、好兵衛は亡くなった。
ペットロスにはならなかったし、余震続発で悲しんでいる暇もなかったが
最期はやせ衰え、苦しそうに息をしているだけ。
本当に不憫で、無理な延命などする気になれなかった。
いま好兵衛はここ、熊本の庭で眠り、きっと僕を護ってくれている。

震災後コンサートは軒並み中止になるし、モノは手に入らず
元々地震慣れしていない九州人の自分は、酒でも飲まずにはおれず春はよく飲んだ。
遠く離れた九州でさえ、首都圏に送るため水やトイレットペーパがなくなる中
重苦しい節電の夏の東京を脱出するように、台北・ホノルル・ソウルと旅し
経済の疲弊、人心の倦怠とは無縁の外国を体感した。
ホノルルではアメリカの豊かさを、台北でもソウルでもダイナミズムを感じた。

GWに訪れた会津若松の桜の美しさは、やはり日本ならではだと思うし
11月のいわきではわずかながら平常を取り戻した部分も垣間見えた。
twitterのTLでは、震災以降、毎日
何が正しいのかにわかに判別しかねる膨大な情報が流れる。
自分のリテラシーの質を常に問われた一年でもあった。

来年は年男。最近「もう50前だから…」と言うことが増えた。
秋以降小さな身体の不調も続き、衰えも感じる。
残り時間がどれだけあるのか「神のみぞ知る」だが、それでも僕は生きている。
大望は何もないが、周囲の人と楽しく話し呑み語れる自分でありたいと思う。
来年もよろしくお願いいたします。

※明日、音楽編を書きます(^^)。
  1. 2011/12/30(金) 23:26:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#66 あまりに凄まじいと声なし。

3443.jpg

今年度都響の年間会員をやっていて、2つ楽しみにしていたコンサートがあった。
震災で中止になった「青ひげ公の城」とこの「1917年」だ。
先日のN響定期、デュトワの演奏を生中継で聞いていて
なおさら3月のインバルの公演中止が悔しくなった。
今年は20回サントリーホールに通い、プロオケはこれが34公演目。
今年のプロオケ納めは「1917年」。さてどうなることだろう。

#66【東京都交響楽団第727回定期演奏会Bシリーズ】
12月20日(火)19:00 サントリーH 
指揮―エリアフ・インバル ジュリアン・ラクリンvn
●ショスタコーヴィチ…ヴァイオリン協奏曲第1番/交響曲第12番《1917年》
1F18-28

1番のVn協奏曲、昔よりはタコ受容を進めてきたとはいえ
05年3月に堀米ゆず子Vn、広上=日フィルで聞いたっきり。
曲も全く覚えがないが、ラクリンVnが1楽章から凄絶な緊張感をつくる。
スケルツォあたりで曲をかすかに思い出すが、
3楽章パッサカリアの叙情(というべきものなのか?)といい、
終楽章の運動性といい、いやはや凄まじい。演奏が終わると、大歓声。
いやはや凄かったもの。
アンコールのバッハ「サラバンド」も某邦人女流より、よほど納得。

休憩後の「1917年」。
いやはや、凄いモノを前にすると人間声も出ないもの。
かなり速いテンポで1楽章を駆け抜け、インバルは都響を極限までドライブ。
終楽章では時折テンポを落とし歌い上げつつ、巨大な頂点をつくる。
四方Vn-又紙2Vn-店村Va-古川Vc-寺本Fl-本間Ob-久一Timpという面々が
サントリーホールを満たす音は、かなり爆音なのに一切汚くならない。
最後の音が終わってもブラヴォーと声をかける余裕もなく、席にうずくまった。
いやはや。
今年はこれで、演奏会通いを終わらせることにしようかと思う。わからないけど。
  1. 2011/12/21(水) 23:44:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#63-65 週末のアマ団体ハシゴ

img067_20111202001111.jpg 006-gennady_20111219002715.jpg 110.jpg

年も押し詰まってきてまだまだコンサートはあるものの
「第九」には行かない予定なので、そろそろ打ち止め。
そんな中、今週末はアマチュア団体をハシゴ。

#63【クリヴィア・フィルハーモニカー第2回演奏会】
12月17日(土)13:30 練馬文化センター
指揮-山口琢也 クリビア・ダンスカンパニー(バレエ)
●R=コルサコフ…クリスマス・イブ組曲
●ストラヴィンスキー…《火の鳥》組曲1919年版
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
F42~F31

アマオケの演奏会ではあるが、前2曲はバレエ教室の発表会?を兼ねたもの。
張り出し舞台をつくり、舞台奥にオケが位置するやり方。
遅刻覚悟で練馬駅に着いたものの開演は遅れていて、直前最前列に駆け込む。
目の高さに舞台があって、幼児からそこそこのお歳?までの女性が
直近でトウシューズの音も高らかに踊るわけで、やや目のやり場に困る^^;。
前回11/27の練馬交響楽団で「響かず酷い空調」と書いたけれど、今回はマシで
音も最前だと背後から音が回ってきて、このホールでは最善と思われる。

R=コルサコフの曲は全くの初聴でオペラから組曲にしたものらしいが
途中から見る見る演奏がまとまり出す。「火の鳥」はまあまあ。
「巨人」は緩急を大きく取った演奏。あれだけ好きにやったら楽しいだろうなぁ。
たとえば3楽章13、Wieder etwas bewegter, wie im Amfangで
元のテンポより速くなったのに少しびっくりした。その他、緩急の振れ幅大きく。
アンコールはまたバレエ陣総出で「そりすべり」。まずは華やか。

大江戸線東中野乗り換えということで、一度行ったことのある「おなかいっぱい」
でハンバーグピラフを頼んだものの完食できず(^^;。年取った(写真2)。

#64【千葉大学管弦楽団第110回定期演奏会】
12/17(土)18:00 すみだトリフォニーH
指揮-伊藤翔 菊地美奈S
●R.シュトラウス…死と変容/四つの最後の歌
●ブラームス…交響曲第1番
3FRB27

この演奏会は、トレーナーを務めるオケ奏者の集客拡散ツイートで知った。
3階上手バルコンに座席を確保、確かに3階にはかなり空席が。
異常に上手い大学オケが首都圏には存在するが、千葉大はさほどでも(失礼)。
指揮の伊藤翔は神奈川フィルの副指揮者、
最近ポーランドのコンクールで入賞してきたばかり。かなり熱演型。
「四つの最後の歌」を楽しみに行ったのだが、
ルチア・ポップを理想とするワタシには、菊地Sの声はやや硬く聞こえる。
しかし"Beim Schlafengehen"からはその強さが魅力を増した。
コンマスくん、この曲では自分の持てる全ての力を使いきったソロ。
こういうところがアマチュアの団体を聞く楽しみ。
ブラームスの1番は積極果敢。と書いておく。

#65【某合唱団第18回定期演奏会】
12月18日(日)14:00 埼玉県某市某駅前コンサートホール
某合唱団
●木下牧子…男声合唱組曲 光る刻
●お楽しみステージ 「NHKみんなのうた~この歌を届けよう」
2F9-11

で、一夜明け今度は京浜東北線で埼玉某市へ。このホールは初めて。
たまにオケの演奏会もあるし、2階に座ってみたがよく響く。
傾斜がやたら急で椅子も横幅が狭いのには驚いたが、2002席でオケにもいいかも。
所用で2部までで退出したが、このジャンルは不案内なのと
クローズドな演奏会なので記述は事実のみにとどめる。

しかし何故に年末はアマチュア団体の演奏会は集中するのかしら。
今のところ、あと一つでプロ団体の予定は終わりだが、
アマチュアは聞こうと思えばあと2-3団体は行けそうな勢いではある。
  1. 2011/12/18(日) 23:09:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#62 しっくり。

img066_20111215180846.jpg

外山雄三の次は、10歳下の秋山和慶(1941年生)。
この人と東響の演奏で音楽体験を積んだ大学時代、あの頃が自分の基礎だ。
09年6月、読響の指揮台には30年以上ぶりに登場、好評だった由。

#62 【読売日本交響楽団第510回定期演奏会】
12月13日(火)19:00 サントリーH
指揮―秋山和慶
●モーツァルト…ディヴェルティメントK.136
●ハイドン…交響曲第104番《ロンドン》
●R.シュトラウス…交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》
1F21-12

まずは桐朋系の権化のようなK.136。
藤原浜雄率いる10型の読響は、昔のカラヤンのような
キツめに磨き上げた高弦の響きをつくる。
2楽章ではvaの意外な強調などあって、毎度感はない。

ハイドンの交響曲は数が多くて全部聞く気もしないし、
敬して遠ざけ《ロンドン》もまともに聞いたのは初めてかもという有り様。
改めて実演を聞くと、メロディひとつとってもユニゾンで弾かれ
合奏能力がやたら顕わになる曲だ。いやはやこれは奏者も恐ろしかろう。
ハイドン→モーツァルト→ベートーヴェンという流れをつい念頭に置くが
ザロモン・セットの掉尾を飾るこの曲ともなると、
編成は大きく意表を突くパウゼがあったり、かなりいろんなことをしていて
ベートーヴェンの1番に直結している。
調べると86年9月、この曲を秋山=東響で自分は聞いているらしい^^;。
会場からはブラヴォー。
前プロハイドンで、ブラヴォーを取れる邦人指揮者は余りいまい。貫禄。

休憩後《ツァラトゥストラ》。
余計な色付けはなく、一切うるさくもない。
自分の少ない語彙では言い表せないが、
ヘンにそぎ落とした感じはなく、しかしどこまでも清潔。
後半は遅めのテンポで確かな足どりに味わいが。
藤原Vn・鈴木Va・毛利Vcといった首席たちも弾きやすそう。ブラヴォー。
学生の頃《トゥーランガリーラ》や《家庭》をこの人で聞いていて
あまりに慣れ親しんでいるが故、全てがしっくり。

二十歳そこそこだったワタシは、
秋山さま、おかげさまでこんなオヤジになりました。
広島もようございますが、願わくば
もう少したくさん東響で聞きとうございます♪
  1. 2011/12/15(木) 18:09:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#61 なるほど、ね。

tak42a_1.jpg

自分がここ3年、かなり無理して演奏会通いを続けるのには
岩城宏之(1932-2006)と若杉弘(1935-2009)の死が強い影響を与えている。
まさに亡父と岩城は同年生まれ、父の世代。
広義の昭和ひとケタ世代の指揮者たち、代表はもちろん小澤征爾だけれど、
今のうちに聞いておかないといなくなってしまう、という危機感がある。
この日の指揮者、外山雄三(1931年生)は
幸い05年3月に仙台フィルとの「アルプス交響曲」
07年12月に日フィルと「第九」を聞いていて、
名のみ高く未聴ということにはなっていない。
しかしその後、このひと、やたら性格が悪いらしいという
余計な風評を聞いてしまい何となく敬遠していたところに、
一度は実演を聴きたいと思っていた《アレクサンドル・ネフスキー》。
これは少々無理しても。

#61【東京アカデミッシェカペレ第42回演奏会】
12月4日(日)13:30 すみだトリフォニーH
指揮―外山雄三 福原寿美枝Ms
●プロコフィエフ…交響曲第5番
●ボロディン…歌劇《イーゴリ公》より「だったん人の娘の踊り」「踊りと合唱」
●プロコフィエフ…カンタータ《アレクサンドル・ネフスキー》
3LB23

この日確保した椅子は、1階だと5-6列目の真上。
1階に座っても直接音と残響の混ざり具合があまり好きでないすみだ、
なるほど、舞台上方に近いこの席だとこうブレンドされるのか!
プロコフィエフ5番は何回かの実演に接して
あまり肌に合わないのはわかっているけれど、直裁なアプローチで納得した。
休憩後の「だったん人」、CMなどにも昔から使われ
通俗名曲だと勝手に思っていたけれど、力のあるいい曲だと再認識した。
この団体、来年6月には飯守指揮で「オランダ人」全曲を演るとか。
ソロも含め上手いアマオケだ。

そしてお目当て《アレクサンドル・ネフスキー》。
ロシアの指揮者で聞くしつっこい感じでなく、過不足ない音楽づくり。
自分が持っているディスクで言えば、
ジャン・クロード・カサドシュの演奏に似ているかしら。
こういう演奏でこの曲の初実演を聴けたのは良かった。
スコアを見ながら最少の動きできっちりと音楽を作る外山。
特別面白いことは起きないけれど、やはり聞かなくては。
  1. 2011/12/12(月) 18:28:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#60 見えない残響と闘う

img065.jpg

もう一週間経ってしまったが、未だ腑に落ちるところのないこの演奏会から。
ほぼ1年ぶり、久々のNHKホール。
「券求む」という方も外にいたが、縁あって確保していたのは2階正面のS席。

#60【NHK交響楽団第1715回定期公演Aプログラム】
12月3日(土) 18:00 NHK・H
指揮―シャルル・デュトワ エリン・ウォール 中嶋彰子 天羽明惠(以上S) イヴォンヌ・ナエフ スザンネ・シェーファー(以上A) ジョン・ヴィラーズT 青山貴Br ジョナサン・レマルBs 東京混声合唱団 NHK東京児童合唱団
●マーラー…交響曲第8番《千人の交響曲》
2FC9-31

"Veni creator spiritus"から饗宴に身を委ねる第1部。
改めて「NHKホールってS席でさえこんな音しかしないのか」と驚いた。
「千人」でさえいかにも遠いし、満席で背後から音は返ってこない。

一生忘れない体験と何回も書いているが、この曲は何を聞いても
22歳の時、86年サントリーホール開場シリーズ若杉=都響の
未だ「ひたすら凄いものを聞いた」という感覚がずっしり残る演奏と
自分の中で常にどこか比較になる。

この日デュトワはパーツパーツをきちんと整理し、
基本的にうるさいところなく積み上げた「千人」をつくった。
09年11月、サントリーホールでアルミンク=新日を聞いたけれど、
http://yosibei.blog10.fc2.com/blog-entry-584.html
あの時は割と前に座ってうるさくてたまらなかった記憶がある。

2部のアタマ、オケだけのところはデュトワ入魂で出色。
この日もN響らしく2部では時折ソロがやらかしてくれたものの、
独唱陣は皆、気持ち悪いヴィブラートもなく好感の持てる歌唱。
新日でも歌ったヴィラーズtが美しく歌う"Höchste Herrscherin der Welt"
はじめ、あの広大なNHKホールで声量の不足を感じることもなかった。

しかし、この作品の巨大さを追体験できないまま終わっちゃった、という感じ。
曲が終わり、満堂ブラヴォーの嵐。そう、悪いところはないのだ。
でも、高揚とは程遠い気分で会場を後にした。
これがもう少しでも響く会場なら。
たとえば、同じ広大な空間でもソウル芸術の殿堂だったら。
よほどのことがない限り、もうNHKホールには行かない。
  1. 2011/12/09(金) 12:43:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。