YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#63-65 週末のアマ団体ハシゴ

img067_20111202001111.jpg 006-gennady_20111219002715.jpg 110.jpg

年も押し詰まってきてまだまだコンサートはあるものの
「第九」には行かない予定なので、そろそろ打ち止め。
そんな中、今週末はアマチュア団体をハシゴ。

#63【クリヴィア・フィルハーモニカー第2回演奏会】
12月17日(土)13:30 練馬文化センター
指揮-山口琢也 クリビア・ダンスカンパニー(バレエ)
●R=コルサコフ…クリスマス・イブ組曲
●ストラヴィンスキー…《火の鳥》組曲1919年版
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
F42~F31

アマオケの演奏会ではあるが、前2曲はバレエ教室の発表会?を兼ねたもの。
張り出し舞台をつくり、舞台奥にオケが位置するやり方。
遅刻覚悟で練馬駅に着いたものの開演は遅れていて、直前最前列に駆け込む。
目の高さに舞台があって、幼児からそこそこのお歳?までの女性が
直近でトウシューズの音も高らかに踊るわけで、やや目のやり場に困る^^;。
前回11/27の練馬交響楽団で「響かず酷い空調」と書いたけれど、今回はマシで
音も最前だと背後から音が回ってきて、このホールでは最善と思われる。

R=コルサコフの曲は全くの初聴でオペラから組曲にしたものらしいが
途中から見る見る演奏がまとまり出す。「火の鳥」はまあまあ。
「巨人」は緩急を大きく取った演奏。あれだけ好きにやったら楽しいだろうなぁ。
たとえば3楽章13、Wieder etwas bewegter, wie im Amfangで
元のテンポより速くなったのに少しびっくりした。その他、緩急の振れ幅大きく。
アンコールはまたバレエ陣総出で「そりすべり」。まずは華やか。

大江戸線東中野乗り換えということで、一度行ったことのある「おなかいっぱい」
でハンバーグピラフを頼んだものの完食できず(^^;。年取った(写真2)。

#64【千葉大学管弦楽団第110回定期演奏会】
12/17(土)18:00 すみだトリフォニーH
指揮-伊藤翔 菊地美奈S
●R.シュトラウス…死と変容/四つの最後の歌
●ブラームス…交響曲第1番
3FRB27

この演奏会は、トレーナーを務めるオケ奏者の集客拡散ツイートで知った。
3階上手バルコンに座席を確保、確かに3階にはかなり空席が。
異常に上手い大学オケが首都圏には存在するが、千葉大はさほどでも(失礼)。
指揮の伊藤翔は神奈川フィルの副指揮者、
最近ポーランドのコンクールで入賞してきたばかり。かなり熱演型。
「四つの最後の歌」を楽しみに行ったのだが、
ルチア・ポップを理想とするワタシには、菊地Sの声はやや硬く聞こえる。
しかし"Beim Schlafengehen"からはその強さが魅力を増した。
コンマスくん、この曲では自分の持てる全ての力を使いきったソロ。
こういうところがアマチュアの団体を聞く楽しみ。
ブラームスの1番は積極果敢。と書いておく。

#65【某合唱団第18回定期演奏会】
12月18日(日)14:00 埼玉県某市某駅前コンサートホール
某合唱団
●木下牧子…男声合唱組曲 光る刻
●お楽しみステージ 「NHKみんなのうた~この歌を届けよう」
2F9-11

で、一夜明け今度は京浜東北線で埼玉某市へ。このホールは初めて。
たまにオケの演奏会もあるし、2階に座ってみたがよく響く。
傾斜がやたら急で椅子も横幅が狭いのには驚いたが、2002席でオケにもいいかも。
所用で2部までで退出したが、このジャンルは不案内なのと
クローズドな演奏会なので記述は事実のみにとどめる。

しかし何故に年末はアマチュア団体の演奏会は集中するのかしら。
今のところ、あと一つでプロ団体の予定は終わりだが、
アマチュアは聞こうと思えばあと2-3団体は行けそうな勢いではある。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/18(日) 23:09:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。