YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#25 歌曲集的「大地の歌」

img079.jpg

「大地の歌」。
何度も書くように、偉大な名盤と実演との差に戸惑い続けている。
インバル=都響・金=神奈フィルに続き、今年3度目の《大地》。
自分は学生時代、秋山和慶指揮東響300回定期の《アルプス》を聴いている。
http://i.t-bunka.jp/pamphlets/13390
第600回で《大地》を聞くのも何かの縁。

#25 【東京交響楽団第600回定期演奏会《定期演奏会600回記念公演》】
5月26日(土)18:00 サントリーホール
指揮―ユベール・スダーン ビルギット・レンメルトMs イシュトヴァーン・コヴァーチハーズィT
●モーツァルト…交響曲第35番《ハフナー》
●マーラー…交響曲《大地の歌》
1F21-31

いつも通りスダーン=東響らしいピリオドアプローチで
高いクオリティの《ハフナー》のあと、いよいよ《大地の歌》。
もっとも大好きな第1曲「大地の哀愁に寄せる酒の歌」から
スダーン=東響は咆哮しない。ただ伴奏もしない。だから歌が聞こえる。
自然な声とのバランスを保ち、インバルのようなやや威圧的な運びはない。
インバルの時のフェルミリオンMsと金の時の佐野成宏Tの方が
声としては好きだけれど、
演奏全体としては歌曲集的アプローチで最も納得した。佳演。
ニキティン以下東響は流石♪

とはいえ、ますます「大地」との付き合い方に謎が深まった感じがする。
いつかバーンスタイン=WPhil盤のように、
震撼させられる演奏に出会うことはあるのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 15:44:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#24 ブログとみずみずしいエルガーと。

以前はよく音楽家のブログを読んでいた。
最近はtwitterで済んでしまうので、あまり巡回することもなくなったけど。
東京都交響楽団Vc奏者、長谷部一郎のそれは
http://ichirocello.cocolog-nifty.com
さわやかな風が流れるような文章と写真が好きだ。
年間定期会員をやっていれば、当然顔も弾いているところも知っている。
でも、このひとがソロを、ましてエルガーを弾くとなれば
たとえバックがアマオケであったとしても必聴、そう思って蒲田まで。

#24 【虎の門交響楽団第87回定期演奏会】
5月25日(金)19:00 大田区民ホールアプリコ
指揮―米津俊広 長谷部一郎vc
●ベートーヴェン…序曲《コリオラン》
●エルガー…チェロ協奏曲
1F20-9

この曲、何故か実演では独人奏者に接することが多く
構築的ではあるけれどガチガチな抒情表現に同意できないことがある。
まぁ、デュ・プレの演奏という、どうにも立ちはだかる標準がある故だけれど。

割とひょこひょこと舞台に現れ、
凄く上手いとは言えないアマオケのバックながら
「ああ、やはりこのひとはこんなチェロを弾くんだ」
と最初のパッセージから素直に納得できる響きと歌いまわし。
ソリスト本人は技術的に不満もあろうが、必要以上に曲を大柄にせず
ヨーヨーの佇まいさえ窺える端正でみずみずしいエルガーだった。
そしてアンコールのバッハは心地良く響いた。

それにしてもアプリコ、いいホール。
そして金曜夜に定期を持てるアマオケって珍しい。
所用で前半のみで新宿に失礼する。
  1. 2012/05/28(月) 23:41:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#22-23 超名曲とそうでもない曲と。

concert_15th_small_20120521231145.jpg

拙宅の棚には、所謂名曲のCDが極端に少ない。
例えば「四季」は1枚もないが、別に名曲をないがしろにしている訳ではなく、
ガキの頃、隔週で必ずFM雑誌を買い隅から隅まで番組表を必死に精読し
録り貯めたエアチェックテープが擦り切れるほど名曲を聞き覚えたので
今更CDで聞こうなどという気に全くならないだけである。

#23 【某 弦 楽 合 奏 団 第15回定期演奏会】
5月20日(日)14:00 某区文化センター
●チャイコフスキー…弦楽セレナーデ
●ドヴォルザーク…交響曲第9番《新世界より》
1F-F33

《弦楽セレナーデ》《新世界》とも2種類の盤しか棚になく
《新世界》はケルテス=WPhil盤が一番だとは思っているけれど、
これほどの名曲になると、誰の演奏でも良いものはイイのだとも言える。

某区文化エンター、後方に座ると残響なしで酷いことになると分かったので
相当前に座る。ここは後ろから響きが返ってくる。
弦楽セレナーデをナマで聞くのはいつぶりかしら。
たっぷりとしたテンポと極濃表現で、こちらの息が止まりそうな箇所も。
この団体継続して聞いているが、今回特にVaがよく弾けていた。
弦楽合奏団なので、管弦楽曲を演るとき管打は全てトラなわけだけれど
常設メンバーではないのでどうしても凸凹ができる。
ごく常識的な範囲でロマンティックな解釈の《新世界》では、Hrがほぼ完璧。
1箇所惜しかっただけ。Flも2番が良かった。
アンコール《フィンランディア》になった途端、管が俄然生き生き。
この曲、吹奏楽レパートリーでもあるからなぁ。

#22【東京藝術大学《モーニング・コンサート3》】
5月17日(木)11:00 同大学・奏楽堂
指揮―湯浅卓雄 藝大フィルハーモニア 中江早希S 仁田原祐p
●R.シュトラウス…4つの最後の歌
●プロコフィエフ…ピアノ協奏曲第3番
1F26-29 学生

さかのぼって、今年度2回目の藝大《モーニング》。
《4つの最後の歌》ってあまり朝に聞く音楽ではないような気もするが
修士3年中江早希Sの歌唱は、ヴィブラート少なくディクション良く、
ルチア・ポップさえ思わせる、好きな歌いぶり。美しかった。
もう少し大きな声で満堂を支配できれば、言うことなし。
大好きな作品を無料でいい演奏で聞ける、有難いことである。
整理券確保のため、公園口からタクシーに乗ったけれど。

どうにも好きになれないプロコフィエフの作品だが、
仁田原祐pの3番は細身から硬質でエッジの立った打鍵で、
キャラクターのある中高音が魅力的。楽しめた。
「でも、この音でベートーヴェンの4番を演られたら興醒めだろうな」
などと考えながら聞いていた。
古典では違う美質が必要だし、実際そうするだろうけど。
本当にバリバリよく弾けてバルトークやラヴェル《左手》なんか演っても楽しそうだ。
  1. 2012/05/21(月) 23:09:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#21 小泉和裕、一歩抜きん出た存在へ

3570_p_1.jpg IMAG0399.jpg

小泉和裕という指揮者、昔からそれなりに聞いている。
都響の定期会員に復帰してから、彼の音楽に親しむことが増えた。
新日や神奈フィルでも聞くが特に都響と、派手さはないが
芯の一本通った音楽づくりには感心してきた。

#21 【東京都交響楽団第734回定期演奏会Bシリーズ】
5月14日(月)19:00 サントリーホール
指揮―小泉和裕 アンドレア・ルケシーニp
●ブラームス…ピアノ協奏曲第1番
●ラヴェル…バレエ音楽《ダフニスとクロエ》第1/2組曲
1F18-28

まずはブラームスの協奏曲。冒頭timpの轟音に驚く。
ルケシーニpにはあと一つ輝かしい響きが中高音に欲しいと思うのは
ないものねだりか。馬力は十分。
オケは、下手な交響曲演奏でもこんなに鳴らないだろう?
と思うほど堅固な演奏。

休憩後、通称ダフクロ。
最近の実演ではジョナサン・ノット=東響で全曲を聴いたが、
あの演奏、自分はやや粗いと思った。
四方・又紙Vn-店村/鈴木Va-田中Vc-柳原Fl-鷹栖Ob-西條Hr-安藤Timp
という布陣の都響は、遥かに上回る完成度。
テンポ・バランス・アーティキュレーション、全て過不足なくブラヴォー。
このまま録音しても市場で十分闘えると思う。
というか、こういう演奏はiTunesで売って欲しい。買う。

小泉和裕、還暦を越え、実直忠実からいよいよ一歩抜きん出た存在へ。
気合ゼロの海外オケを聞くよりは、よほどこちらに価値がある。
  1. 2012/05/15(火) 22:39:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#20 ここだ!

img078.jpg

ことNHKホールの響きについてはここ数回で失望しきっていただけに
カゼッラの交響曲のような、相当に魅力的なプログラムでもパスしてきた。
昨年末のデュトワ「千人」でS席を奮発したのに、
あまりの響きでガックリしたのは決定的だった。
どんな録音も生演奏に勝ることはない、と思いながらも
NHKホールだけは、放送で聞く方がよほど魅力的だったりするのだから。
この日も大好きなデュリュフレが演奏されるのは知っていたが、
すみだで《4つの海の前奏曲》、みなとみらいでは相当力の入った《悲愴》、
そちらに食指が動いていたくらい。
魅力的な友人のお誘いがなかったら、まず行かなかっただろう。

#20【NHK交響楽団第1727回定期公演Aプログラム】
5月12日(土)18:00 NHKホール
指揮―尾高忠明 ギャリック・オールソンp 加納悦子Ms 三原剛Br 新国立劇場合唱団
●オネゲル…交響詩《夏の牧歌》
●ショパン…ピアノ協奏曲第2番
●デュリュフレ…レクイエム
3FL2-10

音に期待していないので「D席を適当に取っておいてください」とお願い。
座ってみるといやはやこの席、良席。意外なほど残響を感じる。
オネゲルもショパンの2番も初聴。
オネゲルでは、日フィルから移籍の福川伸陽Hrが伸びやかなプレイ。
これからも彼らしい演奏を続けられるなら、N響も変わっていくだろう。
ショパンは興味がないのでうつらうつらしながら。いいんじゃないでしょうか。

デュリュフレは大好きな曲だけれど、
編成を刈り込んだ1961年版なるもので最初に聞き覚えてしまい、
作曲者自身のエラート盤でさえ、通常版が華美に感じるのは本当に困っている。
他で聞いた三原剛Brがヴィブラート過多で、この曲に合うかなと思っていたが
この日はヴィブラートも全く気にならず好ましい歌唱。加納Msも好演。
尾高=N響は劇性も透明感も過不足なく、いい演奏だった。
しかし改めていい曲だ。

しかしこの日最大の収穫は、NHKホールでここだ!というこの椅子を発見したこと。
終演後の食事も、美味いオーストリアワインで盛り上がった。
この演奏会に誘ってくれた友人2人に感謝m(__)m。。
  1. 2012/05/13(日) 22:15:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#18-19 京浜東北線上2題

img077.jpg

連休最終日は、蒲田のアプリコへ。
このホール、近いのに大ホールに入るのは初めてである。

#18【マイクロソフト管弦楽団第8回 ファミリーコンサート】
5月6日(日)13:30 大田区民会館 アプリコ(大ホール)
指揮-山口琢也 土屋伸一郎Fl
●ベートーヴェン…《エグモント》序曲
●メンデルスゾーン…序曲《フィンガルの洞窟》
●モーツァルト…フルート協奏曲第1番
●ニールセン…交響曲第2番《4つの気質》
1F16-26

1階センター上手寄りに陣取る。対向配置のオケ、このホールは良く鳴る。
《フィンガル》など、もう少しppがあると良さが際立つのだが。
Fl協奏曲、わずかにソロはピッチ低め、アマチュアの音量では
伴奏の6-6-6-6-3に埋もれてしまう箇所も。もっと刈り込んでもいいのかな。
ニールセンは曲名はともかく、全くの初聴。
傑作《不滅》に比べるとややまとまりがない。Tbの巧さが印象的だった。
終楽章はなかなかの聞きモノ。今度CDあさってみますかね。

#19【東京藝術大学《モーニング・コンサート2》】
5月10日(木)11:00 同大学・奏楽堂
指揮―澤和樹 藝大フィルハーモニア 古山真里江ob 新井貴盛vn
●R.シュトラウス…オーボエ協奏曲
●チャイコフスキー…ヴァイオリン協奏曲
29-4

上野のモーニングコンサート、昨年は地震の影響で入場制限がかかり
どうしても聞きたかったJ・マルクスが聴けなかったりした。
今日も早めに行ったのに、どうやらギリギリだったようで満席。

晴れた朝、シュトラウスのオーボエ協奏曲は最高だ。
澤教授指揮する10-8-6-4-2のバックは、やたら表情付けが細かいが
4年生の古山Obも、もう一つ高音に突き抜けた音があればと
ないものねだりはしたくなるけれど、臆することなく歌う。
途中からリードを頻繁に変え、これまで見たことのない光景で少し驚いた。

チャイコンは冒頭から同じく4年生新井の醒めた音が印象的。
ときおり音が無機質な感じがするので、彼ならバルトークの2番とか楽しみ。
中高音にキャラクターがある。1楽章終わりに拍手が起こった。
疲れが垣間見えたけれど、終楽章もよく突っ込んでいて好感が持てた。
この曲、ソロが上手ければ上手いほど、猛獣使いみたいに見えてくるものだけれど
なかなかの調教ぶりでした♪
それにしても奏楽堂、いいホールです。
  1. 2012/05/11(金) 10:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休まとめ

IMAG0395s.jpg IMAG0397.jpg

5月の連休、訪韓以外もあちこち。

【4/29(日)】
先日原宿にAmerican Eagleがオープン。
ずっと米本土から通販で取り寄せてきたので見に行ったが、
向こうのLがちょうど良いのに日本サイズになっていて、デブに優しくない^^;。
失望しつつ原宿から恵比寿までちんたらと歩いて、ヘトヘト。
一旦帰りすんずくへお土産配りの旅。2軒はしご。

【4/30(月)】
夕方小鉄を動物病院に預け、羽田でのレンタルWifi・DoCoMo韓国プラスナンバー
2日目午前の観光・訪韓便Webチェックインの手配完了。
何か抜けはないか心配する。

【5/1(火)-3(木)】
訪韓旅行記参照。
http://t.co/0wzm7HRw
帰国後、街で語尾をゆるい発音でしゃべる酔っぱらいの言葉が、
つい韓国語に聞こえてしまう。
らんぷ亭。で、2軒。さすがに眠くなり早めすんずく離脱。

【5/4(金)】
家でワンコとグダグダ。
「どなたかお声がけいただければ、出ますよ~。」とつぶやくと、
ありがたくもMくんから食事のお誘いをいただき、美味しいひととき。
そのまま前野原温泉「さやの湯処」に向かうところ、
久しく会っていないNくんとSくんから「新宿で飲むので来い」との電話。
Mくんには本当に悪かったのだけれど、ひとっ風呂浴びすんずくへ送っていただく。
なかなか行かないY店でじっくり。その後自分の行きつけに2人をお連れし、結局朝まで。
いかに永い友人と久々に会ったからといえども、
朝の新宿駅で「人としてどうよ」と本当に思う^^;。

【5/5(土)】
11時に叩き起こされ、どこか行きたいという同行者と相談の上、
茨城県北部、常陸太田市の「ぬく森の湯」へ。
連休も終わりに近い土曜日。いいお天気(写真1)
東名・中央や関越や東北に比べ比較的空く常磐道を選ぶ。
地場のコンビニが楽しい(写真2) 。
3時40分ごろ1000円払って入浴したのだけれど、
午後4時から半額の500円になるということで、地元の方ぞくぞく。
http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/index.php?code=257
お湯は、同行者が期待したような硫黄臭いものではないけれど、ぬるぬる(^^)。
群馬の小野上同様、ここも「ふるさと創生」の頃、計画されたものなのだろう。

6時過ぎ、軽く夕食を取ってから那珂ICで常磐道に。
20km超の渋滞は同行者にお任せ。これができるようになって、随分気楽になった。
新潟までやむなく出かけた友人は、復路、合計100kmの渋滞だったそうだ。
みなさま、お疲れさまでした。
  1. 2012/05/08(火) 00:30:36|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW訪韓記

IMAG0339s.jpg IMAG0342.jpg IMAG0343s.jpg

今年のゴールデンウィーク、メインイベントは訪韓。
昨秋訪韓で食べた骨付きカルビの美味さをことあるごとに喧伝したせいか、
同行者を巻き込むことに成功(^^)。
前回は個人旅行で、コンサートの他は板門店しか行かなかった。
今回のコンセプトは普通の観光旅行。GW中で\44,860/人なら上出来でしょう。

【5/1(火)】
強烈な睡眠不足の中、羽田の国際線ターミナルへ。
NH1161は8:50発。早い。
今回もWEBチェックインを済ましてあるので、バーコードを見せてスムース。
羽田の新ターミナルから初めて出国、免税品店はともかく飲食店がショボいのはねぇ。
34Rからの離陸は眠くて良く覚えていない^^;。
前回のNRT/ICNは機内食が余りにショボくてビックリしたのだけれど、
さすが競争の激しい羽田路線、そこそこなボリューム(写真1)。

うつらうつらしながら金浦の14R?に着陸。初の金浦は、少し台北桃園に似ている。
ロビーに出るとガイドの所に出頭、となるわけだが、わずか4名でマイクロバスに。
台北やハワイの時は10組以上で混載になるのが当たり前なので、驚く。
新羅免税店に寄り(自分はブランド物に興味がないので、全く買うものナシ)
乙支路三街(写真2)のホテルに着いて解散、のはずが
「早いので(明洞の)ロッテ免税店で降ろしてあげます」と熟年ガイド女性のたまう。
なるほど、こうやってガイドさんコミッション稼ぐのね。
全くウォンを持っていないので、はす向かいのシティバンクへ。
邦銀は新生銀行以外、国際キャッシュカードをなかなか作らせないが、
こういう時現地通貨で降ろせるのはやはり便利。1KRW=0.074JPYでおろせた。
有利と言われる街中の両替商でさえ、0.084JPY位だったもんなぁ。

天気が非常によく、気温は26度。暑い。明洞を歩き回って、ロッテリアに入る。
どこの国でもそうだと思うが、海外で見る日本語はかなりヘン。
「自分勝手にえて食べるドリンク!デザート!」ってナニ?!(写真3)
夜に行ったコンビニもちとヘン
逆に言うと、日本で見るハングルや繁体字もなかなかなものだそうで、
翌日のガイドさんに聞いたら「ハングルがひっくり返っていたりする」そうだ。
ポケットwifiとGoogleMapを見ながら、歩き疲れつつホテルに戻って休憩。
途上国でなければ今やどこでも、電波とスマホとGoogleMapさえあれば何とかなる。
だから初回訪韓時の教訓で、今回は220Vと100Vのタップを持参。
同時6台まで充電可能にしておいた。バッチリ(^_^)v

韓国人の友人もこの日はメーデーで休日。ホテルで合流。
梨泰院のホテルでサウナに入り、人生初垢すり体験。
痛いのを我慢していたらヘンなところに力が入っていたようで、
翌日からモノがつかめないほど左腕の筋肉痛に悩むことに^^;。暑くて放心状態。
梨泰院から新林に移動、前回感激した骨付きカルビへ。美味し。お腹いっぱい。
そこから鍾路三街にタクシー移動。かなりの距離。
軽く飲んで、終電が早い友人とはお別れ。
ぶらぶら歩いてちと迷いつつホテルへ。就寝。

【5/2(水)】
IMAG0357.jpg DCF00454s.jpg IMAG0384s.jpg

午前中は日本で予約しておいたソウル市内観光へ。KRW55,000。
また10組くらいの混載を覚悟していたら、美人ガイドさんと我々2人だけ!
まずは昌徳宮。韓流ドラマには全く興味がないけれど、
首都の街中に静寂に満ちた旧王宮があるのは素晴らしい(写真1)。
ここでは社員旅行と思しき団体と鉢合わせ。
我らが美人ガイドのキムさんが説明しようとすると、
ハンドマイクを持った向こうのおばはんガイドが先に説明してしまい、苦笑い。
補足あります?と聞いた方が早い(^^)。
催行人員2人といえどもツアーはツアー、紫水晶工場へ。
よく日本のツアーでもこういう所に連れてこられるけれど、
水晶なんてそうしょっちゅう買うモンでしょか?
次に南大門市場。2人しかいないのでお姉さんは通訳状態(^^)v。
KRW120,000のメガネとaeropostale(おそらく本物ではない)のTシャツ購入。
前回は一人旅でそんな目には合わなかったのだけれど、
「お兄さん、すごくイイ偽物あるよ~」と呼び込みがかなりうざい(=_=)。
そんなにワタシは一目でわかる日本人なのでしょうか…。
このメガネ、その時は感じなかったけれど、全く手元が見えない(・_;)。
はいはい、老眼ですよ。フンだ。http://twitpic.com/9jpo74

ここから昨日通った新羅免税店のそばを通り、Nソウルタワー展望台へ。
台北101も素晴らしいが、ここは山の高台。素晴らしい眺望。http://twitpic.com/9jpoer
街を歩くソウルのカップルはかなり情熱的にデレデレしているが、
夜はもう、それはそれはお熱いそうである。
お互いの愛情に鍵をかける意味で、屋外の展望台には南京錠がたくさん(写真2)。
初夏の陽気と美しい緑、良い所だ。

ツアーはここで終わり、好きな所で降ろしてくれるとのことで鐘閣駅のそばまで。
友人お薦めのサムギョプサルのお店を捜す。
指定された住所はすぐわかったのだが、お店が2階だと気付かず20分近くウロウロ。
LINEでやりとりしつつ、「トクサムシデ」というお店へ。便利な世の中である。
自分は豚があまり好きではないのだけれど、よく焼くと美味しい(写真3)。
満足。豚肉大好きな同行者は言わずもがな。

3駅乗って東大門へ。ひたすらうろつく。http://yfrog.com/kjv6rguj
昨年一人で来た時は朝10時までしか時間がなく、まともに見て歩けなかった。
メンズカジュアルの店には、とにかくアバクロとホリスターがやたらたくさん。
「大きなサイズあるよ」とヒトの顔見りゃ物凄い勢いで売り込んでくるくせに、
こちらが下着を探してると言うと、アッチ行けと言わんばかりの店員^^;。
それにしてもマイクロボクサーがどこにもない。
台北では見るんだけど、韓国人はあんなパンツは履かんのか?
歩き疲れてスムージーなどいただく。日本に比べれば安い。

いったんホテルに帰って仮眠、また東大門に取って返す。
巨大なファッションビルをいくつも見て歩くが、
結局前回も行ったビルのお店でショートボクサー購入。
前回は意識しなかったけれど、高速道を壊して再生された清渓川。やはりきれい。
すっかり遅くなった晩メシは「ウネンナムチッ」で。
後で見たら日本語でも引っかかってきますな。自分はプルコギ。完食できず。
かなり迷ったものの、そこからまた鍾路三街のバーでウィスキーソーダ3杯。
またホテルまで歩く。もうGoogleMap首っぴきではありませぬ。就寝。

【5/3(木)】
今回、ホテルの薄い食パンが思いのほか美味く昨日同様3枚。
ピックアップは9時半。来るときはやたら元気だった若い女性2人組、ぐったり(^^)。
ビルの7Fだかにある土産物屋に寄り、かなり割高なのは承知の上ウォンを使い切る。
NH1162にも前日WEBチェックインしておいたのだが、カウンターでは紙の搭乗券。
出国前にやたら魅力的なアウトレットなどあるのだけれど、早々に出国。
中のコーヒーショップで日本円で払うと、550円も取られる^^;。

NH1162は32Rから出発、復路の機内食はベジタブルカレー
ま、日本人でカレーがダメって人は、自分でも1人しか知らない国民食ですしね。
うつらうつらしながら羽田34Lに着陸。東京は雨。やっぱり羽田は近くてよろしい。
ソウル、改めて気に入りました。
  1. 2012/05/06(日) 10:00:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。