YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#31 普段は避けてる超名曲

7月の都響B。
元々大植英次が前半《ばらの騎士》組曲を演る予定で全席完売。
しかし大フィルとのGM9で頸椎を痛め都響初日のリハーサルでキャンセル、
小泉和裕にお鉢が回ってきた。

#31【東京都交響楽団第738回定期演奏会Bシリーズ】
7月19日(木)19:00 サントリーホール
指揮―小泉和裕
●ベートーヴェン…エグモント序曲
●ワーグナー…楽劇《トリスタンとイゾルデ》前奏曲と愛の死
●チャイコフスキー…交響曲第6番《悲愴》
1F18-28

このアクシデントには都響側も相当テンションが高かったようで、
《エグモント》などいささか粗いと感じるほどの轟々たる響き。
《トリスタン》は硬さも取れ矢部・又紙Vn-店村・鈴木Va-古川Vc以下
都響各首席の妙技が精妙かつ重厚につまびらかに。
元々《ばらの騎士》組曲と《悲愴》というプログラムが
取り合わせ的にどうかと思うのだけれど、なるほど悲劇性ではこの方が収まる。
いつも思うが寺本Fl-広田obの二人は日本一だ。

で、《悲愴》が始まってしばらく「あれ、こんな響き?」と思うことたびたび。
この超名曲。物憂いガキの頃、散々聴き過ぎたせいで、
普段は聴くことを避けているため、ほとんど実演の記憶がないのである。

壮麗さとは一線を画す豪胆無比の小泉の《悲愴》。
終演後はただ疲れて飲みに行ってしまったが、
どうしても後を引くものがあって、
全曲の終結部が数日頭の中で鳴り響いて止まらなくなってしまった。
良い悪いを超えたところにある演奏の価値とは、こういうものなのかも。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 20:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#29-30 帰省とその前のコンサート2題

7月12日から15日まで帰省。
拙宅は7月盆なので、毎年この時期に帰る。
何のことはない、8月だと飛行機は混むしバカ高だからという理由なのだけれど。
が、今回は集中豪雨で白川が決壊という、半世紀ぶりの災厄の真っ最中。
拙宅は中央区でも白川から離れているので、おかげさまで全くの無事。
が、白川が氾濫して上通り・下通り・新市街も浸水した626大水害の話は
小学校でも教わったし、親類からも体験として聞かされてきたこと。
阿蘇のあの辺りもよく災害に遭う場所。早期の復旧が望まれる。

普段帰省時にはレンタカーを借りるのだけれど、
今回は母方の叔母からクルマを借りた。http://path.com/p/47ICzJ
マニュアル車を運転するのは10年以上ぶり。
意外と身体が覚えてるものとは思うが、
正直なところ動かせてはいても、ちゃんとした運転ってレベルではない^^;。
あんな3速の繋ぎじゃダメダメである。

帰省時ならではの食生活をいくつか。
●「かわ専」の蒸さない鰻。http://via.me/-2zia5uc
TL上で鰻という文字を見てはたまらなくなっていた。後悔はしていない。
●「獅子林」でランチの油淋鶏。http://via.me/-2zi74h4
若い頃週イチで食ってたので、時折無性に食いたくなるのである。
●広町山本屋の和定食。
IMAG0466.jpg
両親健在の頃から食っている朝メシ。ホッとする。

さて、さかのぼってエルムの鐘。

#29【エルムの鐘交響楽団第27回演奏会】
6月30日(土)18:30 なかのZEROホール
指揮―江上孝則
●フンパーディンク…歌劇《ヘンゼルとグレーテル》前奏曲
●ヒンデミット…ウェーバーの主題による交響的変容

この楽団を聞くのは確か2回目か。ヒンデミットを聞きたくて出かけた。
調べると昨夏はこの曲を実演で2回聴いていたのね^^;。
《ヘンゼルとグレーテル》はロクに聞いたことがなかったけれど
「夕べの祈り」を中間部に据えた馴染みやすい曲。
それにしても中野ZEROは、アプリコと同じくらい鳴るホールだ。
後半のブラームスは所用にて失礼。

#30【プレリュード2012】
7月7日(土)13:30 なかのZEROホール
各団体

●Penny Lane/Yesterday/OB-LA-DI,OB-LA-DA
●I lieti amanti/ジャニーズ ダンスメドレー
●赤いスイートピー/たなばたさま/You Raise Me UP
●祝福/ロマンチストの豚/鷗
●リード…小組曲
●The Seventh Night OF July/フライングゲット
●Britten…3rd Mvt from Simple Symphony

いつも聞いてるこのフェスも、昨年は欠場したのか記録が残っていない。
どうやら今年は5回目の参戦らしい。
お会いしたことがあるプレーヤーだけでも3人はいるわけだけれど、
まぁ演奏の巧拙を論うような場ではないので、
毎度のことながら尻上がりに愉しんだと書くにとどめる。
帰り道、ひどい土砂降り。家のそば、老人が目の前でハデに仰向けに転倒!
持ってたカバンがたまたま保護しなかったら、
確実に頭部流血の惨事どころか命の危険もあったかも。気を付けたい。
  1. 2012/07/18(水) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。