YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#34-35 コンサート復帰

2piano_leaf.jpg

暑くてコンサートから足が遠のき、24日ぶり今月2つ目のコンサート。
周囲の一部に(笑)人気のある冨平恭平のツイートを読んでいたので、
リハビリにはちょうどいいかなと初台に出かけた。

#34【服部容子p&冨平恭平p 2台のピアノの物語Vol.2】
8月26日(日)14:00 東京オペラシティ・リサイタルホール
服部容子p&冨平恭平
●ホルスト…組曲《惑星》
●ストラヴィンスキー…バレエ音楽《春の祭典》
上手後方

昨年4/28にも聞いたこのコンビ。
http://yosibei.blog10.fc2.com/blog-entry-709.html
会場は前回と同じく、音楽業界関係者?がたくさん。
《惑星》の2台版は初めて聞いたけれど、冨平がパンフ解説で
「まずは2台ピアノ版で全体像を作り、その後オーケストレーションを練り上げていった」
と書いている意味が良く分かった。
こういう曲の場合、目の前から聞こえるピアノの音に
頭の中でオケの音を足していることが多いのだけれど、
この2台版についてはさほど足さなくても頭の中を音楽が自然に流れる。

《春の祭典》は昨年6月、寺田悦子と渡邉規久雄pのコンビで聞いていて
http://yosibei.blog10.fc2.com/blog-entry-713.html
いかにも専業ピアニストが弾く《春の祭典》という感じがしたのだけれど
コレペティトゥーア2人の弾くこの曲は、全くオケ聞きの自分に違和感がない。
冨平が頭を振って指揮する第2部もバシっと合って、楽しかった。

オケを生で聞く機会があまりなかった田舎育ちの自分としては、
地方でこういう管弦楽曲のリダクションをやってくれるピアニストがたくさんいたら、
もう少し音楽の聴き方が変わったのではないかと思わずにはいられない。
毎年ピアニストは音楽大学から量産されるわけだけれど、
小さいホールでこういう演奏会の巡演って、いかがなもんでしょうか。

#35 【第10回東京音楽コンクール本選《ピアノ部門》】
8月27日(月)18:00 東京文化会館
指揮:円光寺雅彦 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
桑原志織・梅村知世・高橋優介・新山 茜p
●バルトーク…ピアノ協奏曲第3番-桑原志織
●ラヴェル…ピアノ協奏曲 ト長調-梅村知世
●ラフマニノフ…ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 op.1(改訂版)-高橋優介
●シューマン…ピアノ協奏曲 イ短調 op.54- 新山茜
1F19-34

さて翌日は、若い才能を見出すという面はさておき、
一度にたくさんのコンチェルトが聴けるという点で毎年通う本選。
以下、各々の演奏について短く。

青いドレスの高校生の桑原が弾いたバルトーク、
音が大きいがちょっと無造作な感じ。終楽章228小節で鮮やかさを実感。

紺のドレスの大学院生梅村が弾いたラヴェル、
全体的にバランスよく2楽章もいい趣味でまとめ上げた。
1楽章最後の追い込みではなぜか盆踊りを思い出す^^;。

黒いスーツの高1高橋が弾いたラフマニノフは強烈な印象を残した。
強力な打鍵、強靭な音楽。何を言いたいのか良く分かる音楽。ブラヴォー。

耳が疲れた後のシューマンを薄緑のドレスをまとう大学生新山は
中高域のなめらかな音がオケと調和する。
終結部でわずかな乱れが散見されたけれど、オケも弾きやすそう。

結果はHPによると
第1位 高橋 優介 (聴衆賞も)
第2位 桑原 志織
第3位 梅村 知世
入選 新山 茜 でありました。
まずは彼らの将来が輝かしいものでありますように。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/28(火) 16:55:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第18回訪沖

IMG_1119s.jpg IMAG0511.jpg IMAG0543.jpg

毎年夏の旅行、今年は09年以来3年ぶり11回目の沖縄本島。
昨年初めてハワイに行って、それはそれはカラッとした暑さが印象的で、
なぜあれほどハワイが人を惹きつけるのか良くわかったけれど、
沖縄が恋しくなったのも事実。
石垣3、久米島2、宮古2とあわせ訪沖18回目に。
これまで南恩納をメインに名護や沖縄市などに宿泊してきたけれど
今年は初めて糸満にしてみた。
こんだけ来てて南部戦跡に行ってない、という罰当たりも気になっていたもので。

ただ、沖縄本島での行動は見事にパターン化してて、ファーストフードにイオン、
たまにステーキ屋と国際通りの外れという代わり映えゼロの行動で終わる。
ま、それで十分楽しいから良いんだけど。
いつもは時系列でああしたこうしたと書くのだけれど、
どうせ毎度のパターン通りなので、今回は箇条書き羅列にしてみます。

【今回の初めて】
・ひめゆりの塔(写真1)・平和の礎
記念館をそれなりに時間かけて見た。
ちょうど富士宮の小学生が多数来館してたのは良いとしても、
あんなロクに展示も見ず5~10分で見学するものなら止めた方がマシ。
あれじゃ、子供に戦争の悲惨さなど露ほども伝わるまい。
・JEF
昔から気になってはいたが、恩納名護方向に店がないので初めて。
エンダーもいいけどJEFもまた良し。
(at JEF豊見城店) [pic] ― http://path.com/p/1WSjCW
・A&Wのモーニング
ホテルの朝食バイキングに一度も行けなかったので、エンダーに救われた。
(at A&W 糸満店) [pic] ― http://path.com/p/4C5LU1
・サザンビーチ&リゾーツ(写真2)
沖縄の場合次から次にホテルができるので、
昔からの超老舗はともかく、基本的に新しいホテルを狙うべき。
ここ、プライベートビーチではないし、裏手はドックという殺風景な場所ながら
アメニティも部屋の設備も十分満足した。
国際通りからホテルまでタクっても3,000円切って20分しかかかってないし。
ベルガールの中国人姉ちゃんの日本語が聞き取りにくかったの以外は。
・Jimmy+Okinawa Company(写真3)
Jimmyは沖縄でしか見たことない菓子チェーン。
初めて店に入ったけど、コストコのケーキを思わせるボリューム。いい。
Okinawa Companyは何となくHawaiian Cookie Companyのパクりぽい^^;。
・りっかりっか湯
うーむ。あれに1,500円…。

【前回からの情報アップデート】
・コザの不振は空港通りにも
パークアベニューが怖いくらいシャッター通りになって久しいけれど、
空港通りも空き店舗が増えてきた。
国際通りにない雰囲気が好きだったのに残念。
・北谷アメリカ屋閉店+奥にホテルと店舗
買いはしないが北谷での楽しみのひとつ、アメリカ屋閉店していた。
ビーチタワーのそばにホテルができてて、手前に商業施設ができてた。
・ハンズ
沖縄本島で有名店も含め肉食ったが、C/Pは最高。でもハンバーグは少し残念。
(at ジャンボステーキハンズ) [pic] ― http://path.com/p/35hqS8
・某ビーチ
一般的な案内よりも先の道から下ること。でもあれは迷いやすいかも。
http://path.com/p/3nUdZD
・あしびなー
フードコートがなくなってて、一部店舗になっていた。
使い勝手良かったんだけどなぁ。
・ブルーシール
パスタセットを頼むとアイスクリーム付き。あれはいい。
path.com/p/4fnz9V (at BLUE SEAL BigDip豊崎店) [pic] ― http://path.com/p/4zaiA1
・やっぱDocomo
イーモバもWiMAXも市部ではダメ。auはわからないけど、やはりDoCoMoですな。

【恥を忍んで今回のウッカリ2題】
・クレジットカード紛失
北谷のイオンで親類にマンゴーを送ろうとゴチャついてる間に落とし、
その後那覇で晩飯の支払いで気づくという大失態。
店員さんに拾われてて、無事被害もなく回収。ありがとうございましたm(__)m。
・イヤホン紛失
往路便を降りる時にいつになくきちんと巻き取ったのは覚えていたのに
ホテルで見つからず。復路便カウンターで問い合わせ、無事確保(^_^)v。
飛行機で落としてたんですね。

失態もあったものの大事に至らず、そこそこ楽しく過ごせました。
現在、日焼け跡がボロボロ剥けた肌もやっと落ち着いて参りました。
次の旅は台北です。
  1. 2012/08/24(金) 19:26:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#32-33 相当面倒くさくなってまして。

IMAG0482.jpg aloysius.jpg

かなり更新をご無沙汰しておりました。
正直、書くのが相当面倒くさくなってまして。
とはいえ、書かないと次の話に行けないもので、昔なら5本分くらいをさらっと。
まずは演奏会2本。

#32 【フライハイト交響楽団第32回定期演奏会】
7月29日(日)14:00 東京オペラシティ・コンサートホール
指揮―井﨑正浩
●ラヴェル…道化師の朝の歌
●プロコフィエフ…交響曲第1番《古典》
●ショスタコーヴィチ…交響曲第5番《革命》
2FL1-42

この前の都響定期から《悲愴》が脳内を占めて困っていたので
《古典》と《革命》で日曜の午後、上書き消去を図る。
この楽団も第27回井﨑のABr7、第31回森口の「タラス・ブーリバ」ときて
第32回井﨑とおつきあい。
団から招待ハガキをいただいてチケット引き換え、2階バルコンは久々。
自分の想定よりも鋭い響きがしたので、ちと驚く。

《道化師の朝の歌》はアマオケで比較的弾かれる。
fg・tp・vcとソロが心地よく、《古典》はやや遅めで丁寧に。
井崎の指揮は相変わらず見やすく、音楽も誠実。
でも《古典》って見てくれより遥かに難しい曲だ、というのが分かりました。
《革命》は1楽章途中で早めのテンポを取ってダレないようにしていたり、
3楽章の木管が美しかったり。
アンコールはタヒチ・トロット。これで《革命》による上書きは成功。

#33 【東日本復興支援 子供の交流 友情の架け橋青少年コンサート2012《チョン・ミン(指揮) アロイシウス・オーケストラ 千葉県少年少女オーケストラ》】
8月02日(木)14:00 サントリーホール
指揮―チョン・ミン
●L.メーソン…主よみもとに近づかん
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
2FRA2-17

夏に《巨人》も良かろうと、炎天下の六本木一丁目で当日券。
サントリー舞台上手直上のこの席、初めて座ってみると正面ガラッガラ。
いろんな事情はあるのだろうけれど、相当にもったいない。

配られたプログラムで、アロイシウス・オーケストラが
釜山の児童養護施設を基に作られたのを知る。
エル・システマの韓国版ということになるのかな。
指揮者(84年生)がチョン・ミョンフンの息子というのにもビックリ。
若いし相手が子供なので極端な解釈は取らないけれど、
いやはや棒さばきと表情が親父さんソックリ(^-^)。
1楽章でclやtimpが落ちてビックリしたけど、音楽そのものは直裁でまずは祝着。
しっかし親父さんに似てたなぁ。
終演後は韓国式ブラヴォー(ブラヴォー+ヒューヒュー+スタンディング)
が出ておりました。
  1. 2012/08/22(水) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。