YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#39 「ロメジュリ」のヘビロテ

22chirashi.jpg

自分の場合、演奏会で実演を聞いて曲が頭に残り
次のコンサートまで延々ヘビロテということがある。

#39 【吹奏楽団「風の和」第22回定期演奏会】
9/23(日)14:00 なかのZEROホール
左藤博之cl
●福島弘和…稲穂の波
●伊藤康英…吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」
●スパーク…クラリネット協奏曲
●グラズノフ…バレエ音楽「四季」より秋
●チャイコフスキー…幻想序曲「ロメオとジュリエット」
2F6-31

縁あって、できるだけ毎年伺うことにしているブラスの演奏会。
前半でtimpを叩いた知人、いい音を出していた。
スパークのcl協奏曲は座った席が2F最後方ということもあり、
達者なソロといえど、十全に聞き取れたとは言い難い。
演奏後、ソリストが団にお辞儀したら、
前方10名ほど一斉に会釈したのは面白かった。

自分はオケ聞きだから、どうしてもグラズノフとチャイコに印象が偏る。
オケならばこう鳴るとかいうことはあるにせよ、
自分は呼吸の深い「ロメオとジュリエット」を楽しんだ。
この演奏会後、しばらくロメジュリでアタマがいっぱいである。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/27(木) 21:44:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3rd TPE

slide-1.jpg IMAG0591S.jpg IMAG0611.jpg

8日から10日まで台北に行ってきた。
訪台は3回目である。同行のMくんは初海外。
エバー航空に乗るのは初めて。実は往復ともキティージェット(B16332-B16331)。

【第1日】
羽田-台北松山空港(BR189)-エバーリッチ免税店-ホテル
西門-総統府-中正紀念堂-台北101-夜市-西門

台北松山空港は何となく昔の羽田を思い出す雰囲気、
入国してまずは中華電信カウンターを目指す。
プリペイドSIM「3G行動上網日租型」3日250NT$をhtc desireに挿すと
無事通信でき、そこからPathにアップ。
http://t.co/04BAJMba
ま、昨年台北で買ったスマホなんだから、上手く行って当然だけど。
ツアーのバスで免税品店に行った後、西門のホテル。面白い作りで滞在は快適。
http://www.taipeinavi.com/hotel/298/
台北でいつもお世話になっている友人Cさんと合流、ホテルから西門に歩き軽食。
自分は台北3回目、目新しい所は特にない。
気が緩んだか、101に行くタクシーでDoCoMoのガラケーを忘れるという大失態。
Cさんの素早いフォローで、午後9時には携帯は手元に。感謝。
Mくんと一旦別れてホテルに帰り、モスバーガーとビールで部屋で寛ぐ…
つもりが、何となく飲み足らず西門に取って返し一杯。帰着、就寝。

【第2日】
竜山寺-光華商場-鼎泰豊-保安宮-孔子廟
新北投皇池温泉-士林夜市-欣葉飯店-西門-中山

光華商場は自分の希望で日程に入れてもらった。
昨年7月に台北で買ったhtcのdesire、
恒常的メモリ不足だけでなく最近ボタンの物理的不具合まで。もはや我慢の限界。
htc desire Vをバッテリ1個付けて28,419円で購入。
iPhone5は非常に気になるけれど、一年はこれでいく(写真1) 。
自分はワンセグもおサイフも不要なので、基本的なAndroidが良い。

あまり食欲がわかず、鼎泰豊では小籠包と炒飯。孔子廟は初訪問。
皇池温泉では露天風呂で、新宿A店でお見かけしている方と初めて会話を交わす。
台北まで来てなぜこの人に会う?という感じもしないではないけれど。
それは先様の方が言いたい台詞ですわな。
3年ぶりの士林夜市は少しキレイになっていた(写真2)。
が、本来の路地は相変わらずの大混雑。予定していた買い物はできた。
欣葉飯店では蟹のおこわ、でも魚介類ダメなワタシは同行者にご迷惑を。
西門-中山で一杯やって帰着。

【第3日】
台北駅-ホテル-松山空港(BR190)-羽田

ホテルの朝食後、台北駅新光三越のそばの店にdisire Vのケースを買いに行く。
出足が早すぎスタバで11時まで時間をつぶす羽目に。
お昼は台北駅2Fのフードコート街に。
Mくんは健啖ぶりを発揮するも、自分はどうも身体が受け付けない。
ホテルに戻って荷物を取り、MRTで松山空港へ。
これまで板南線や淡水線には乗ったことがあるけれど、文湖線は初めて。
鉄道ではなく、軌道式バスないし新都市交通システムらしい。松山空港到着。
以前のプレハブ羽田国際線よりは遥かにマシなものの
松山国際ターミナル、金浦に比べるとかなりショボい。時間を持て余す。

帰りの機内でもアプローチ中の画面を楽しむ。飛行機ヲタにはありがたい(写真3)。
バゲージクレームでMくんと別れ、自分は出発ロビーにWifiを返却しこの旅行終了。
疲れた。
次に行くなら暑くない時期に、一人で台北以外も旅行してみたいと思う。
  1. 2012/09/18(火) 21:00:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

#36-38 8月末から9月アタマ3題

120828.jpg img082.jpg img083.jpg

今頃になってナンだよとも思うが、演奏会3つの日記を。
まずは毎年困惑して帰ることの多い現代モノ都響定期。

#36 【東京都交響楽団第739回定期演奏会Bシリーズ《日本管弦楽の名曲とその源流~15(プロデュース:一柳慧)》】
8月28日(火)19:00 サントリーホール
指揮―下野竜也、大河内雅彦、松村秀明、沖澤のどか 舘野泉p
●ケージ…エトセトラ2~4群のオーケストラとテープのための
●一柳慧…ピアノ協奏曲第5番《フィンランド》-左手のための(世界初演)
/交響曲第8番《Revelation2011》(管弦楽版初演)
1F18-28

一柳のプロデュースに替わって初めての回。
ケージの時間が来て平服の指揮者と楽員がぞろぞろと登場、
上手奥からグループ3(以下G) ・手前にG1、下手奥にG4・手前にG1と並ぶ。
テープの音から演奏が始まる。
G3のPercは小さい銅鑼を水に入れていたのかしら。電話の呼び出し音が鳴ったり。
メンバーが入れ代わり立ち代わり、一般のソロ位置の4つの椅子に来て弾いて帰る。
ま、とにかく自分としてはちょっと。

休憩中楽員諸氏はいつもの燕尾に着替えて、一柳の初演2つ。
舘野泉は非常に尊敬されているピアニストだけれど、
初演なのでどれだけ作品に忠実に弾きこなしたのかも全く分からず
何とも言いようがない。
交響曲はバルトークのオケコンを思わせるような個所もあって、比較的楽しめた。

#37【ニューシティオーケストラ第61回定期演奏会】
9月01日(土)14:00 杉並公会堂
指揮―横島勝人
●モーツァルト…交響曲第31番《パリ》
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
2FR-44

プログラムに惹かれ杉並公会堂へ。
指揮の横島にはバッハのオラトリオなどで誠実な音楽に好感を持っていた。
昨今の趨勢で公立ホールはどこも非常に暑いが、この日は満席。
暑くて汗は止まらず演奏中に席を探す子連れ男性がいたりもして、
音楽どころではなくなったので、申し訳ないけれど巨人の1楽章で失礼した。

#38【日本フィルハーモニー交響楽団 山田和樹(指揮)コンチェルトシリーズVol.1】
9月03日(月)19:00 サントリーホール
山田和樹(指揮)小山実稚恵p
●ラヴェル…ピアノ協奏曲/左手のためのピアノ協奏曲
●サン=サーンス…交響詩《死の舞踏》
●ラフマニノフ…パガニーニの主題による狂詩曲
1F22-27

最近ご無沙汰している日フィルが山田和樹と新シリーズを始め
初回がまずは何を弾いても外れのない小山実稚恵、というのでは行かざるを得ない。
当日券は長蛇の列。結構な列に25分並んでやっとA席確保。

で、肝心の演奏だけれど自分の席では
どちらのラヴェルの演奏にも欲しいシャープさ、洒脱さに乏しいように見えた。
特に「左手」に対する自分の要求は極めて高いので
「その音を強調?」といぶかしく思ってしまう箇所がいくつかあった。

後半ラフマニノフはさすが。演奏後、日本人同士で
あんなに指揮者が女性のソリストを舞台上で長くハグしたのは初めて観た(^^)。
アンコールは第18変奏。うっとり。まずは祝着である。
  1. 2012/09/07(金) 18:50:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。