YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#46-47 ノンヴィブのブルックナーとうた

img087.jpg img088.jpg

9月に下野=読響「復活」で改装オープンしたものの
東京芸術劇場はなかなか行く機会がなく、震災直後の小泉=NJP以来。
内藤=東京ニューシティ管弦楽団もこれまで聴く機会がなかった。
ノンヴィブのブルックナーというのは確かに新鮮。

#47【東京ニューシティ管弦楽団第84回定期演奏会シリーズA《ブルックナー世界初演シリーズ~才能溢れるサクソフォン界の若き獅子と内藤彰(指揮)のブルックナーへの挑戦!》】
11月02日(金)19:00 東京芸術劇場
内藤彰(指揮)上野耕平sax
●吉松隆…サクソフォン協奏曲《サイバーバード》
●ブルックナー…交響曲第7番(川?校訂版)
2F32

吉松《サイバーバード》は初めて実演を聴いたが、こりゃカッコいいすなぁ♪
編成はほぼ2管手頃だし聞きやすく、レパートリーに入るのも納得。

翌日昼鎌倉でN響とAbr7を演奏する井上道義が臨席の下、
川崎校訂版なる版、わかりやすい差異としては
2楽章のシンバルの有無が話題になる箇所で、一切打楽器を使わないところか。

版のせいかノンヴィブのせいか、テンポはやや早めで些か平板な音楽に感じた。
けれど、ちゃんとブルックナーの響きで何ら破綻なく進むわけで、
これはこれでオーケストラの技術力が低くないことを示す。面白かった。
芸術劇場は「ヘンな反響が減った」という記述を見たけれど、
確かにそんな気もする…程度。インテリアは落ち着いた。好き。

相前後するけれど、
前回《ベルシャザールの饗宴》後に向かったライブのことも記録に。

#46【ライブ】うた 遊 @杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)
10月28日(日)19:00 杉並公会堂小ホール
松澤奈穂子(うた) 野平龍一(作編曲/p)

Amazing grace~Sunrise sunset~Summertime~夕焼け小焼け~シャボン玉とんだ~黒人霊歌他 前半11曲
十五夜お月さん~小さな部屋~死んだ男の残したものは~●カッチーニ…アヴェマリア他 後半8曲
10-6

『全部「なほこのうた」みたいになる。』
という知人の惹句の通りだと確かに思った。
アンコールは《The rose》~《黒猫のタンゴ》。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/15(木) 14:48:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。