YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#7 巨人大鵬インバルさま

212-6.jpg

DENONのフランクフルトとの全集は自分の世代にとってリアルタイムだったから、
インバルといえばマーラーとは切っても切れない指揮者だ。
熊本県立劇場で聞いたベルリン響(現コンツェルトハウス管)の「巨人」は
今みたいに年に片手は「巨人」を聞けても記憶に残っている。
しかし世評の高さとは裏腹に、最近彼を聞いてもさほど感動することはない。
狎れというものは困ったものである。

#7 【東京都交響楽団第747回定期演奏会Bシリーズ《新・マーラー・ツィクルス⑤》】
1月22日(火)19:00 サントリーホール
指揮―エリアフ・インバル イリス・フェルミリオンMs
●マーラー…リュッケルトの詩による5つの歌曲/交響曲第5番
1F18-28

自分は交響曲は全部それなりに聞き込んでいるが、歌曲は弱い。
リュッケルトリーダーも敬して遠ざけてきたが、
昨年10月東響定期でトレーケルBrを聞いて認識を改めつつあるところ。
最近インバルの歌ものに漏れなくついてくるフェルミリオン、
悪くはないけど日本人でもっと歌える歌手もいるのではないと思ったりもする。

で、5番。
平常心で聞き始めたものの1楽章の途中から
錆びついた琴線を掻き鳴らされるが如き演奏にいつの間にか落涙。
矢部-双紙-店村-田中という弦首席陣に高橋Tp-有馬Hrと管も快調至極。
2楽章langsamer immer 2/2のVc陣の息の深さと言ったら!
3楽章、最近の流行には背き有馬氏は自席で。ちょっと気分が落ち着く。
アダージェットは実はさほど好きではないのだが、この日のインバルにはやられた。
後半きついaccelがまるで愛の営みのごとく
(ときれいに書いておけばいいのだけれど)要はエロい。
個人的に一番好きな終楽章も疾風のごとく駆け抜け
いやはや、巨人大鵬インバルさまである(そういう世代じゃないけど)。

それにしてもあれだけ「指揮者のタクトが完全に下りてから」としつこいのに、
2FRブロック辺りからフライングブラヴォー(=_=)。気持ちわからんじゃないけど。
終演後は、久々に心から都響名物一般参賀に参加。
インバルが両隣に矢部-高橋と従えて。
こういう日は定期会員やってて良かった♪と思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/26(土) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。