YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#48-51 12月の演奏会まとめ

2013-12-11 18-56-24 2013-12-14 14-40-58 A9RFD10_20131227204141a2f.jpg 2013-12-20 21-20-01 2013-12-25 18-35-07

年末も押し詰まってきたけれど、12月のコンサートもまとめて。
今年のコンサートは51公演で終わり…のはず。

#48【山本直純11年の金字塔「オーケストラがやって来た」が帰って来た!】
12月11日(水)19:00 すみだトリフォニーホール
指揮―井上道義 新日本フィルハーモニー交響楽団 宮田大vc 成城学園初等学校合唱部とOB・OGの中高生
●J.シュトラウスⅡ…無窮動(「オーケストラがやって来た」テーマ曲)
●山本直純…児童合唱と管弦楽のための組曲《えんそく》/交響譚詩《シンフォニック・バラード》
●ポッパー(山本直純編)…ハンガリアン・ラプソディ 他
3F6-29

我が家は決して音楽に溢れる家庭ではなかったから、
親類宅に有ったリリー・クラウスpのK.271+331のコンサートホール盤と
往年の名番組「オーケストラがやって来た」がなければ
自分は意識してクラシックを聞く人間にはならなかっただろう。
その面ではこの番組あればこそ、の自分でもある。

日暮里の人身事故で山手止まってるとかで、浅草線を浅草橋で乗り換えてすみだへ。
本来小澤征爾が出演するということだったが、風邪でお休み。
あぁ。20年ぶり位でナマ小澤を見るはずだったのに…。
関係者様、稽古後に自転車で帰らせちゃダメですよ、汗かいた80前のオザワを。
オザワ直筆?のメッセージがホワイトボードに載っておりました。

会そのものは直純の懐古でも紹介でもなく、ちと成城に振り切れておりました^^;。
成城はオザワとミチヨシ氏には関係するけど、直純には直接関係ある?!と思ったり。
個人的には山本直純の放送用音楽も含めて、作品がもっと聞きたかった。

#49【国際基督教大学クリスマス演奏会】
12月14日(土)15:00 国際基督教大学礼拝堂
指揮&org―大塚直哉 コーヒーカップ・コンソート(古楽アンサンブル) 藤井雄介T 坂上賀奈子A 他
●J.S.バッハ…クリスマス・オラトリオ第1~3部/コラール前奏曲《いざ来たれ、異邦人の救い主よ》 他
1F8-18

「クリスマス・オラトリオはこれまで何回か実演を聞いているけれど、
ピリオドの演奏で実演を聞いたのは初めて。
小さい会場なのに子音が立たない歌手もいたけれど、総じて楽しめた。
本来教会演られるものだけあって、合唱も各パート3人。
教会音楽に大編成は要らないと再確認できたのが収穫。
それにしてもやっぱり、ダウンジャケットを敷いても教会の木の椅子で長時間は辛い^^;。
かつて杉並公会堂で6部まで全曲一気に聞いたことがあるけれど、
教会の椅子とICUからの帰路、あれと同じくらい疲れたぁ^^;

#50【東京都交響楽団第763回定期演奏会Bシリーズ】
12月20日(金)19:00 サントリーホール
指揮―エリアフ・インバル 庄司紗矢香vn イルディコ・コムロシS マルクス・アイヒェBr
●バルトーク…ヴァイオリン協奏曲第2番/歌劇《青ひげ公の城》(字幕付上演)
1F18-28

インバル=都響「青ひげ」。この演奏会は本来2011年3月定期のプログラム。
震災でこの定期がなくなったのは、当時本当に悔しかった。
けれど今年は井上道義=東フィルでも聞き、個人的にはちと期待値が下がった。

大好きなVn協奏曲2番で、庄司紗矢香vnの素晴らしい運動性と正確なテクニック♪
敢えて美音に振らずエッジの効いた表現を目指す所が、さすが世界の第一線である。
美音はアンコールで堪能。

「青ひげ」は曲の始まりから深い低弦の音色。
壮麗無比な第5の扉といい、絵空事のように全曲が終わっていた。
申し訳ないが、お互い見合わせているような瞬間があった井上=東フィルとは
ちと違ったようである。
それにしても、都響定期ですっごいなぁと思う日って、何で近所の客がヘンなんだろ?

#51【明治大学交響楽団 第90回記念定期演奏会】
12月25日(水) 19:00 すみだトリフォニーホール
指揮―山下一史
●ショスタコーヴィチ…祝典序曲
●ビゼー…組曲「カルメン」より抜粋
●ラフマニノフ…交響曲第2番
3FRB31

明治のオケを聞いたのは昔の杉並公会堂から29年ぶり。
バンダに22人出てきた最初の「祝典序曲」で感じたが、アマにしては妙に音がデカく、
特にラッパは旧ソ連の周辺部を思わせる威圧感ある音。
慶應や早稲田に比べてまぁ全てが「前へ!」なのが、校風というか何と言うか^^;。
ラフ2は今年個人的に聞き込んだ曲でもあり、楽しみました。
でも校風には合わんような気がする…(^^)。


大晦日、寒い熊本の居間で、51公演のリストを見ながらこの一年回顧の日記を。
寒いんだよなぁ…。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/27(金) 20:37:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。