YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4つの海の間奏曲、ふたたび。

年末のアマオケ演奏会で聴いて以来、
ブリテンの「4つの海の間奏曲」がヘビロテしてましたが
最近はちと落ち着いてきたところです。
しかし、その時のチラシで知った、
同じ指揮者の同曲異演となるこのコンサートも、
都合がつけばと思っていました。

【Gフィルハーモニック・オーケストラ 第42回定期演奏会】
指揮/田部井剛
コープランド:エル・サロン・メヒコ
ブリテン:4つの海の間奏曲
ベートーヴェン:交響曲第7番

前回はロクに曲を知らなかった「4つの海の間奏曲」。
その後作曲者とヤルヴィ盤で聴き込み
何をしようとしているのか、今回は把握できたように思います。
個人的なツボの"Sunday morning"は
前席の老夫婦のノイズでちと興をそがれましたが
終曲"Storm"はやや遅めのテンポで整えた音楽でありました。

申し訳ないことに、もはやベートーヴェンは誰の何を聴こうが
そう簡単に感動することはできないカラダになっちまってるわけですが
清潔かつまっとうなベートーヴェンを楽しみました。
終楽章の410小節あたり、それまで堅実な音楽運びだったものが
急激に音楽の熱さを増す様を見るのは、やはり実演ならでは。
それにしても、在京アマオケのレベルの高さときたら!
ここ一年、個人的に聴く機会に恵まれてきましたが
これだけでも地方に比べ、音楽生活の豊穣を実感します。
  1. 2009/01/25(日) 18:39:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<改めて無知を知る。 | ホーム | クライバーの棒でチェリビダッケの緊張感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/28-284b7c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。