YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デュリュフレのレクイエム




所謂有名どころの
モーツァルトやヴェルディといったところはぜんぜん聴かないくせに、
ブラームスやフォーレから始まって、レクイエムは
ブリテンの「戦争レクイエム」やこの曲を偏愛してます。
こういう、田舎では一生ナマで聴けなさそうな曲が
簡単に聴けるのが、東京に住んでる有り難みというもの。

24日の会場は初台のオペラシティコンサートホール。
このホールは低音が回ってくるのが好きで、
昨夏の東フィル「惑星」以来。
今日は堀俊輔指揮の東響。
いつも聴いてる東響が、このホールでどんな音を出すのかも楽しみ。

デュリュフレの前に、
尾高惇忠「オルガンとオーケストラのための幻想曲」
は予想通りの無調作品。
長いティンパニ・ソロがあったりで30分もの大曲。
演奏後、作曲者も舞台に呼び出されて拍手を受けてました。
が、やはり個人的には無調作品とは相性悪く…(以下略)。

休憩後にデュリュフレ。
実はこの曲、
編成を刈り込んだ1961年版で聴き覚えてしまったので、
普通の版だとうるさく感じてしまいます。
ま、編成が大きい分、壮大さも目立つし、
作曲者の自作自演盤(エラート)もこの傾向ですがね。
当夜は「イントロイートゥス」から「キリエ」にかけ、
敬虔さに満ちた空気感に満足。
「ドミネ」の最初の低弦の微小な乱れは
個人的にはちょいと残念。
しかし、こんなところを必死で聴いてるのは私くらいのもんでしょう(笑)。
メゾの加納悦子、バリトンの三原剛の両名とも立派な歌唱。
東響コーラスもいつものアンサンブルで、
NHK東京児童合唱団、オルガンの鈴木雅明とも熱演。
ま、有難い一夜でした。

終演後、新宿三丁目で軽く奮発してメシ。美味かったぁ。
  1. 2006/10/25(水) 23:50:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワンコの誕生日と芸劇とワタシ | ホーム | スリリングなモーツァルト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/363-73a43c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。