YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒田恭一の訃報

日本のクラシック音楽評論で
自分の中学~大学時代にかけ
宇野功芳と並び強い影響力を持った音楽評論家、
黒田恭一が5月に亡くなっていたのですね。

この二人とも明確に独自の文体を持ち、
宇野の、時には小気味良い極端な決めつけに対し、
黒田恭一の一見、何言ってるのかわからなくなる位回りくどい文章は、
謙虚な人柄と、時折引き合いに出されるジャズに対する興味も併せて
大人の余裕を行間に垣間見えて好きでした。
(本当に謙虚な人だったのかどうかは知らないけれど)。

アバドやカラヤンに対するこの人の姿勢は一貫していて、
カウンターパートに位置する宇野の評論と併せて読み、
ジャケット写真しか知らないのにすっかり聴いた気になったディスクも数多く、
受容する側にとってそれなりの弊害も今は感じないこともないのですが。
もう長い間、音楽雑誌というものを買わなくなって久しく、
二人の文章もあまり見ていませんでしたが、
とにもかくにも大事なひとが一人亡くなったという気がします。
あの世で、音楽につつまれていられますように。
合掌。

http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2009060300998

【引用開始】
音楽評論家の黒田恭一氏死去

 黒田 恭一氏(くろだ・きょういち=音楽評論家)5月29日、多臓器不全のため死去、71歳。東京都出身。葬儀は6日午前11時から東京都新宿区須賀町14の1の四谷たちばな会館で。喪主は妻志肇子(しげこ)さん。
 クラシック音楽の評論を中心に行い、NHKのラジオやテレビ番組の解説でも活躍。東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールのプロデューサーも務めた。著書に「はじめてのクラシック」など。 (2009/06/03-22:06)
【引用終了】
  1. 2009/06/04(木) 21:50:29|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<舘野・「左手」・3回目 | ホーム | 意外な当たり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/524-141575ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。