YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨降るすみだのアルプス登山

すみだトリフォニーホールには、
たまの新日以外だとアマチュアの演奏会でしか来ませんが、
何故か、かなりの確率で雨に降られます。

【ル スコアール管弦楽団第26回演奏会】
6月28日(日)14:00 すみだトリフォニーホール
●プロコフィエフ/スキタイ組曲
●R.シュトラウス/アルプス交響曲
指揮:千葉芳裕

今日も「スキタイ」組曲が終わって
タバコ休憩に出ると、やっぱりそこそこ強い雨。
隣のアルカキットまで庇のないほんの50メートル
終演後はまた、傘を出さなくちゃなりません。がっかり。

この団体は昨年末12月21日、ウォルトンの1番を聴いて
巧さにいたく感心した団体です。
このアルペンは前から楽しみにしていました。
「スキタイ」組曲は名のみ知る曲なので、
1stVnのフラジオレットがキレイだった、という感想に留めておきます。
つまるところ、アマとしては弦の巧さが際立つオケです。

ウインドマシン2にサンダーマシン6枚。
アルペンの演奏では毎度おなじみの打楽器ですが、
普通一つずつという印象なので、この日の数には驚きました。
「登頂するまでに力点があって下山は割りとあっさり目」
という演奏が個人的な好みなのですが、
5月29日の沼尻=日フィルは下山後に身が詰まっていたし、
この日のルスコは雷雨と嵐に最重点が置かれていました。
この部分に限って言えば、弦も管も
アマオケであることを完全に忘れていたかも。
全曲を通してtpもhrも
在京オケでもやっちゃってくれる程度の瑕しかなかったし、
舞台裏バンダも弦も、巧さには改めて感心しました。

指揮の千葉は割と小泉和裕に近い雰囲気の棒でしたが
ワタシはやっぱり、もっと登りをじっくり楽しむほうが好き、だな。
好みの問題です。ええ。
アンコールなしの終演後(曲が曲なんでこれは賛成!)
外に出るとやはり強めの雨。
いい嵐の演奏の後だし、良しとしましょう(^_^)。
  1. 2009/06/28(日) 22:42:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅の余韻と次の旅 | ホーム | 台北旅行記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/534-c7da4b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。