YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Weh ach weh~ヒルデガルト・ベーレンスの逝去

ヒルデガルト・ベーレンスが
この日本で亡くなったと先ほど知りました。
ディスクや放送で聴く限り
ニルソンの声は強すぎると感じていたワタシにとっては、
生身の女性としての強さと弱さをどちらも表現できる彼女こそが
イゾルデでありブリュンヒルデでした。
ご冥福を祈ります。

【引用】
訃報:ヒルデガルト・ベーレンスさん 72歳=独ソプラノ歌手
 ◇ワーグナー歌手
 20世紀後半における最高のワーグナー歌手、ドイツのソプラノ、ヒルデガルト・ベーレンスさんが18日、来日中の群馬県草津町で動脈乖離(かいり)のため亡くなった。72歳だった。
 第30回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに講師として来日。20日にはシューベルトの歌曲などでリサイタルを行う予定だったが、17日から体調不良を訴え、入院していた。
 ドイツ・オルデンブルク生まれ。フライブルク大学で法律を修めると共に、声楽を学んだ。名指揮者カラヤンに認められ、オペラの主役に次々に抜てきされ、一躍世界的に人気を博した。
 張りのある力強い声と繊細な表情づけを両立させ、カラヤンと共演したR・シュトラウスの「サロメ」、バーンスタイン指揮で録音したワーグナー「トリスタンとイゾルデ」を最大の当たり役とし、ドイツ・オペラを代表するソプラノとして活躍していた。
 たびたび来日し、日本にもファンが多い。
毎日新聞 2009年8月19日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/person/news/20090819dde041060038000c.html
【引用終了】
  1. 2009/08/21(金) 14:30:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「火星」に吼える台上の男 | ホーム | 第16回訪沖総括>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/552-7e93874d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。