YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すみません、よく寝ました。

s0226.jpg

コンサート通いを生業としているわけではないので
義務で聴いているでなし、演奏中寝る時もあります。
本当にひどい演奏の時はそうそう眠れないもので
ある程度心地よかったという証拠?でもありますが、
睡眠不足でもなかったのに、今宵はしっかしよく寝ました^^;。
シティ定期、相変わらず入りがあまり芳しくなかったのですが
シューマン4番にブラームス2番というやたら重いプログラム。
68年生まれ、レーゲンスブルクのGMD、阪という人はこれが初めて。

【東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団▼第236回定期演奏会】
2月 26日(金)19:00 東京オペラシティ・コンサートH  
指揮―阪哲朗
●シューマン…交響曲第4番
●ブラームス…交響曲第2番
1F23-10

オペラシティでのシティは、基本よく低音が響くものですが、
そこそこ速いテンポながらシューマンもブラームスも轟々たる低音。
2曲ともそういうやり方はある曲ですが、
とにかく轟々たる低音で良く言えば豪放壮麗。
今宵の自分にはpやppが乏しい単調な音楽造りに感じられました。

先日読響のセーゲルスタムは
バストより上だけでタクトが動いていましたが、
阪は膝から上全部動き、なおかつほぼ全ての入りに向き直って指揮。
この指揮者、実によく舞ってくれてまるでエアロビクスかと^^;。
あれだけ大熱演で運動量があれば、そりゃ太れまい…。
見てて忙しいことこの上なし。
こういう時、ワタシは視覚情報に惑わされないよう
よくやるテとして、目をつぶって聴いてみたりします。
今日は舞台を見ずに、上方のオルガンを見ている時間も長かった^^;。
で結果、気持ちよく睡眠鑑賞してしまった、というわけです。

大熱演だし、オケは気持ちよさそうに弾いていたし
終演後はブラヴォーもかかっていましたが…。
大植英次と同様、ワタシの中でこの指揮者はしばらく寝かせておきます。
ではおやすみなさい。
  1. 2010/02/26(金) 23:26:37|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まず客席を黙らせろ。 | ホーム | 何か騙されたような?夜。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/615-5fd30854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。