YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラ・フォル・ジュルネはパスして

suikyo1005.jpg

GWといえば「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」
という向きもあるでしょうが、今年は苦手なショパン。
全部パスして、そそくさと上野に向かいました。
マーラー3番の実演は確かコバケン=東響で一度聴いたっきり。
団の方では集客を心配していたようですが、どうしてどうして(^^)。

【水星交響楽団第43回定期演奏会】
5月1日(土) 18:00 東京文化会館
指揮‐齊藤 栄一 小川明子a
オルフ祝祭合唱団 すみだ少年少女合唱団
●マーラー…交響曲第3番
1F7-27

この曲、普段聴くときは1楽章だけで満足してしまうことが多く
2-3楽章をすっ飛ばして4-6楽章で満足してしまいます。
1F前方に陣取りましたが、文化会館にしては
意外に残響が背後から返ってくるこの席は逆に言うと、
管の直接音は概ね頭の上をすっ飛んで行く位置。

意外な楽器の普段聞きとれないパッセージも楽しみつつ、
長大な1楽章、展開部27からの盛り上がりにはやはりゾクゾク。
34のイングリッシュホルンや37のピッコロの美しさ、
長大なトロンボーンソロなど健闘。
2楽章の最後、たおやかな美しさが印象的だったものの
習慣的に2-3楽章を散漫に聴いてしまいましたが、
前方に座ったおかげで良く聞き取れた4楽章の小川のディクション、
よく整った女声・児童合唱が印象的だった5楽章、
やや速めに感じた終楽章でも疲れを感じず、
見事な大団円に聴衆はブラヴォー♪

終演後、同行した友人と上野で飲んだ後に新宿に移動。
楽しく歓談後、結局終電逃し。しかし楽しかった(^^)
  1. 2010/05/02(日) 09:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<帰省その後。 | ホーム | 帰省中です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/628-024fd2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。