YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キチッと演るべきコトを普通にサラッと。

topics50.jpg

行った演奏会の批評めいた日記をいつも書いているわけですが、
自分に課していることが一つあります。
「自分が書き終わってアップする前に、他者の批評を見ない」
この一点です。

あまたのコンサートゴアがブログを書く中で、
しばしば行った演奏会が被る場合があり、
自分の感想と真逆に評価されていることも多々あります。
自分が書く前に他者のを読んでしまうと、褒めるにせよ貶すにせよ、
つい引っ張られて中和して書いてしまいます。
お金をもらって書いているモノでなし、
自分の備忘にウソをつくのも後で不快ですから。

【NHK交響楽団第1674回定期公演Cプログラム】
5月 14日 (金) 19:00 NHK・H
指揮―尾高忠明 堀正文vn
●武満徹…ノスタルジア~アンドレイ・タルコフスキーの追憶に
●ブルックナー…交響曲第7番(ハース版)
2R16-9

尾高指揮、響かないNHKホールの定期でブル7。
普通ならまず食指は動かないのだけれど
先週のラフマニノフが良かったというブログで、急遽行く気に。

上手側のこの席、3階の庇が邪魔にはなるものの
スピーカから4m離れてFM生中継を聴く(笑)ほどではなく、
そこそこ低弦も前に響きました。
やや早めのテンポながら1楽章のIのVcをたっぷりと歌ったり
2楽章の第1主題がVnは滑らかに弾かれたり、
キチッと演るべきコトを普通に
サラッとそこそこ高水準に演っているブルックナー。
誤魔化しの利かないNHKホールで普段ヒヤヒヤするN響の金管陣も
2楽章の190小節や221小節など、高水準の美しさ。
終楽章まで比較的サラサラした感触だった運びも
終楽章Fで「タメ」がきいて一気に充実。

年齢層の高い定期会員のせいかブラヴォーは出ず
アッサリ終わったけれど、いい演奏会でした。
終演後はつい、神宮前から新宿に出て一献。
これまた偉く評判の良い
テミルカーノフ「レニングラード」を聴いたお方と話し込んだり。
終電2本前帰宅。

ちなみに、最近、他者の批評を見ないようにしている自分に
強敵出現!
つぶやく方が多くて。困ったもんだよ…(;_:)。
ちなみにワタシはyosibeikmjでつぶやいておりますm(__)m。
  1. 2010/05/15(土) 15:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜更けの金の蔵以降。 | ホーム | 帰省その後。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/630-76bc762a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。