YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好演。

20100520.jpg

定期会員になったものの
知らない曲ばっかりで行くかどうか迷った演奏会。

【東京都交響楽団第 698回定期演奏会Bシリーズ】 
5月20日(木)19:00サントリーH
指揮:大野和士 打楽器:中村功
* シューマン:「マンフレッド」序曲 op.115
* 細川俊夫:打楽器協奏曲「旅人」
* チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 op.58

席に着くと、四方・矢部・古川のトップ陣が並ぶ舞台は山台を使わず平面。
1stVnの横にVa-Vc-2ndVnと並ぶ変則対抗配置。
東響のような深紅のカマーベルトで燕尾に身を包む大野が振る
「マンフレッド序曲」は、都響にしては鈍重な音に驚く。

2000年ケルンで初演の細川の曲は、もちろん初聴。
「ザ・現代」感漂う。
中村(perc)が鈴を持って舞台から客席に下り
そのままホワイエに出て曲が終わると、
作曲者も舞台に呼び出され、満堂ブラヴォーの嵐。
現代に生きる者として、意義は重々理解します。
しかし「トゥーランガリーラ」「戦争レクイエム】が調性的には限界の
浅薄かつ保守的クラシックファンのワタシには、
こういう音響の必然性が全く理解できないし、何より楽しめない。
同じ現代の打楽器協奏曲でも、
昨年2月に聴いたベルの協奏曲は十分楽しめたけれど。

予習時はつまんなかった「マンフレッド交響曲」。
山台も上がり通常の1-2Vn-Vc-Va配置に戻った都響と大野和士は、
まるで全盛期のデュトワ=OSMの録音の如き
整然としつつ、薫りたつゴージャスな音でウットリさせてくれる。
4番と5番の間に書かれ、
もともとオーケストレーションが上手いチャイコフスキーの曲。
2楽章の流麗なトリオのvnの美しさ、終楽章の劇性も目を瞠らされた。
好演。場内ブラヴォーの歓呼は納得。終演21:15。
でも、だからと言って、この曲が普段のヘビロテに入るかというと…。
正直疑問であります^^;。

終演後新宿。
飲み友達Nが新規開拓した店で既にワイン2本を空けている現場に合流。
タク帰宅。ああ^^;;
  1. 2010/05/21(金) 18:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月まとめ。 | ホーム | 夜更けの金の蔵以降。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/632-21661dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。