YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アウェイ感満載、しかし。

artowl.jpg 20100529193030.jpg

ちと古いハナシですが、備忘のために日記を。

若い頃ユーミンも槇原も聞くのは好きだったのですが
クラシック以外のライブは大昔一度きりというつまらんヤツです。
穐吉敏子とルー・タバキンビッグバンドという名前は、
ワタシでさえ承知しているビッグネーム。
お誘いを受けてなかのZEROに向かいましたが、
クラシックとは勝手が違い当日券の列に並びつつもアウェイ感満載。

【穐吉敏子 with アートクロウジャズアンサンブル
 /アートオウルジャズオーケストラ】
5月29日(土)午後5時 なかのZERO大ホール

●Long Yellow Road, Interlude, Warning Success Maybe Hazardous To Your Health, Remembering Bud, After Mr.Teng,
Strive for Jive, Memory, March of the Tadpoles, Deracinated Flower, Road time Shuffle

2階後方の自由席に着くと、偶然1列後ろから知人の声。
ちょいと安心。
ワタシは地方私立の付属高校出身なのですが、
大学のビッグバンドサークルは長い歴史を誇り部員も多く、
自分が放課後部活でウロウロしていると
調子っぱずれなサックスのロングトーンをさんざ聞かされたものでした。

ジャズは全くの不案内ですが、飲んでいるときに聞くのは好きです。
というか、クラシックを聞きながら飲むというシチュエーションは
世間であまり一般的ではないわけでして。
ゆっくりと穐吉女史が舞台に歩み出て
コンサート開始後15分もすると、スコッチのソーダ割りが欲しくなりました。
条件反射とは恐ろしい(^-^)。

http://www.youtube.com/watch?v=MKb9N34TYkc

後でググると、女史は80を越している。
やはり第一線に居続ける人には、ジャンルが違えど芸を感じます。
もしかしたら、名前に気圧されたのかもしれませんが。
そして舞台の上に立つ友人が艱難辛苦を乗り越えたことに想いを致しつつ、
かつて2年住んだアパートの前を通り、新中野まで坂を登ったのでありました。
  1. 2010/06/03(木) 00:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初奏楽堂 | ホーム | 5月まとめ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/634-da96fcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。