YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミューザでシティは素軽いひびき

20100730211621.jpg bannar_festa2010.jpg

犬の散歩にちょっと出るだけで汗みどろな今日この頃。
連日の酒に加齢のせいか自分の汗くささに気持ち悪くなり、
洗濯機稼働率が高い夏です。

【フェスタ サマーミューザ-東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団】
7月30日(金)20:00 ミューザ川崎シンフォニーH
[指揮]矢崎彦太郎 [オルガン]近藤岳
●ラヴェル…マ・メール・ロワ
●サン=サーンス…交響曲第3番ハ短調「オルガン付」
3C8-3

そんな汗くささとは無縁なおフランスプログラム。
矢崎はいつものマオカラーにジャケットで、上半身ごと動く独特の指揮。
彼の指揮、ミューザで見ると東響シェフ、
スダーンの指揮と似ているように見えるのもまた一興。
「マ・メール・ロワ」から感じたけれど、いつものオペラシティより
素軽い響きのミューザがフランスものに向いているのか
シティのアンサンブルはいつもより透明感が際立つ。

休憩なしで「オルガン付」。
中高生の頃、この曲はブーム?でエアチェックも散々聴いたけれど
家探ししてみるとこの曲のCDが家に見当たらず!
矢崎のヘンなことは一切しない中庸テンポの演奏を聴いていても
音楽の運びをほとんど覚えていて、
意外にこの曲を聴き込んでいたことに気付く。
2楽章は静謐なうたに溢れていたし、3楽章は意外にねちっこい節回し。
終楽章はそれまでの運びからすると予想より少し遅め。
初めて聴く近藤のオルガンはバランスが良かったし
矢崎の自然なタメもあって、全体に手堅いものの
感興を失わない手の内に入った音楽が印象的。
じんわりと愉しめた演奏会。

演奏会後、中一日で東口某店に。さすがに量は飲めず^^;。
ごちそうさま!
  1. 2010/07/30(金) 23:50:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっぱり冗長な気がする | ホーム | 「いいひと」の好演>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/649-9ddb0e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。