YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AYO2 & RJAA

AYOLogotype_C_Formal.jpg aim_j.jpg

初電帰りという、年齢を考えれば相当なムチャの結果
お昼近くにやっと起き出し、また初台へ。

【アジアユースオーケストラ20周年記念コンサート《東京公演2日目》】
8月28日(土)14:00 東京オペラシティ・コンサートH
指揮―リチャード・パンチャス ジャン・ワンvc
●R.シュトラウス…交響詩《ドン・キホーテ》《ドン・ファン》/楽劇《ばらの騎士》組曲

シュトラウスの交響詩のうち《死と変容》《ドン・キホーテ》の2曲は
割と敬遠してきた曲なのだけれど、前夜に続きジャン・ワンのソロは闊達。
《ドン・ファン》に続き《ばらの騎士》組曲。
ことばと密接に結び付いたオペラの各場面をパラフレーズするより、
音色・テンポ共やや交響詩に振った感じの演奏。
ただこの曲に関してだけは、もっと美しい音で陶然とさせて欲しかった。
とはいえ、最後のワルツで1stVnから徐々に立ち上がって
Vcとごく一部の管以外は総立ちになったのは面白かった♪
シモン・ボリヴァル以降流行りかしらん(^^)。

演奏に格別感動したわけではないのだけれど、アンコールで
「この日が最後」「青春」「夏の終わり」「ニムロッド」と揃うと
思わずウルっと来たのは、聴き手の自分が歳をとったというコトなのだろう。

で、29日(日)。
水曜から帰国していた飲み友達Nと、昼食を取ってから
久々に周波数をインプットしておいたエアバン持参で成田。
1タミでNを降ろしてから航空科学博物館を初訪問。
展示内容の古さにちと驚きながらも、
久々にAIM-Jを買って帰った夏の終わりであります。
で、自分も2週間後には、ここから飛行機に乗るんですが、ね(^^)。
  1. 2010/08/29(日) 20:10:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真と違うっ(^^)。 | ホーム | RJTY & AYO1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/656-7dd7171b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。