YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老犬とオルガン

101122.jpg 101123.jpg 2010112317120000.jpg

夏以降肝臓が弱り衰えの目立つ拙宅の老犬好兵衛は
11月5日、何とか15歳の誕生日を迎えた。
が、最近は低血糖を起こすようになり、立っていてもよろけたり
じっとしていられず部屋の中をぐるぐる周り続けたりで
飼主の自分も気が抜けない日々。
23日も午前3時過ぎに具合がおかしくなり、慌てて砂糖水をやったり。

【松居直美パイプオルガン・リサイタル】 
11月23日(火)15:00ミューザ川崎シンフォニーH
鈴木美紀子S 

●ヒンデミット…オルガン・ソナタ第1番
●J.S.バッハ…《クラヴィーア練習曲集第3巻》より/パッサカリアハ短調
●ダンドリュー…第4旋法のマニフィカト
●フランク…交響的大曲

そんな中、犬ばかり気にしていて良くなるワケでもないので川崎へ。
オルガンには大バッハ、ブクステフーデからメシアンに至るまで
連綿とつながる巨大なレパートリーがあるけれど、自分は
・フランク…コラール第1番・交響的大曲
・リスト…アド・ノス・アド・サルタレム・ウンダムによる幻想曲とフーガ
の3曲を偏愛していて、これがプログラムにあれば足を運ぼうと思う。
逆に言うと、これ以外は全くのザル^^;。

「オルガン付」などではよくお声がかかる、人気奏者松居直美。
フランクでは以前、邦人奏者の作曲まみれなひどい演奏を聞いたことがあり
実演では完璧な演奏は望めないかと期待値低めで出かけたのは事実。
上記の3曲に次いで惹かれるヒンデミットの1番は、初めて実演を聴いた。
早めテンポでアッサリ。これはこれでいい。
しかし、その後のバッハで爆睡^^;。だって寝てないんだもの。
おまけにオルガンの演奏会って、何であんなに真っ暗?
あれじゃ寝てくれってなもんだ(^^)。

後半に入ってもうつらうつら^^;。
目が覚めたお目当てのフランクは、教会よりは少ない残響を意識し
早めのテンポで変なコトは一切せず、確かな技術を基に
ストップ選択も全く違和感のない至極真っ当な演奏。
第二部で音量を抑え、第三部を際立たせた。ブラヴォー。
しかし終演後は余韻どころではなく、お犬を気にしつつさっさと帰宅。
  1. 2010/11/23(火) 23:50:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みちよしの艶姿-タコ10 | ホーム | 西洋伝統芸能受容の異形>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/675-88b1ab2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。