YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年を振り返る(音楽編)

ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)に
「渡辺和昭のしゃべってしゃべって60分」というハロヲタ番組がありまして、
内容は全く分からないながら面白くて大笑いしておりますが、
ハロプロ・AKBといったアイドルのヲタには
「**公演(数)に参戦」という言い回しがあり、
年齢以上の参戦数になると「エージシュート」と言うようです。

昨年から始めた「一年を振り返る(音楽編)」ですが
今年は昨年の63公演を上回り、ジャズ・演劇各1公演を加え
全66公演のパフォーマンスに参戦、エージシュートを優に超えました。
オケ52・器楽6・声楽とフェス各2・演劇・オペラ・吹奏楽・ジャズ各1で
プロ44・アマ17・学生5という内訳。
特筆すべきは1年で自分の偏愛するオルガン曲3曲、
ま、やたら晦渋なヤツですが、全て実演に接したことでしょうか。

この中で今年のベストは記憶に新しい
【新国立劇場《トリスタンとイゾルデ》 公開リハーサル】でしょうか。
タイトルロール2人の強い声も印象に残りますが、
音楽は素晴らしく高い水準でバランスしていた。掛け値なしに泣きました。
サントリーホールでセルゲイ・ハチャトゥリアンが弾いた協奏曲
ウットリさせられた一夜は忘れられないし
仏奏者ダニエル・ロートが助手なしで譜めくりもストップ操作も
独りでやってフランクのコラールで目を見晴らせてくれました。

東響では2月飯森「カルミナ・ブラーナ」大友マーラー9番の高水準
読響2月セーゲルスタム「夜の歌」の怪演、7月下野「英雄の生涯」の快演
都響は全て高水準ながら、中でもフルシャの素晴らしい「グラゴル・ミサ」
シティなら古楽の巨匠鈴木雅明の「巨人」
2回しか聞いていないN響は尾高ブル7デュトワ戦レク、どちらもまあ納得しました。

いくつかの定期会場で聞かれるようになった
「指揮者のタクトが完全に下りるまでは…」というアナウンスには
未だ慣れませんが、「浅草・おかみ繁盛記」で感じたことも踏まえ
来年も各会場に出没したいと思います。
終演後のおいしいお酒に、今から乾杯!
  1. 2010/12/31(金) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遅ればせながら謹賀新年 | ホーム | せめてプレミエの夜までは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/685-f2e8d267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。