YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後のレグ

JL1813-22FEB11-2.jpg JL1813-22FEB11.jpg JL1816-25FEB11.jpg

昨秋から体調を崩していた母方の叔父の体調が下降気味ということで
見舞い帰省のタイミングを計っていたのだけれど、
JAS時代から心底好きな飛行機だったA300-600R(正確には622R、以下A3R)が
2月いっぱいで熊本線から撤退ということで、22-25日で帰省することにした。
あろうことかこの帰省、そのまま
叔父の葬儀に参列する帰省となってしまったが…。合掌。
とはいえ、叔父と葬儀についてはここまで。

新幹線のない遠隔地故、受験時代から散々飛行機で地元-東京間を往復してきた。
ANAのみの就航路線だったのがTDAとのダブルトラックになったものの、
あの赤黄緑と原色の客室にライトブルーのCAがそれはそれはダサく見え
最初の頃、ほとんどJASには乗らなかった。
それがA3Rの地元路線就航後、初搭乗時「あのケバいJASの機材か?」
と落ち着いた配色の機内に心底驚いた。
その後あるHPと出会い、いつのまにか
「その出張はJASで」というコピーをもじって「その宴会はJASで」とばかり
「OFF会主席巡業師」などと囃されA3RでOFF会に出まくっていた頃もあった。
あの頃ものすごく忙しかったのに、フライトシミュレータ系、写真系他
飛行機マニアの仲間に一番遊んでもらっていたのは98年からJJ統合までだったか。
でも、クルマのナンバーを3622(A300-622Rから)にするくらいの
ロッピャク偏愛者であることは変わらず、本当に退役は寂しくてならない。

かつて9.11以前は、フライト毎にデータシートをコクピットに依頼していた。
セキュリティを理由に断られることがほとんどになったので、
もう何年もそういうことはなくなっていたのだけれど、
22日往路のJL1813(JA8563)で久々にお願いしてみた。
カウンターでJの空席がゲットできたので、1Hで久々に
ベースターン前の「キャバリー」(オートパイロットを外す音)を聞けた。
最後の「キャバリー」と思うと感慨ひとしお。
降機時にはデータシートにTキャプテン他クルーお手製サインと
ステッカーに感熱紙のお土産をもらってきた。
25日JL1816はJA011D。これが自分にとって-600Rでの最後のレグ。
RJTT、RWY34LへのAPRは完璧だった。

自分の中のひと時代が終わった感触があった。
さよなら、ロッピャク!

そして、A300在来からA3Rと乗り継いできたSキャプテンの、
次に乗るべき機種はまだ決まっていない。
  1. 2011/02/26(土) 10:00:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震とうちの好兵衛と。 | ホーム | #13 芯の強さに不覚にも落涙。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/696-6f168fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。