YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#26 濃厚488からお風呂。

いつもは飲み友達Nと行くこのコンサート、
今年はNが帰国を遅らせたため、お二方様とご一緒させていただく。
学生時代2年間住んでいた中野南口を出てZEROに向かう(^^);。

#26 【弦楽合奏団 アンサンブル・ディベルティメント第14回定期演奏会】
5/15(日) なかのZERO H
●R.シュトラウス…「カプリッチョ」より六重奏
●モーツァルト…ピアノ協奏曲第23番 K.488
○音楽物語「母をたずねて三千里」
●シューベルト…弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」(マーラー編曲版)
1F13-21

久々に濃厚な味付けのK.488を聞いた。
1楽章など、オケの間奏が終わりピアノが一人弾きだすところで、
何箇所か息を呑む濃い表情付けが印象的。
第2部は緊急地震速報のパロディから、大爆笑(^^)。
震災後の自粛ムードで、不謹慎呼ばわりされる歌舞音曲は何かとあるけれど
こういうパフォーマンスは全く自粛して欲しくないし、見たい。
「死と乙女」はもともと苦手なタイプの曲でようつべで自習も試みたものの、
大雑把な性格の自分にはやはり歯が立たず。
休憩中の会場では会えそうな人が来てなかったり、意外な人に会えたり。

終演後、無理を言ってお茶をご一緒いただいた後、
取って返して知人と「お風呂の王様」初めて大井町店に。のんびり。
  1. 2011/05/16(月) 18:23:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#27 Brava! 三宅理恵 | ホーム | #24-25 高水準な都響の日常と山田和樹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/711-6a05232a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。