YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#27 Brava! 三宅理恵

chirashi_draft01_small.jpg

台北から来日した知人他としこたま飲んだ翌日、
偏愛するJ.Marxの管弦楽伴奏つき歌曲が演奏される稀有な機会の
奏楽堂「モーニング・コンサート」に行ったら整理券配布終了という
痛恨の出来事のせいで何となく気が抜けた5月後半、
やたらめったら天気のいい午後、縁あって久々杉並公会堂まで。

#27 【マイクロソフト管弦楽団第7回ファミリーコンサート】
5/20(土)13:30 杉並公会堂
指揮―山口琢也 三宅理恵s 宮良大吾t 大谷政司br
マイクロソフト管弦楽団付属合唱団(合唱指導 大谷政司)
●ファリャ…バレエ音楽《三角帽子》より
●オルフ…世俗カンタータ《カルミナ・ブラーナ》
2L-46

「三角帽子」。
昔から曲名は知っているけれど、まともに聞いたのは今回初めて。
「終曲」ハ長調のメロディになってやっと「あ、これ聞いたことある!」
という程度だけれど、いやぁ鳴る曲である。楽しかった。

休憩後「カルミナ」は実演4回目ながら、アマオケで聞くのは初めて。
これまた良く鳴る曲なのだろう、立派でした♪
杉並公会堂は元々天井が高過ぎずバランス良く鳴るホールで
このような合唱付き大編成オケはfffが飽和してしまう感は否めないけれど、
独唱では立派過ぎてあまり焼かれる白鳥感(?)のしなかったテノール
少々高音域が苦しそうだったバリトンはともかく、
昨年ミューザのバーンスタイン"Glitter and be gay"で感心した
三宅理恵sが実に素晴らしかった!これまで接した実演で断トツ。
"Dulcissime"では
厳しくコントロールされた美しい声が、天に昇っていった。
いつか彼女のツェルビネッタを聴く日を楽しみにしたいものである。
  1. 2011/05/22(日) 19:52:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#28 ピアニスティックということ | ホーム | #26 濃厚488からお風呂。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/712-99d5a0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。