YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#34 ワーグナーは要らなかったのでは?

img037.jpg

先日の汗臭い記憶にちょいと気後れしつつも、日曜昼下がりのすみだへ。
このアマオケは2008年12月の第25回定期から皆勤しているので、
どの程度やってくれるかはだいたい分かっている。

#34 【ル スコアール管弦楽団第30回演奏会】
6月26日(日)13:30 すみだトリフォニーH
指揮-高橋勇太 川崎 和憲va
●ワーグナー…歌劇「パルジファル」第1幕への前奏曲
●バルトーク…ヴィオラ協奏曲
●マーラー…交響曲第10番(クック版)
1F12-25

結論から言うと、1曲目のワーグナーは要らなかったのでは?と思う。
考えてみればマーラー10番一曲でコンサートは十分成立するわけで、
疲れからかこの楽団にしてはGM10の途中以降ミスが頻発、
1.Flの女性など見ててこっちが泣きそうになってしまった。
アダージョなどはひたひたと抒情を湛えていい演奏だったし、
初めて聞いた高橋勇太の棒はあまり躍動感を感じられないながら
スケルツォ以降、オケの方が強い緊張感を保っていたと思う。
ここ数回コンマスを務める男性も、段々板についてきたというか。
相当の演奏ができるアマオケなので、指揮がもっと細かく振り分け
演奏上の負担を軽減させてあげたらと思うと、本当にもったいなかった。
例えば2月GM3を「オーケストラ・ハモン」で演った冨平恭平だったら、
ちょっと違う対処法を持っているのではないかと思う。
というわけで、ブラヴォーをかけるのはちょいと。
それにしても、アマオケの客層には、もう少し強い注意喚起が必要かも。
ワーグナーの演奏中、老婦人がポリ袋に入れたボトルの水をガサガサ。
「ご飲食はお控えください」という中には、当然水も入ると思うのですが^^;。

これまで、バルトークのヴィオラ協奏曲はやや敬遠していたのだけれど
デュトワ時代まで21年間N響の首席奏者を務めた川崎のバルトークは
誠実かつ神経質なところのない演奏で、素直にいい音楽だなぁと感じた。
ルスコの伴奏も好演、だんだん好きになってきた。
この曲、今後聞き込む予感。

この演奏会に来ていた友人の顔が見られなかったのは残念だけれど、
楽器を積んでクルマでアキバに来ていた友人にピックアップしてもらい
終演後、食事しながらお話(^^)。
おっさんの繰言に相手してもらえるのは、ホント有難いことです。感謝。
  1. 2011/06/26(日) 22:42:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#35 鈴木雅明、マーラー 再び! | ホーム | #33 大本命で勝ちを逃す…?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/720-101cd38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。