YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#37-38 航空性中耳炎をひきずりつつ

img041.jpg nerikyo.jpg 2011072413320000.jpg

お誘いがあるだけ誠に有り難いのだが、台北から帰国後も
何だかんだで毎日飲むことになり、帰省前からの軽い風邪を引きずった。
おまけに、かねてより不調のAVレシーバーの電源がついに逝き、
春から検討を重ねてきたDENONのネットワークレシーバーを購入。
一週間の休肝を決め、先日のhtc端末と併せ設定他ですっかり引きこもり中。
それにしても先週、ほとんど15年ぶりに近い中学の同級生との再会は
彼がいい歳の取り方をしているのを見て、ホントに嬉しかった。

旧聞に属する2つの演奏会についても書き残しておかねば。

#37 【読売日本交響楽団第506回定期演奏会《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラムⅥ》】
7月19日(火)19:00 サントリーH
指揮―下野竜也
●ヒンデミット…《さまよえるオランダ人》への序曲~下手くそな宮廷楽団が朝7時に湯治場で初見をした~(下野竜也編・弦楽合奏版、世界初演)
●ヒンデミット…管弦楽のための協奏曲(日本初演)
●ブルックナー…交響曲第4番《ロマンティック》(ハース版)
2FLD2-9

航空性中耳炎が治りきらないまま、サントリーホールへ。
湯治場の雰囲気を出すため指揮者の後方にはケロリンの風呂桶、
楽員の一部と下野が法被を着たり「読響温泉」の看板がオルガン横に。
曲の途中「やってらんねぇべ」とのたまうVc奏者もいたりして。
ま、悪くはない演出だが、演奏は至極真面目。
日本らしい湯治場ではあるけれど、これでは「宮廷楽団」の雰囲気が出ない。
ヒンデミット《協奏曲》はCDで聞いているはずだけど、今一つ印象に残らず。

で、「ロマンティック」。
下野竜也を今更朝比奈=大フィルとの絡みで語るのは彼に失礼だし
好きでもないけれど、朝比奈以降ヤパーニッシェブルックナーの系譜が
やっと継承された現場に立ち会った気がする。
自然な呼吸、いじくりすぎないアーティキュレーション。
どれも些か本場独墺とは違いアルプスよりも
霧島連峰を感じさせる(笑)ものだが、まさしく芸を感じた。
意外なほど管のハーモニーがきりりと美しい箇所もあって、
読響管楽器陣の能力の高さも感じられた。ブラヴォー。
コンサート後は新宿で一献。終電一本前。
いずれテレビ放送されるようなので、それも楽しみ。

#38【練馬交響楽団第53回定期演奏会~練響&松尾葉子(指揮)のマーラー】
7月24日(日)14:00 練馬文化センター
松尾葉子(指揮)
●ブラームス…大学祝典序曲
●マーラー…交響曲第6番《悲劇的》
1F-P12

縁あって練馬交響楽団のチケットをいただく。
前回このホールで合唱を聞いた時は全く感じなかったのだが、
びっくりするほど鳴らないホールに感じた。
大学祝典では、曲の終わりのシンバルが全く鳴り響かない不思議な音響。
直接音が客席に来ずに、1F上方に抜けていくような感じ。
やはり航空性中耳炎のせいかしらん。
「悲劇的」は松尾葉子らしく速めのテンポ、いじくり回さず駆け抜けたマーラー。
アンダンテ~スケルツォでハンマーは2度、という校訂版。
演奏の善し悪しの前に、響かないホールと節電仕様で蒸し暑い客席に
すっかり参ってしまった(^^;。
客席は年齢層が高く、老婦人が演奏中隣席に座ってきたのにはびっくり。
おまけに本当に暑くて、自分は演奏中後頭部の汗をぬぐう始末。
練馬文化センターで大規模管弦楽曲は、今後敬遠することにする。
  1. 2011/07/28(木) 22:53:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#39-#40 2週連続「交響的変容」。 | ホーム | 台北から、暑くて暗い成田へ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/725-6ce7e8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。