YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#47 12音も苦手…。

2011100721130000.jpg

時間ができたので、思い立ってサントリーホールへ。
東響定期は久しぶり。

【東京交響楽団第593回定期演奏会】
10月7日(金)19:00 サントリーH
指揮―ジョナサン・ノット 小菅優p 新国立劇場合唱団
●ドビュッシー…《夜想曲》より「シレーヌ」
●シェーンベルク…ピアノ協奏曲
●ラヴェル…バレエ音楽《ダフニスとクロエ》
1F23-13

「シレーヌ」はまずまず好調。
2011年に生きる聴衆としてはどうかとも思うが、
深紅のドレスで現れた小菅はおそらくいい演奏だったと思うけれど
初実演のシェーンベルクのピアノ協奏曲は全く歯が立たず。
プロコフィエフの絶対音楽も苦手だけれど、やっぱ12音も(^-^;。
スーツ姿の譜めくり男性がしょっちゅう立つのが気になるという体たらく。
休憩に入っていつも通り喫煙所に行くと
拙宅マンション上階の壮年男性にバッタリ会ってしまいビックリ。
現代がお好きなのだそう。

「ダフニスとクロエ」は音楽で踊っているシキサが
細かく振り過ぎて東響が振り回されているような気がした。
他団ならともかく、らしからぬ微細な疵がいくつか。
もっとドシっと構えても東響はキチンと音楽するはず。
会場は沸いておりました。
終演後、新宿でメシ&一献。相当ヒドいことになってしまいました^^;。
  1. 2011/10/09(日) 15:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<突然帰熊-秋 | ホーム | #46 お得な演奏会でした\(^o^)/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/738-64b953a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。